menu

【中高大学生募集中!】BumB東京「災害時都市型サバイバル講座(10/17,24)」オンラインで開催

東京江東区にあるスポーツ・文化施設「BumB東京スポーツ文化館」が主催するオンライン講座『災害時都市型サバイバル講座』で、東京臨海広域防災講演管理センターの方と一緒に講師を担当させていただきます。詳細、お申込みは下記をご覧ください。

○ 災害時都市型サバイバル講座チラシ.pdf|BumB東京スポーツ文化館

===以下、Bumb東京サイトより引用===

災害時都市型サバイバル講座 オンライン講座

想像するのも怖いくらいの大都市災害。それでも私は、大切な”何か”を守りたい。
『首都直下地震発生!いま・これから私にできること』

<趣旨>
東京都における災害対策として、自宅、職場、学校その他の自分の行動エリアにおいて起こりえる災害に対して、身近な人と協力してそれが起きた際にはどんな行動をとれば命を守れるのか、自助の次の段階における共助の防災対策について考え学ぶ。地域住民、学校、ボランティア、自主防災組織などが行う身の回りの人の救命、救助活動を学ぶ。

<日程> 2日間で学ぶプログラムです。
第1回 10月17日(日) 10:00~12:00
第2回 10月24日(日) 10:00~12:00

<内容>
・首都直下地震から72時間を生き残る
・身近な人を救うためにまずやるべきこと
・助け合いに欠かせない災害情報とコミュニケーション
・地域の災害を知るハザードマップ
・社会福祉協議かと災害ボランティアセンター
・私の町の防災とボランティア
・災害状況を想像する力を身につけよう
・私の大切な”何か”を守るためにできること

<対象>
15歳以上30歳代で2回とも参加できる方 20名

<参加費>
無料

<お申込み>
こちらからお申し込みください。申込フォームに必要事項をご記入ください。
⇒ https://bit.ly/3jJXQn6

<締め切り>
9月30日(木)

<お問い合せ>
担当・坪田:BumB東京スポーツ文化館 社会教育セクション
〒136-0081 東京都江東区夢の島2-1-3
TEL 03-3521-7323(直通) FAX 03-3521-3506
E-mail: bumb (アットマーク) partners1.co.jp

<講師>
◆宮崎 賢哉
都立六本木高校「防災学」講師、災害支援・防災教育コーディネーター/社会福祉士
2005年立正大学社会福祉学部卒業。阪神・淡路大震災をきっかけに災害ボランティアに携わり、在学中に学生団 体を設立、災害支援や防災教育に取り組む。2005年より災害ボランティアコーディネーター、学生団体での経験を 活かし、公益法人職員として大学で災害ボランティア講座や学生支援を担当。2014年に社内起業で防災教育を普 及する社団法人を設立。児童・生徒、教職員、企業等での防災教育訓練、災害時要配慮者の防災対策、公園・緑地の 指定管理業務など、幅広い分野で活動する。1982年生まれ、2児の父。

◆澤 善裕
東京臨海広域防災公園管理センター 防災士
【施設紹介】
東京臨海広域防災公園は、首都圏で直下型地震等の大規模な災害発生にそなえて作られた公園です。普段は、体験学習施設「そなエリア東京」で災害の体験や学習を通して、防災について考えていただくと共に、広い公園では散歩やピクニックなどの場所としてご利用いただいています。災害時には、災害応急対策の調整を行う「緊急災害現地対策本部」や支援部隊のベースキャンプ、医療支援などが行われる防災拠点施設です。(そなエリア東京防災体験学習施設)

=====
引用元:http://www.ys-tokyobay.co.jp/social/index.html#saigai

こちらの記事もいかがですか?

  1. ブログタイトルと避難所体験
PAGE TOP