menu

プリントだけで防災教育シリーズ『災害状況を想像する力を身につけよう』

災害状況を想像することで防災力を高める教材です。

いのちを守る”災害状況を想像する力”

適切な災害対策・防災活動のためには「災害によってどのようなことが起きるか」を想像する力が大切です。地震の揺れによって家具が倒れるかもしれないと想像することで、倒れないようにしようという対策につなげることができます。さらにもう少し具体的に想像すると、家具は倒れなかったけど、もし夜中だったら停電して真っ暗になって、割れた食器やガラスで足をケガするかもしれない。だから懐中電灯を用意しよう、スリッパやスニーカーを自分の部屋にも置いておこう、という対策につなげることができます。

20141205-151320-5
(本教材を使った授業の様子)

教材提供した教員の方による実践事例

実際に本教材を用いて、先生方が指導された事例記事を紹介しています。併せてご覧ください。

目黒巻とは

東京大学生産技術研究所の目黒先生が考えた「目黒メソッド」という災害状況想定から対策を考える手法を教材化し、その教材の形が巻物のように見えることから「目黒巻」と呼ばれています。災害後の状況を想像することで、災害前にどんなことが必要かを考えることが目的です。「目黒巻」は下記のサイトよりダウンロードできます。

教材・指導案・説明資料のダウンロード

この教材は、東京大学生産技術研究所目黒研究室、及び東京都のご協力により、同研究室が作成した教材「目黒巻」を中学校〜高校における防災学習用で「災害状況を想像する力を身につける」ことを目的にアレンジしたものです。

学校や家庭・地域ですぐに使えるよう、ワークシート、生徒用説明資料、指導者用の指導要領、振り返りシートを作成しています。


各ファイルがうまくダウンロードできない場合はお手数ですが こちら からお問い合わせください。

教材の紹介動画(スマホ閲覧推奨)

授業の流れ

準備からまとめまでの流れをご紹介します。あくまで一例ですので、授業を実施する環境に合わせてアレンジしてください。また、ワークシートと説明資料で教材が完結しますので、長期休暇中の課題として出したり、体験学習の流れに組み込むなどの使い方もあります。

授業の準備

基本的には班学習となります。個人学習でも可能ですが、班で意見交換しながら進めたほうが効果的です。予めワークシートと生徒用配布資料を人数分、印刷して配布してください。学年単位で一斉に授業を行う場合などは、事前の職員研修や学年会議で「指導要領」を配布し、共通認識を持って授業できるようにしておくと効果的です。

授業の開始、ワークシートについての説明(例文)

ワークシートの書き方について説明します。

これからプリントを使って「自分が災害(地震や台風など水害でも可能)にあった」ことを想像しながら、物語を書いてみます。プリントに「数分後」「数時間後」「数日後」と書かれていますね。その時間、自分がどんなことをしているか、まわりがどんな状況になっているかを書き込んでいきます。災害が起きた後のお話なら、どんな状況を想像してもだいじょうぶです。良いこと、悪いこと、びっくりすること・・・自由に想像して書いてみましょう!

説明時のポイント

あまり難しく考えず、思いついたこと、想像したことを書くよう指導します。正しい状況や正解を想像しようとすると、なかなか書けなくなってしまいます。良いことだけでなく、不安なことや心配なことも書き出してもらいましょう。

「今すぐには解決できなくても、これから備えていけば大丈夫!」というメッセージを伝えていただけると、書きやすくなると思います。

但し、これまでに様々な防災教育を実践している場合は別です。その場合は過去の防災教育や訓練の学習成果を評価するという視点を持ち、学んだことが書ける(気付いてもらう、思い出してもらう)ように促します。

プリントへの記入

まず、氏名と設定を記入してもらいます。最初の記入(15〜20分)は個人で行い、班の中でお互いに話し合わないようにします(後ほど話し合いの時間を設けるため)。あまり記入がはかどらない場合は、近くの生徒同士で話し合うことを許可したり、指導員がヒントを出したりします。

状況設定の例

プリントの左上にある「状況」の設定例です。季節や曜日・時間を変えると、想定も大きく変わる可能性があることも伝えてください。

震度:  7    ※東日本大震災、阪神・淡路大震災の最大震度
季節:  冬    ※とても寒い日です。
天候:  晴    ※雨の心配はなさそうです。
曜日: 水曜日
時刻: 12:30 ※お昼休みの頃です。
あなた:自分の名前と、家族のなかでの立場(姉・妹・兄・弟など)
家族:いつもの水曜日のお昼、家族がどこで何をしているか書きましょう。
例)父は**で仕事、母は自宅、姉は大学にいる・・・など

設定は自由に変更することができます。特に考えて欲しい災害やシチュエーションを工夫して設定してください。児童・生徒自身に設定してもらう場合は「一番、災害がおきてほしくないタイミングはいつだろう?」といった問いかけをきっかけに設定させることも効果的です。また、複数の条件下で繰り返し行わせることも効果的です。

授業のコツ・工夫

本授業実施のコツは「できるだけ具体的な状況を想像してもらう」ことです(但し、被災経験のある地域・学校、あるいはそれに準じるような参加者がいる場合などでは、適切ではない場合もありますのでご注意ください)。

下記が授業中の発問例の一部ですが「トイレに行く、食事や水分をとる、休憩や睡眠をとる」は具体的にイメージしてもらうことをおすすめします。

安全を確保したのち、安否確認と並行して確保しなければならない環境であるためです。僕はこれらを平時・災害時を問わず求められる【安全衛生の原則】と呼んでいます。授業によってある程度、具体的なイメージ・想像をしてもらってから、関連する防災体験学習などへとつなげると効果的です。

  • 地震(風水害や事故等でも)が起こったら、君たちはいつ、どこに行くだろうか。
  • 自分や、まわりの人の安全は確保できるだろうか。
  • トイレにはいつ行く?食事や水分はいつとれる?休んだり、寝たりする場所は?
  • 家族とはいつごろ連絡が取れるだろうか。
  • 電車やバス、電気、ガス、水道などはどうなっているだろうか。
  • 近くにいるひとたちと、助け合っていくことはできるだろうか。

(プリントの記入例:高校生による記入例)

話し合いの時間

各班の中でお互いにプリントを見せ合って、話し合いをします。「書けていない」人を責めたり、明らかにおかしなことを書いている生徒を批判したりしないよう、気をつけてください。もし、問題や課題があったら「どうやったらそれが解決できるのだろうか」、「事前に備えるにはどうしたらいいか」といった議論になるよう、指導していきます。

話し合いの時点で解決できない、対策が分からない課題も出てきます。そのような場合は「調べ学習」へつなげたり、後日に教員や指導員が参考資料を提示するなどしてフォローします。

20141205-145605-3

授業のまとめ

  • 災害時の状況を具体的に想像する力を身に付け、備えることが、重要であること。
  • 設定条件を変えて、繰り返し行うことが災害を想像する力を高めてくれること。
  • 発災後について考えたら、発災前にできることも併せて考えて、普段の防災に活かしていくこと。

その他、先生方が体験学習等を通じて感じたことなどもお伝えください。なお、記入したプリントは一度回収して、目を通していただくと生徒の災害に対する考え方などを読み取ることができ、とても参考になります。できれば、生徒には返却してあげてください。

最初は「ウチの生徒は防災について勉強もしてないし、こんなに書けるだろうか」と思われる先生が多いのですが、実際に書いてもらうと、「思っていたよりもたくさん書いていたので驚いた」という感想をいただきます。

もちろん、個人差がありますのであまり筆が進まない生徒もいますが、重要なことは「想像力をはたらかせてみる」ということにあります。書けない生徒も、話し合いを通じて「こういう考え方をすればいいんだ」と気付くことがあります。

できれば、他の防災教育の導入時に一度実施していただき、防災教育のまとめの時期にもう一度実践していただくと、教育効果を実感できるかもしれません。ぜひ、学校等での防災教育にご活用ください。

プリントだけで防災教育シリーズについて

『プリントだけで防災教育シリーズ』は、様々な防災教育実践やサポートをさせていただく過程で得た教訓をもとに開発した教材シリーズです。公開する教材は必ず実践経験を踏まえており、プリントに従って作業すれば一定の学習成果があることを確認していますが、全ての学校・地域・生徒において学習成果を保証するものではありません。

【報告】EDUPEDIAとみんなで考える防災教育2015〜防災教育とアクティブ・ラーニング〜

福祉関係者の防災・災害対応~ADLと環境に応じた備えを学ぶ教材開発~

関連記事

  1. 特別支援学校で体験型防災教育、被災後の「食・トイ…

    被災後の生活を考え「健康維持」の大切さを伝える都内の特別支援学校で『災害…

  2. 東京・有明で防災ゲーム体験会【イベント案内・報告…

    イベントレポート本イベントは2016年6月26日(日)に実施されました。…

  3. 気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨、そ…

    気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨、その時どうする?」は、気象庁…

  4. 防災ゲームを使って共同作業所等の実践交流会で伝え…

    「note」に以下の記事を追加しました。福祉施設向けの防災ゲーム「KIZU…

  5. 中高生ボランティアフェスティバル2018報告~主…

    東京ボランティア・市民活動センター主催『中高生ボランティアフェスティバル20…

  6. 早稲田大学教師教育研究所「第3回教師教育研究フォ…

    ▼以下はイベントチラシからの転載です -----…

  7. 第3回国連防災世界会議と防災教育の普及

    【サマリー】 いよいよ開会まで一ヶ月を切った『第3回…

  8. 「総合的な学習の時間」単元づくりで防災教材・事例…

    千葉県八千代市内の小学校で、教育センター主催による「総合的な学習の時間」単元…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP