menu

学校・家庭・地域で「防災」について考えてみませんか。

学校、家庭、地域で防災に取り組む方へのヒント集です。

※本記事は2014-09-08に作成・公開し、2020年4月8日にリンクエラーなどを修正しました。

そもそも「防災(ぼうさい)」ってなんだろう?

「防災」には大きく3つの考え方があります。まず「できるだけ自然災害による被害を出さないようにする」という「災害予防」の考え方です。身近な例で言えば、耐震補強や様々な防災教育・訓練などです。

次に「自然災害が起きてしまった、もしくは起きそうな場合に、その被害をなるべく小さくする」という「応急対策」の考え方です。応急手当や初期消火、大雨の時などの各種警報や避難誘導、避難所運営などがその一例です。

そして「災害による被害から立ち直る」という「災害復旧」の考え方です。被害を受けてしまった家や建物を直したり、被災された方々が新しい生活へと踏み出したりしていくための様々な手続きや支援などです。これらの考え方は「災害対策基本法」という、日本の防災対策全般に関わる法律で示されている、基本的な”概念”です。

防災とは「守りたいもののためにとる、あらゆる行動」のこと

上記したのはあくまで法律・制度上の概念です。「正しい」のですが「分かりにくい」と言えます。僕はもっとシンプルに考えていて『防災とは、自分が”自然災害等から守りたいもの”のためにとる、あらゆる行動のこと』だと考えています。

防災とは「概念」や「考え方」ではなく「具体的な行動」であると考えています。その行動がすごいとか評価されているとか、そんなことは関係ありません。防災グッズを用意することも、家族で話をすることも、防災訓練に参加することも「行動」すればそれは全て”防災”です。

「”防災”なんて無理だ、”減災”が正しい」というご意見もありますが、僕はこう考えます。例えば本記事をご覧いただいている方にとって重要なのはたったひとつ、自然災害から「守りたい何かをを守れるかどうか」です。守れれば残念ながら地域で被害が出ても、その人にとっての「防災」はできたと言えるでしょうし、守れなかったら、例え世界中、日本中が無事だとしても「防災」ができたとは、とても思えないでしょう。

防災に役立つ練習問題「あなたが守りたい5つのもの」

僕なりに定義する「防災」において重要なのは、その人自身が自然災害で失いたくないもの、守りたいものに気付いているかどうか、ということです。よく講演会や研修などで行う練習問題(エクササイズ)があります。自分が自然災害から絶対に守りたいもの、これだけは失いたくないという5つのものを考えてみてください。

mamoru

考えられましたか。その5つのうち「自分の命」を除く全てを災害で失ったら、どんな気持ちになりますか。そんなことにならないように、あなたは今、何をすべきだと思いますか。その答えがすべて「防災」だと、僕は考えています。

なんで「防災」が必要なんだろう?

私たちが住む日本は、地震だけでなく、風水害や噴火など様々な自然災害を経験してきました。世界的に見ても、これほど頻繁に大きな災害に見舞われる国は珍しいと言ってもいいくらいです。ですが、それだけ厳しい自然環境にある、ということは自然との距離が近く、恵みも多いということです。私たちの国には、色彩豊かな四季があり、豊富な水、そして海や山の幸があります。

『自助・共助・公助』は自然と共に暮らす日本の知恵

『自助・共助・公助』という言葉を聞いたことがあるかもしれません。まず自分の身は自分で守り、次に地域や隣近所の人と助け合い、そして消防等による救助や行政による支援がある、という考え方です。

社会が便利になるにつれて自然を「楽しいレジャーの対象」としてだけ考えがちです。ですが、私たちはただ自然から何かを受け取るだけではなく、自然と共に生きていること、そして自然には様々な表情があります。

どんな備えをしておけばいいんだろう?

他の記事でもご紹介していますが、僕は『3つの生』という考え方と、それぞれの備えをご紹介しています。

生命、生活、人生を守るための備え

「絶対に欠かせない」備えは何ですか、と聞かれたら

よく質問されますが、絶対に欠かせない備えは何かと聞かれたら「例え災害が起きても、それがないと困ること」だと答えます。そして、それは人によって様々ですから一概には言えないのですが、あえていえばトイレ、食事・水分、休憩・睡眠(プライバシー)の確保です。これらはあらゆる生活環境、年齢性別の方に必要だからです。

災害後にまず家庭や避難所の対策で必要な「トイレ、飲食、睡眠」

防災について考える機会とヒント

家庭・学校・地域で防災を考えるヒントについてご紹介したいと思います。自分(たち)に合った”防災”を探してみましょう!防災について考える場面はそれぞれのテーマに関連する質問を中心にご紹介します。

『学校』で防災について考える

学校での防災は、児童生徒への防災教育と学校・教職員としての備えである「防災管理」に分けることができます。防災教育は重要ですが、まずは学校としての備えがきちんとできていることが重要です。

Q. 学校防災で大事なポイントはなんですか?

A. 学校で特に必要なポイントから、重点的に考えておきましょう。学校で考えるべき防災(教育・管理)のポイントは次の4つです。

  1. トイレ、水・食料、避難所関連用品(衛生用品等)を確保する。
  2. 児童生徒の親との連絡方法、連絡できないときの対策を決め周知する。
  3. 健康管理や心のケアは養護教諭だけでなく、セルフケアも含め全員で取り組む。
  4. 教職員の労働(活動)環境を整え、無理をしない・させないこと。

それぞれについての詳細は、下記の記事なども参考にしてください。まずは学校の防災マニュアル等で、上記を踏まえた対策を講じてください。

Q. 防災教育の時間がとれず、適切な指導内容も分からないのですが…

A.さまざまな教材を活用して、短時間でできるもの、宿題でできるものから始めてみましょう!先生のための教育事典「EDUPEDIA」というサイトで、『防災教育実践50選』という記事が紹介されています。短時間でできる教材、宿題でも使える教材やプログラムが紹介されています。ぜひ参考にしてみてください。防災教育50選の内容を整理した「まとめ記事」を作成していますので、ご覧いただければ幸いです。

▼「防災教育実践50選」をもっと活用する4つのポイント

『家庭』で防災について考える

家庭での防災は「家族ひとりひとりが備える」ことがポイントです。特に非常持ち出し袋、防災備蓄の中身などは、家族ひとりひとりで必要なものが異なるはずです。「なんとなく」リュックに詰めて置いている方も多いと思いますが、年に1~2回は非常持出袋や防災グッズの中身を整理しながら、家族と話し合う時間を持ってみましょう。

重要なキーワードである「在宅避難」については別記事を作成しましたので、こちらを併せてご覧ください。

Q. まず何から取り組めがいいのか分からないのですが…

A.家族(子どもがいれば、子どもも含めて)みんなで「いっしょに考える時間」を持つことからはじめましょう。防災(教育)で難しいのは「誰もが詳しい訳ではない」ということです。特に、家庭で家族、子どもたちと一緒に考えようと思っても、何から、どうはじめたらいいか分からない、ということも多いと思います。そこで、ムリに「自分が教えるのだ」という気持ちにならず「いっしょに考える」ことからはじめてみましょう。例えば地震についてなら次の6つがポイントです。

  1. 自宅の耐震化は大丈夫ですか。また地震安全行動「まず低く・頭を守り・動かない」を練習していますか。
  2. 地域のハザードマップや、各種の警報や避難情報について、正しく理解していますか。
  3. 地震でたおれそうな家具家財はありますか。あるとしたら、対策をしていますか。
  4. 家族が離ればなれになったときに、どうやって連絡をとるか、再会するかを決めていますか。
  5. 水(トイレ)、電気、ガスが一週間使えなくても家族が生活できるよう、備えていますか。
  6. 妊産婦・乳幼児、高齢、障がい、LGBTなど自分や家族の特徴に合わせた備えをしていますか。

今後、このブログでも家族で防災を考えられる教材、プリントなどを紹介していきたいと思いますが、それぞれインターネットや書籍を調べてみても良いでしょう。子どもの夏休みの自由研究としても有効です。なお、防災グッズについては下記のチェックリストが分かりやすいのでオススメです。多言語化されていますので、外国人の方々にもオススメです。

▼ 減災グッズチェックリスト|人と防災未来センター

Q. 乳幼児や妊産婦がいる家庭ではどうしたらいいですか?

僕自身がそうした立場にいます(2016年執筆時点)ので、この点については真剣に考える課題でもあります。基本的な対策はもちろんですが、特に備蓄品などは慎重に考えておいたほうが良いでしょう。妊産婦や乳幼児は、ライフラインの途絶がそのまま生命の危険につながる可能性があります。家庭だけでなく、保育園や幼稚園との連携も大切です。

160815-boshitaiou3

何よりも大切なのは「パートナーとしっかり話し合うこと」です。どちらか一方だけが文字通り一生懸命に取り組んでも、相手が理解してくれていないと、家族として適切な対応・備えは難しくなってしまいます。

『地域』で防災について考える

地域での防災は「それぞれの地域特性や住民特性を踏まえた対策を考える」ことがポイントです。地域には防災上重要な津波やがけ崩れが想定される地域、高層集合住宅が集まる地域、高齢化が進む地域、学校が多い地域・少ない地域など様々な特徴があります。まずは地域の特性や住民の特性を考えてみることからはじめましょう。

Q. 地域の防災訓練がマンネリ化しています…

A. 訓練の際などに「本当に不安なこと、心配なことは何か」を確認してみましょう。地域で防災を考えるときに難しいのは「あれもこれも」となってしまうことです。防災会などで活動されている熱心な方からすると「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」となりますが、他の住民の方からすると「地域のことより家(自分)のこと」という状況かもしれません。

なので「自分たちの地域で生活する人たちが、何を心配しているか」を把握すること、その不安や心配の解決につながる訓練が重要です。個々の家庭の防災対策なのか、避難生活なのか、火災・津波対策なのか・・・。ただ「去年もやっていたから」という理由で防災訓練をするだけでは、同じ事の繰り返しになってしまい、学ぶことはほとんどなくなってくるでしょう。そのままでは、恐らく災害が起きたあとの不安も払拭できません。誰かがリードして「本当に心配なこと、不安なこと」を解決できるような取り組みをはじめてください。

下記で示すような防災ゲームや教材・訓練プログラムを活用し、楽しみながら考えられたり、小さな子どものいる若い世帯を巻き込んでいくのも良いでしょう。

もっと詳しく知りたい!という時は…

学校・家庭・地域で防災について考える場合、自分たちだけではなかなか難しい場合もあります。防災や災害対応についてもっと詳しく知りたい!という時のヒントをご紹介します。

資料や本、インターネットで調べてみる

インターネットなどで学校・家庭・地域の防災に関する資料や本を調べてみましょう。まずは「自分の力で調べてみる」ことが重要です。ひとりで黙々と取り組んでも良いのですが、同じように考えている家族や知人、同僚と一緒にやってみると効果的です。誰かに教えてもらうことも大切ですが、自分で調べたり考えたりする過程で、より防災についての理解が深まります。

こちらのサイトは防災に関する研究資料・論文から分かりやすいサイトまで、体系的に検索することができるのでオススメです。僕の作成した教材なども一部紹介されています。

▼ 防災リテラシーHUB

防災イベントや研修・セミナーに参加する、学習会を開く

何らかの防災イベントや研修会に参加してみるとよいでしょう。インターネット等で調べていると、防災に関するイベントや研修会を見つけることができます。参加してみて「いい経験になった」と思ったら、関係者や講師に相談して、自分たちの学校や地域で学習会を開くとよいでしょう。市区町村の防災課や危機管理担当部署、消防署の方にご相談いただくのが最初の一歩です。公的機関であれば、謝礼等を気にせずにお願いすることができますし、何よりもその地域の防災を担っているということで、一番身近に考えていただけます。

主体的・能動的に課題解決に取り組む

これは可能な限り自分たちで課題解決に取り組むということです。防災課・消防署・防災関係団体等から学んだことを、それまでの研修やイベントに参加したメンバーが、他の住民に伝えていくことも必要です。もし「そこまでは難しいな」ということであれば、まずは調べてみるところからやってみましょう。

もし災害が起きてしまった、もしくは起きそうな時は…

僕自身の人生訓としても考えている3つの原則があります。『プロアクティブの原則』と言われており、危機管理・消防の分野でその大切さが伝えられています。僕も含めて、普通の市民にとっても役立つことが含まれています。

疑わしいときは行動せよ。

判断に迷った時も、まずは行動するということです。迷っていても事態は変わりませんし、むしろ悪化する可能性が高いでしょう。例えば、大雨で避難勧告が出たとき、避難するかしないかなど「行動するか、しないか」で迷ったら、すぐに行動する、つまり避難をすべきです。

最悪事態を想定して行動せよ。

行動するにあたっては「最悪の事態」を想定します。「いま、起きてはいけない最悪の事態、状況はなんだろうか」ということを常に考えます。大雨で言えば、濁流に流される、あるいは土砂災害に巻き込まれて命を落とすという状況が最悪の事態です。その事態を避けるために、とるべき行動は川や山から離れた避難所への早期避難(水平避難)か、それが難しい場合はできれば3階以上の頑丈な建物への避難(垂直避難)になります。

大切なのは「避難しない」という行動が最悪の事態につながると考えた時点で、とにかく避難をすることです。どう避難するかは、その次に考えます。

空振りは許されるが、見逃しは許されない

最悪を想定して行動した結果、空振りとなってしまい、そのことで何か不利益があったり、人から責められたりすることがあるかもしれません。ただ、重要なのは「災害による直接的な(とても大きな)被害は避けられる」ということです。最終的には「見逃しをしないための、空振りであった」ということで周囲も自分も納得できるかもしれません。

ですが、災害による直接的な(とても大きな)被害を防ぐ機会があったにも関わらず、 空振りを恐れて行動できなかったら?その損害も他者からの責めも、空振りの時とは比較にならないほど大きくなります。何よりも、誤った判断により被害を受けた方はその相手を、誤った判断をしてしまった方は自分自身を許せないかもしれません。

災害による被害は誰にとっても「想定外」です。つまり誰に聞いても「絶対に正しい答え」はないと考えるべきです。だからこそ「最悪の事態を想定」し、行動することが必要なのです。そして「最悪の事態を回避するために必要な行動」につながる”選択肢”は、防災教育や防災訓練による知識や技能の習得によって増えていきます。

忘災から防災へ…

災害のこと、備えのことを忘れてしまうのは仕方がないことです。ただ、もし自分や家族、身近な人に何かあったら「仕方がない」の一言で片付けることはでいません。「忘災から防災へ」。本記事が、皆さんと大切な何かを守るための一助となれば幸いです。

プリントだけで防災教育シリーズ『うさぎ一家の防災グッズえらび』

公務員志望学生向け防災講座[ワークシート/確認テスト付き]

関連記事

  1. 災害時・防災対策に役立つ情報サイト・資料の一覧

    本記事は主に各種研修等でご紹介、解説する資料やサイトの一覧として公開してい…

  2. 中学校で災害食とトイレの体験学習、被災「それから…

    災害は「その時」、被災は「それから」という防災教育の視点…

  3. 市民スタッフが災害ボランティアセンター運営訓練、…

    概要  東久留米市社会福祉協議会(以下「社協」)主催「…

  4. K市中学校保健委員会「災害時の保健衛生」でトイレ…

    1 概要 本日はK市中学校の保健委員会で防災講話・演習…

  5. 地元杉並区内中学校のPTA役員研修会で避難所運営…

    杉並区の"避難所"と"震災救援所"について本日は地元杉並区の中学校で、P…

  6. EDUPEDIAへの記事掲載報告と”…

    EDUPEDIA記事掲載の経緯について2016年5月8日に実施された熊本・…

  7. 気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨、そ…

    気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨、その時どうする?」は、気象庁…

  8. 埼玉県内労働組合で災害時の組織活動について講義演…

    埼玉県内の労働組合の執行委員の皆さまを対象に『激甚災害発生時の組織活動と災害…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP