menu

お母さんと低学年児童向けの避難所運営研修~母子が考えるルールの大切さ~

低学年児童とお母さん達が避難所運営ゲームに挑戦!

本日は東京都小平市で「学校支援ボランティア養成講座」をお手伝いしました。東京都の学校支援ボランティア事業については こちら をご覧ください。

低学年~中学年児童とお母さん方を中心に

会場に来ていた3分の1が小学校低学年〜中学年くらいの児童、3分の2がお母さん中心に保護者、ぽつぽつと住民の方、という構成でした。主催者の方も『うれしい誤算』でしたが、話の内容や話し方は低学年児童向けで行いました。

20141130-125111-10
(筆者撮影:避難所としてどこを開放するか、事前に決められていました)

テーマが『避難所運営』だったので、おなじみの『避難所運営ゲーム(HUG)』に挑戦してもらいました。校長先生は「HUGについて知ってはいたが、なかなか取り組む機会がなかった。小学生には難しいのではないか」と心配されていましたが、これまでの経験から「避難所運営ゲームは、保護者や教員がサポートしてくれれば、低学年児童でも充分学ぶことができます」とお答えしました。

伝えるべきこと、考えるべきことは変わらない

対象が学校支援ボランティアを希望する住民であれ、6〜8歳くらいの子どもたちであれ、そのお母さん方であれ、防災、今回であれば避難所運営において、伝えなければならないこと、考えて欲しいことは何も変わりません。大事なポイントはただひとつ、ひとりひとりが災害によって引き起こされる様々な状況について考え、話し合い、普段からどう備えれば良いかを学び、行動(実践)することです。全ての教材やプログラムはそのための手段に過ぎません。変えるのは伝え方や表現だけなのです。

20141130-124849-7
(筆者撮影:身を乗り出して避難者配置を考える児童)

20141130-125002-9
(筆者撮影:児童生徒が保護者や地域住民と一緒に考える)

母子が避難所運営を考えることの大切さ

低学年児童は、保護者(お母さん)とコミュニケーションをとりながら、自分なりの意見を提案します。「水が出ないならトイレはつかっちゃいけないんじゃないの?」といってトイレにチェックをつけたり、「小さな子(2,3歳の子)はお父さんのひざの上がいいよ(安心するから)」といって避難者に見立てた父と子のカードを重ねてみたりします。

お母さんはそれに対して「でも、トイレつかえなかった大変だよ、どこでするの?」とか「お母さんもお父さんや子どもと一緒にいたいと思うけど、着替えとかどうしたらいいの?」、「●●(ペットの犬)はどうしたらいいかな?」と伝えるなど、避難所を想定したコミュニケーションがあちこちで行われていました。

今回の研修では、事前に学校が指定した場所やルールがありますので、僕が気付いたところはフォローに入って「トイレは●●の仮設トイレを使って」、「●●が女性用のスペースに」といったことをお伝えしました。実際には何も決まっていない、という学校も少なくないのではないでしょうか。住民・教員等による「避難所運営協議会」などが平時から設置されている場合はもちろん、そうでなくても、女性や小さな子どもという、なかなか意見を言いづらい、伝えにくい方々の意見を積極的に取り入れ、対策を講じていくことは重要な学校防災です。

  • トイレ、プライバシースペース、ペットなどの課題にどう対策を講じ、解決するか。
  • 女性や小さな子どもの意見を(事前、事後問わず)どのように反映させるか。

などは、避難所運営を考えるにあたって、必ずご検討いただきたいテーマです。

防災教育は「子どもたちの力を信じる”共育”」である

児童生徒を対象とする防災教育にとって大切なことは、子どもたちの力を「信じる」ことだと考えています。何か作業をさせても、うまくいかないかもしれません。何かを答えさせても、正しい答えが返ってこないかもしれません。それでも、作業をすること、答えを探そうとすることの中に必ず学びがあります。

「いま(教育の時点)は失敗しても、うまくいかなくても、正しい答えが分からなくてもいい。まずはできるだけのことを、できるだけやってみよう。君たちならできる。」そう信じ、また児童生徒に対して言葉で伝えるようにしています。もしうまくいかなかったら、その部分を重点的にフォローしていくのが指導側の役割です僕自身は防災教育の順序は「教える→考えさせる」よりも「考えさせる→教える」ほうがよいと考えています。そのためには「彼らは(知識や経験が少ないなりに)自分で考える力、答えを出そうとする力はある」と信じることです。

20141130-104856-2
(筆者撮影:ロープワークなど身体を動かすイベントも並行して行われました)

私たちは、予め想定される事態からルールを決めることはできても、災害対応の「正しい答え」を持ち合わせているわけではありません。例え低学年児童、子どもたちであれ、彼らの意見が間違っている、聞くに値しない意見であるという根拠は、どこにもないのです。これから児童生徒への防災教育に関わろうという方には、ぜひ意識していただきたいと思います。彼らの力を信じて、問いかけてみてください。私たちが教えるべきことは何か、考えるべきことは何か、そして防災教育に関わる者が学ぶべきことは何か。そのヒントが隠されています。

法政大学チーム・オレンジが「災害時要援護者体験」を実施

中学校で先生による「災害想像力を高める」ワークショップ

関連記事

  1. 震災支援チャリティイベントで親子向け防災ワークシ…

    2016年5月7日、8日、お台場で熊本・大分地震チャリティイベントが開催さ…

  2. 【ご案内】EDUPEDIA関係で訪問された方へ

    この度はブログ「情熱と不屈の精神VER.2.0」をご訪問いただき、ありがと…

  3. ESD・環境学習プログラムと防災教育への応用

    ESDは「持続可能な開発のための教育」の略で、2002年の第57会国連…

  4. 公務員志望学生向け防災講座[ワークシート/確認テ…

    本記事は「公務員・教員を志望する大学生」向けの防災特別講座資料とし…

  5. 【イベント2016.12.4】防災キャラバンin…

    このイベントは終了しました。イベント報告は別途記事を作成する予定ですが「一般…

  6. 保健主事・養護教諭のための防災教育~3つのLを守…

    本記事では東京臨海広域防災公園「そなエリア東京」で保健主事・養護教諭の皆様…

  7. 総合文化施設で中学生と地域住民が一体となって防災…

    那須塩原ハロープラザ主催「防災フェスタ」で、隣接する中学校と地域住民の方が…

  8. 早稲田大学教師教育研究所「第3回教師教育研究フォ…

    ▼以下はイベントチラシからの転載です -----…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP