オンラインで楽しく学ぶクイズ&クロスワード公開!

【教材】災害情報とコミュニケーション演習-DICE(ダイス)-

2014年公開の記事を編集して再公開しました。教材セットもダウンロードできます。

本教材について

災害時にまず私たちが触れるのはさまざまな「情報」です。その情報をどのように収集・伝達し、自分以外の誰かとコミュニケーションをとるか、ということは災害対応そのものと言っても過言ではありません。本講では、筆者が被災地支援活動での経験を基に作成したカードゲーム型式で災害情報とコミュニケーションについて学ぶことができる『Disaster Information & Communication Exercise : DICE/ダイス)』についてご紹介します。

「DICE」とその特徴について

DICE(ダイス)は「無線機の操作方法を楽しく、分かりやすく、実戦的に習得する」ことを目的に考えられたゲームをベースに生まれた演習です。ゲーム性を維持しながら、消防分野における災害情報の扱い方による指導プログラム、災害救援ボランティア活動の経験から、災害情報を扱う担当者に求められるコンピテンシー(評価可能な行動特性、指導用スライドP.5)などを取り入れています。

DICEでは、このコンピテンシーを意識することで解決につながるような課題が生まれるよう構成されています。参加者は自身が災害情報を扱う際に求められる能力を、DICEを通じて段階的に習得することができるようになっています。

また、無線機、携帯電話、付せん、口頭といった情報伝達手段と、情報を記載するメモ用紙さえあれば、どのような環境でも実施が可能な汎用性の高さから、様々な教育訓練と併用することができる点も大きな特徴です(防災イベントや訓練でも)。

さらに、DICEでは扱う情報がどのような内容であっても指導内容が変わらないため子どもから学生、社会人、ハンディキャップを持った方など、あらゆる条件で災害情報に接する方が、それぞれの条件に併せて実施することが可能です。

本資料ではその基本コンセプトを紹介します。皆さんの災害対応力向上の一助となれば幸いです。

2014年4月改訂

教材セットのダウンロード

下記をクリックすると、教材セットをZIPフォルダ(圧縮フォルダ)でダウンロードできます(約5.3MB)。ダウンロードが完了したら、解凍してご利用ください。

 【注意事項】本記事で紹介する教材の権利は筆者にあります。講座・研修等で自由に使っていただいても構いませんが、出典の明記をお願いいたします。また、有料販売等での利用は一切認めておりません。

教材を使った指導の流れ

教材を使った指導の流れは次のとおりです。なお、指導用スライドの最新版(2020)は slideshare で閲覧・ダウンロードができます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次