menu

3秒1本のシュートを50分続ければ1,000本になる

20140912-052855-2
3秒に1本シュートするとは…

 

【残り:46,300本/50,000本】

これは、僕がバスケの練習で行っているシュートの本数です。10,000本はクリアしたので、新たに50,000本を目標設定して、現在46,300本まで来た、という意味です。生活が変わってから2,3年のバスケブランクがあったので、このブランク調整のためにはじめました。

 

今朝は、午前4時30分~5時30分の50分間で、1,000本のシュート練習を行いました。

50分で1,000本のシュートを打つためには、10分で200本、1分で20本、つまり3秒に1本のシュートを打つ必要があります。

そして、3秒に1本という数字には意味があります。

バスケットボールには「オフェンス3秒ルール」というルールがあります。自分のチームがオフェンスの時に、相手コートの制限区域(ゴールの近くだと思ってください)に3秒以上いてはいけないよ、というルールです。例えば、背の高くて身体の大きい選手が、ゴール近くにずっと居座っていたら攻める側に有利ですよね(まぁ、居座るプレイヤーの能力によりただ邪魔なだけもありますが…)。

僕も相対的に「背の高くて身体の大きい」プレイヤー、つまりゴール近くでプレイすることが多くなるため「オフェンス3秒ルール」は常に意識しています。

先ほどの「3秒に1本シュートを打つ」という動作には「構える(ステップ)→シュートを打つ→ゴールに入って落ちてくるボールをキャッチする→構える」という一連の動作を含みます。つまり、実際のシュートにかけられる時間は1秒~2秒0コンマ数秒、ということになります。

これは「オフェンス3秒ルール」にかからないよう、シュートを打つためには欠かせない時間感覚です。僕がゴール近くでパスを受けてから、5秒6秒と”もそもそ”してるワケにはいかないのです。

これを継続的に繰り返していくことで、実戦の感覚を取り戻していきたいと思います。

 

20140912-044041-1 始めたときは夜明け前でした。

20140912-053235-3 終わる頃には日が昇りかけています。

東京臨海広域防災公園・そなエリア東京と防災教育(7/25)

ゴールネットにボールが引っかかる…

関連記事

  1. ゴールネットにボールが引っかかる…

    気圧や湿気の影響なのか…残り:45,500本/50,000本おはよ…

  2. 立正大学学園新聞134号「立正人-活躍する校友-…

    母校である立正大学の学園新聞134号10面-立正人 活躍…

  3. 2014年活動のまとめ【計134日間/6,261…

    2014年の活動をまとめました。下記個人サイトにも掲載しています。…

  4. 防災講座の講師は誇り高き道化師-クラウン-であれ…

    防災講座や研修では、様々な教材を使います。『避難所運営ゲーム(HUG)』など…

  5. 防災・災害支援と”無財の七施R…

    毎日が3.11であり、1.17であり、10.23である東日本大震災の「発…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP