menu

中学校で先生による「災害想像力を高める」ワークショップ

本日は都内の中学校にお伺いして

「災害時、中学生にできること」

をテーマにした講演会と、災害想像力を高めることを目的としたワークショップのサポートの二本立てでした。講演では、40分程度の時間を使って

・東日本大震災の状況
・釜石東中学校生徒の行動
・地震災害の基礎知識
・中学生にもできる災害ボランティア活動例

などをお話ししました。

 

その後、教室へ移動してワークショップです。ワークショップは僕が指導するのではなく、各クラスの担任の先生にご指導いただきました。使用した教材は災害時の状況をイメージするためのトレーニング・ツール「目黒巻き」です。目黒巻きについては こちら(東京大学生産技術研究所目黒研究室)をご覧ください。

 

今回は同教材を中高生対象に授業で実践できるよう、目黒研究室・東京都福祉保健局・東京都教育庁等のご協力でアレンジさせていただいた「授業用目黒巻き」を使いました。授業用目黒巻きについては下記の記事をご覧ください。

▶ 先生のための教育事典 EDUPEDIA 「防災一斉体験学習(目黒巻を用いた事後学習)」

 

20141205-144543-1
(筆者撮影:授業風景。ボランティアの方にもご協力いただきました)

 

授業の展開は次のとおりです。

① 5分で資料配布と説明
② 25分でシートの書き込み(個人で。難しければ話し合いを許可する)
③ 15分でグループ振り返り(班内で発表しあう。
時間があれ他班もチェック)

短い時間ながらワークシートにはさまざまな書き込みが見られました。

・171で親と連絡をとる
・先生がケガをして動けない
・火事が心配だから急いで帰る

など、ひとりひとりが自分が想定する状況を自由に書き出していました。

 

このワークショップは、たくさん書くことや正しい行動を書くことが目的ではありません。もちろん、正しい(と思われる)行動がたくさん書けていれば、素晴らしいことです。ですが、防災についてまだ勉強した機会が少ないのですから、知らない、分からないことも多く、書けなくても悪いことではありません。

 

大切なことは「自由に考える時間」が与えられることです。それはつまり、自分が災害状況を想像できる・できないことを、自覚する時間があるということです。言い換えると「自分が想像できない、知らないこと、気付いていないことに備えることはできない」ということです。

 


20141205-145605-3
(筆者撮影:答えが分からない災害時にこそ「自分で考える」力が求められます)

 

たくさん書けた生徒は、自分が書いた内容がそれで正しいのか、間違っているところはないかを確認するために今後、学習したり備えたりしていけばいいですし、あまり書けなかった生徒は、これからいろいろ勉強していくなかで書けるようになっていきます。

 

・・・これはまだ決定ではないので何とも言えませんが、僕自身は彼らの「防災学習」が大きな区切りを迎えるとき、もう一度この教材にチャレンジしてほしいと思っています。自分たちが学んできたことを、確認できるように。その時は、今回書けなかった生徒ほど、違いがよく分かるのではないかと思っています。

 

「目黒巻き」「授業用目黒巻き」どちらもフリーで使用できる教材ですし、防災教育の導入・中間・まとめ、どの段階でも活用できます。防災教育だけでなく、災害ボランティア養成等でも使える汎用性の高い教材ですので、地域・学校・家庭の防災力向上にぜひご活用ください。

 

◆追記◆

僕が「目黒巻き」をアレンジしたりできるのは、目黒巻きを作成した院生(当時)と知り合いで、保育者向けのワークショップ等をお手伝いしていたことがあり、作成過程や意図、研究成果等についても共有させていただいたためです。「目黒巻き」とは、東大の目黒先生による災害状況想定から被害軽減策を考える「目黒メソッド」を分かりやすく図式化したものです。

お母さんと低学年児童向けの避難所運営研修~母子が考えるルールの大切さ~

中央大学特殊講義「Global HealthⅡ」フォロー

関連記事

  1. 第3回国連防災世界会議と防災教育の普及

    【サマリー】 いよいよ開会まで一ヶ月を切った『第3回…

  2. 中学校2年生の社会科野外調査で地域防災キーワード…

    一日で全クラスの野外調査に同行、アドバイス墨田区内の中学…

  3. プリントだけで防災教育シリーズ『災害状況を想像す…

    いのちを守る"災害状況を想像する力"適切な災害対策・防災活動のため…

  4. 防災教育支援事業指定校で講演会と教員研修、公開授…

    ※この記事は2015-11-26に公開され、2016-11-25に更新されま…

  5. 障害のある生徒も生き生きと積極的に取り組む防災教…

    2016年から都立盲学校で宿泊防災訓練の体験学習プログラムを担当しています。…

  6. 防災教育はもっとラフに議論されてもいい

    阪神・淡路大震災から20年目となる昨日は、早稲田大学国際会議場にて教師教…

  7. 避難所運営ゲーム(HUG)研修・授業実施のポイン…

    本記事は静岡県が開発した教材「避難所(H)運営(U)ゲーム(G)」を用いた…

  8. おすすめの防災ゲームを探せる『防災教材活用ガイド…

    ▼「note」に紹介記事を作成しました。ファイルのダウンロードもできます。…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP