menu

プリントだけで防災教育シリーズ『うさぎ一家の防災グッズえらび』

家族みんなに必要な防災グッズについて考える教材です

はじめに

『うさぎ一家のぼうさいグッズえらび』は家庭で備える防災グッズをテーマにしながら、家族やお友達と話し合いながら防災の考え方を学ぶことができる教材です。どなたでも自由にダウンロードしてご利用いただけますので、地域・学校等での防災学習にお役立てください。専門的な知識や指導経験は不要です。

ワークシートを配付するだけで、児童・生徒、地域住民の自発的な防災学習をサポートします。学習成果の確認は、下記資料セットに含まれる「学習振り返りシート」をご利用ください。

なお、本記事の内容は「先生のための教育事典EDUPEDIAに掲載中です(旧バージョン)。

教材・資料セットのダウンロード

各種教材は下記をクリックしてダウンロードしてください。リンクをクリックするとファイルがダウンロードされます。うまくできない場合は お問い合わせフォーム  からご連絡ください。

<セット内容>
・ワークシート
・ワークシートで使用したイラスト集
・学習振り返りシート(共通)
・振り返り結果、自由記述回答

指導案

下記の記事から指導案集をダウンロードしてください。No.2が本教材に対応した指導案です。

学習目標と授業内容

本教材では 『自分や家族の環境に応じた防災グッズの必要性を知り、適切な備えに結びつけることができる』ことを学習目標としています。 授業内容はシンプルで、ワークシートを配布し各自で考えた後、班での話し合いを行うという流れです。実際に非常持出袋にグッズを入れてみる、展示するなどの工夫をするとより効果的です。

導入:自分や家族に必要なものを備える大切さに気付いてもらう

まずは学習者(児童生徒、地域住民等)にワークシートを配付してください。 ワークシートには「うさぎ一家」の状況が書かれています。うさぎ一家は「おとうさん、おかあさん、おじいちゃん、おばあちゃん、ぼく、わたし、赤ちゃん」で暮らしています。ワークシートは「ぼく/わたし」の視点で描かれていますが、学習者の立場で考えてもらって構いません(実際におじいちゃんならおじいちゃん、おかあさんならおかあさんの立場で)。

うさぎ一家の防災グッズえらび

うさぎ一家のなかでも、みんな意見が違いますね。つまり同じ家族でも備えたほうがよい、備えたい防災グッズは違ってくるということです。「お父さんうさぎ」に任せるだけではなく、ひとりひとりがそれぞれの立場に沿った防災対策、持ち出し袋を考えることが重要になります。

特に、高齢者や乳幼児には特別な配慮が必要で、一般的に言われている「非常持ち出し袋」の中身では対応できない場合があります。事前にひとりひとりが(自分で考えられない乳幼児の場合は、親が)自分に必要なものを考えることが大切です。

展開:ワークシートで防災グッズを考えてみる

「導入」で伝えたことをふまえて、実際にワークシートを使って作業をしてもらいます。

うさぎ一家の防災グッズえらび

ワークシートでは前述のとおり「ぼく/わたし」の視点で考えることになっていますが、そのまま「うさぎ一家のぼく/わたし」の視点で考えてもよいですし、それぞれが実際の自分の立場に照らし合わせて考えていただいても結構です。イラストから必要だと思うものを10個選ぶだけですが、ひとりひとりが自分の知識や経験から考えますので、様々な回答がでてきます。

指導員が実際の防災グッズを展示したり、リュックに物を詰めながら行うとイメージしやすいです。

筆者はうさぎ一家やイラストを段ボールに貼り付けてパネルにして、視覚的に考えられるようにしています。

171022_明大HCDキッズワークショップ
(子どもたちと一緒に、防災イベントで)

応用展開:宿題形式で保護者の意見を聞く

都内小学校での実践では、防災グッズについての説明(●●は▼▼のときに便利、など)を行ったのち、10個の防災グッズが記載できる表を宿題で持ち帰り、保護者の意見を踏まえて我が家に必要な防災グッズを書いてくるという授業も行いました。児童生徒と保護者との関係もありますので注意は必要ですが、防災教育で学校と家庭をつなぐきっかけになります。

POINT:なぜ10個なの???

防災グッズとして用意したほうがよいものはたくさんありますが、全てを非常持ち出し袋に詰め込むことはできません。また、ひとりで大きな袋に詰め込む必要もありません。「ぼく/わたし」の非常持ち出し袋には10個だけですが、お父さんやお母さん、おじいちゃん、おばあちゃんとみんなで手分けして持つことができれば、多くの防災グッズを効率よく備え、また持ち出すことができます。

なお、10個というのはあくまで授業時の考え方です。実際の備蓄では数に関係なく無理なく持ち出せる数量、品目にするよう伝えてください。

POINT:イラストに足りない「あるもの」

このイラストの中には非常持ち出し袋に必ず入っている「あるもの」がありません。皆さんはそれに気付くでしょうか。そして、参加者はそれに気付くことができるでしょうか。一般的な非常持出袋、防災グッズのリストと照らしあわせてみてください。ちょっとした工夫ですが、教材や授業に工夫を加えることで学習意欲や学習効果を高めます。答えが分からない方はお気軽にお問い合わせください。

足りないものは「空欄(スペシャル)」に書くことができます。児童生徒には絵を描いてもらうと盛り上がりますが、文字で書いても構いません。

まとめ:災害は「みんなで」備えることだと伝えよう

自分で10個選ぶことができたら、お互いにワークシートを見せ合い、班やグループの中で話し合ってともらいます。自分はどんな理由でそのグッズを選んだか、家族の誰のために、何が必要だと思ったかなどを積極的に意見交換することで、防災を自分のこととして考えることができます。 指導者から模範回答を示す場合は、下記の資料を参考にしてください。

プリントだけで防災教育シリーズについて

プリントだけで防災教育シリーズは、様々な防災教育実践やサポートをさせていただく過程で得た教訓をもとに「誰でも手軽に扱えて、お金がかからず自由に編集可能で(MicrosoftWordで公開)、指導に専門的な知識も不要(指導用プリントがセット)で、アクティブ・ラーニング(児童生徒の積極的なアウトプットを促す能動的な学習)につながる(ワークシート形式でディスカッションを含む)教材」をコンセプトに開発した教材シリーズです。

公開する教材は必ず実践経験を踏まえており、プリントに従って作業すれば一定の学習成果があることを確認していますが、全ての学校・地域・生徒において学習成果を保証するものではありません。

使用に際して許可や申請は一切不要です。編集も自由です。「興味はあるけど展開や指導のポイントが分からない」などがあればお気軽にご連絡ください。

プリントだけで防災教育シリーズ『災害時のトイレアクションを学ぼう(作成:日本トイレ研究所)』

学校・家庭・地域で「防災」について考えてみませんか。

関連記事

  1. 参加者が話し合う様子

    【資料公開】要援護者支援の基本を体験するための防…

    横浜市民防災センター主催「平成30年度防センアカデミー テーマD要援護者支…

  2. 新潟県『防災教育コーディネーター養成塾(H29年…

    新潟県での養成塾と、東京でのアレンジ版2017年2月12日(日)、26日…

  3. そなエリア東京で防災教育体験ワークショップを実施…

    国営・都立東京臨海広域防災公園を会場に防災教育体験セミナーを実施しました。こ…

  4. 子どもや保護者が無料で楽しめる防災ゲーム「森の消…

    防災ゲームイベント等で出展していただくなどお世話になっている「防災ゲーム工…

  5. 埼玉県内コミュニティスクール指定校で教員と住民の…

    埼玉県から「コミュニティスクール」として指定されている、本庄市内の中学校職員…

  6. 気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨、そ…

    気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨、その時どうする?」は、気象庁…

  7. “気象”テーマの防災教育…

    2017年10月13日(金)、所属団体の一般社団法人防災教育普及協会 が防…

  8. 「総合的な学習の時間」単元づくりで防災教材・事例…

    千葉県八千代市内の小学校で、教育センター主催による「総合的な学習の時間」単元…

こちらの記事もいかがですか?

  1. 参加者が話し合う様子
PAGE TOP