menu

地元杉並区内中学校のPTA役員研修会で避難所運営研修を行いました

杉並区の”避難所”と”震災救援所”について

本日は地元杉並区の中学校で、PTA役員の方々を対象とする研修を行いました。テーマは「災害時における学校の役割〜避難者の多様性に応じた避難所運営〜」です。杉並区では避難所のことを「震災救援所」と呼称しているため、一般的な「避難所」のイメージより多様な機能を持ちます。

■震災救援所
震災救援所とは、震災時、区内で震度5強以上の揺れを観測した場合、区立の全小・中学校等に開設され、避難所となります。情報・救援物資配給など避難・救援の拠点となります。

▶ 杉並区ホームページ「救援所・避難所、避難場所」

現実的に「避難所」の機能は「避難(生活)する所」ということ以上の機能を持たざるを得ませんので、僕は杉並区の「震災救援所」という表現は適切だと考えています。

“震災”救援所だから”地震”のときだけ?

「避難所が開設されるのは何も震災だけじゃないだろう、風水害はどうなんだ!」と思われる方もいるでしょう。そのとおりです。風水害発生時にも「避難所」は開設されます。区内では5カ所が予め指定されており、被害状況に応じて追加で開設されます。「震災救援所」じゃありません。「避難所」です。

▶ 杉並区ホームページ「風水害発生時の行動マニュアル」

つまり、震災のように広範囲に長期的な被害が出ることが想定される場合の「避難所」は「震災救援所」という位置づけを明確にしておき、避難生活だけでなく様々な防災・災害支援活動も含めた拠点になります。風水害のように範囲が限定的で短期的な場合は、一時的な避難生活が中心となるため「避難所」という位置づけになるわけですね。

なお一般的な「避難所」は災害対策基本法第49条に基づき予め「指定緊急避難場所」及び「指定避難所」として決めておくように定められています。お住まいの地域の「地域防災計画」などをご覧いただくと良いでしょう。【●●市 地域防災計画】とかで検索すればだいたいヒットします。

研修の内容

本日は区内中学校のPTA役員の方々がおよそ40名、参加されました。オブザーバーとして、障がい者の防災教育で関わっている子ども発達センターの方、自宅近くで区内の防災訓練等を支援されている杉並建設防災協議会の方にもご参加いただきました。どちらの方々とのコラボレーションも、近々ご紹介できると思います。

  • 災害時における学校の役割
  • 避難所運営の組織的対応、リーダーシップ
  • 災害時のジェンダー、避難行動要支援者への対応
  • 「避難するときも、避難しても大変!」
  • インクルーシブ教育による備え「もしあなたがそうだとしたら・・・」
  • 被災者支援に関わる関係法令と生活再建
  • 避難所運営ゲームの実践、演習まとめ
  • 学校は防災拠点であり生活再建拠点

この内容を図上演習も含め2時間以内に収めるのでかなり駆け足でしたが、女性が多かったのでジェンダー課題、避難行動要支援者、インクルーシブ教育による備えあたりは重点的に説明しました。

IMG_20150703_104516
(さすが役員の方々、話し合いや課題解決に慣れておられます)

IMG_20150703_104453
(9割方女性ですのでこうした機会は重要だと感じます)

質疑応答や感想から見えた”これから”

質問はいくつかありましたが、例えば「災害時のトイレはどうしたらいいか」というものです。話し合いの中では「断水していたら校庭に穴を掘るしかないけれど、どこがいいだろうか・・・」というのが課題になったようです。断水=トイレが使えない、ということではなく個室としての機能、トイレの形状は維持されています。特に女性は屋外に穴掘り型のトイレを作ったとしても使うのは難しいでしょう(もちろん男性でも…)。

できるだけプライバシーとセキュリティを考えるなら、きちんと管理された「校舎内トイレ」をトイレ袋等を使って使用するのが有効と考えます。そのためには「山盛り」にさせないよう、開設時点で速やかにルールづくりと管理体制を構築することが求められます。

その他には「障害を持った方が来たらどうしたらいいか」という質問もありました。福祉避難所の位置づけや震災救援所毎に決められているマニュアルやスペース配置についてお話しましたが、これはまた別の機会にご紹介したいと思います。

また「中学生は何ができるか」という質問もありました。これは僕はいつも決まった答えを持っていますが「本人がやりたいと思うことなら、大人と同じことができる」です。まだ中学生だから・・・と意志決定や重要な場面から遠ざけるのではなく、本人が望む限り一緒に考えさせたほうがいい、という意見です。


トイレも障がいを持った方への配慮も中学生の活動も、大事なことは「災害状況を想像する力=イマジネーション」だと考えています。これからの震災救援所(避難所)開設、運営、訓練、そして多様性に応じた防災対策においては重要なキーワードになるでしょう。

ひとりの区民として、親として

これから学校に子どもを預けるであろう、父親としてはこうした形で区の防災に貢献できることはありがたいことです。願わくば今後もこうした機会が増えてくれたらいいなと思います。もし本ブログを杉並区内の方がご覧になられておりましたら、どうぞお気軽にお声がけください。

白鴎大学UN-UNI講演会と「防災に取り組む学生団体」へのメッセージ

白鴎大学UN-UNI防災講演会2「防災グッズグループワーク」のフォローします

関連記事

  1. 新潟県『防災教育コーディネーター養成塾(H29年…

    新潟県での養成塾と、東京でのアレンジ版2017年2月12日(日)、26日…

  2. 避難所運営ゲーム(HUG)研修・授業実施のポイン…

    本記事は静岡県が開発した教材「避難所(H)運営(U)ゲーム(G)」を用いた…

  3. 都内大学附属中学校で防災体験学習を指導

    東京学芸大学附属小金井中学校で、1年生を対象とした1日防災体験学習が行われま…

  4. ブログタイトルと避難所体験

    中学1年生に「いのちの体験教室」、講義と体験を通…

    2020年11月、神奈川県内の私立中高一貫校の中等部1年生を対象に「いのち…

  5. プリントだけで防災教育シリーズ『次世代防災会議ワ…

    2018年3月11日付けで掲載いただいた読売新聞記事「次…

  6. 【ご案内】EDUPEDIA関係で訪問された方へ

    この度はブログ「情熱と不屈の精神VER.2.0」をご訪問いただき、ありがと…

  7. EDUPEDIAへの記事掲載報告と”…

    EDUPEDIA記事掲載の経緯について2016年5月8日に実施された熊本・…

  8. 都立公園で防災イベント~親子が楽しめる時間と場所…

    都市型災害と公園都市部における地震災害で大きな課題となる「避難(所)スペ…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP