menu

立正大学学園新聞134号「立正人-活躍する校友-」でご紹介いただきました

母校立正大学の学園新聞でご紹介いただきました。

母校である立正大学の学園新聞134号10面-立正人 活躍する校友-で活動についてご紹介いただきました。本文については、同大学のホームページで紙面が公開されています。

「自分のやりたいこと」を見つけ、諦めずにやり抜くことや、防災にとって何よりも重要な「当たり前の日常」の大切さについてお話させていただきました。就職活動やボランティア活動など「やりたい」ことに挑戦する全ての人を応援するメッセージになれば幸いです。

なお、該当記事は広報部のもとで活動する「学生記者」の方々が僕にインタビューをして、その内容を編集して掲載されています。このような取り組みは最近になって始まったそうですが、ユニークですし学生にとっても勉強になる良い取り組みだと思います。

▶ 立正大学学園新聞134号(平成28年7月1日発行) (PDFファイル) [10p / 16p]


すべての写真-58

今から12年前、2004年に発行された第85号でも学生当時の活動を掲載していただいています。在学中から、伝えたい想いは今もずっと同じです。

20040401

(在学中の災害・防災ボランティアサークルの活動について)

200404012

(活動について表彰いただいた時の記事)

いろいろなことを教えてくれた被災された方々、そして活動を支えてくれた先生方や友人知人、家族の想いを決して無駄にしないために、今なお在学中と変わらぬ気持ちで、自分がやるべきだと信じた活動に取り組んでいます。

「被災された方のために、これから起きる災害から多くの人を守るために、自分を信じて、最後までやり抜く。」

それが本当に社会の役に立つか、誰かのためになるかは、後々の時代を生きる人々が結果から判断することです。今までも、そしてこれからも、自分の目で見える範囲、手の届く範囲で活動を続けていきます。

(追記)

防災を仕事にしたい、という学生さん向けの記事をnoteで作成しました。関心のある方はぜひご覧ください。

(謝辞)

学園新聞への掲載にご尽力いただきました先生方、職員の皆様、学生記者の皆さまに厚く御礼申し上げます。また、誰よりも僕の活動を応援してくださった職員のWさんがいる天高きところまで、本記事と感謝の想いが届くことを心から願っています。

学生による防災学習を支えるメンターの役割~法政大学避難所体験を例に~

プリントだけで防災教育シリーズ『災害時のトイレアクションを学ぼう(作成:日本トイレ研究所)』

関連記事

  1. 【教材】傾聴・他者理解を学ぶ災害支援講座|上智大…

    上智大学(四ツ谷)ボランティアビューロー主催の講座「災害と他者理解」を担当…

  2. ゴールネットにボールが引っかかる…

    気圧や湿気の影響なのか…残り:45,500本/50,000本おはよ…

  3. 明治大学第20回ホームカミングデーで防災キッズワ…

    2017年10月22日(日)、明治大学駿河台キャンパスで行われた第20回ホ…

  4. 未来の命を守ろう!ワカモノ防災がっこう 12月1…

    2017年12月17日(日)、東京都江東区にある防災体験学習施設「そなエリア…

  5. 【終了】東京大学地震研究所で「災害救援ボランティ…

    ※このイベントは終了しました災害救援ボランティア推進委員会主催・東京…

  6. 成蹊大学で「災害ボランティア入門講座」行います【…

    成蹊大学ボランティア支援センター主催 災害ボランティア入門講座 …

  7. 2015年度災害救援ボランティア講座[都内大学]…

    2015年度(平成27年度)、都内大学で開講する災害救援ボランティア講…

  8. J大学で夏期職員研修を行いました

    本日は千葉県内のJ大学で夏季職員研修でした。 (写真…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP