menu

[終了]学習教材を用いた市民向け防災講座|稲城市

防災教育教材の活用場面は、学校だけではありません。

※このイベントは終了しました

2018年3月8日(木)14:00~16:00、稲城市社会福祉協議会主催「みんなで学び考える 防災のこと」が開催されます。実際に学校や地域で用いられる様々な防災教育教材を体験しながら、防災のポイントを学ぶことができる体験型のイベントです。詳しくは下記チラシをご覧ください。

※市外参加者への告知については主催者様の了解を得ていますが、申込者多数の場合は稲城市民の方の参加が優先されます。何卒ご了承ください(もし参加が難しくなってしまった場合は、遠慮なく本ブログへご相談ください。別の機会をご紹介させていただきます)。

過去に豊島区民社会福祉協議会主催で同様のイベントも行っています。関心のある方は関連記事もご参照ください。

180308v2

中高生ボランティアフェスティバル2018報告~主体的な関わりが育む防災~

【教材】災害情報とコミュニケーション演習-DICE(ダイス)-

関連記事

  1. 第3回国連防災世界会議と防災教育の普及

    【サマリー】 いよいよ開会まで一ヶ月を切った『第3回…

  2. “気象”テーマの防災教育…

    2017年10月13日(金)、所属団体の一般社団法人防災教育普及協会 が防…

  3. 防災ゲームとかけて、家族に作る手料理と解く。その…

    所属団体で『防災ゲームDay』というイベントを2016年、2017年と開催…

  4. 【資料公開】防災教育・学習プログラム開発手法の基…

    防災教育コーディネーター養成塾にて本講義で使用する資料は、2017年2月…

  5. プリントだけで防災教育シリーズ『災害状況を想像す…

    いのちを守る"災害状況を想像する力"適切な災害対策・防災活動のため…

  6. 学校の図面を利用した避難所運営ゲーム(HUG)の…

    1 概要・記事構成 避難所運営ゲーム(HUG)、及び指…

  7. 【終了】TOA音の防災シアター「カンカン塔のみは…

    このイベントは終了しました。イベントレポートは下記の記事をご覧く…

  8. 防災教育はもっとラフに議論されてもいい

    阪神・淡路大震災から20年目となる昨日は、早稲田大学国際会議場にて教師教…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP