menu

震災支援チャリティイベントで親子向け防災ワークショップ

2016年5月7日、8日、お台場で熊本・大分地震チャリティイベントが開催され、先生のための教育事典「EDUPEDIA」による防災教育ワークショップを担当しました。

イベント概要

イベントの概要は以下のとおりです。

熊本・大分を中心として、九州全土で大きな地震が起こっており、多くの人が避難所生活を強いられています。私たちは東日本大震災支援活動の経験から、継続した支援が重要だと感じています。継続して支援を続けるために、支援側も疲弊しすぎないことが大切です。そこで私たちは、みんなが楽しめるヨガをしながら、その参加費を寄付し、メッセージを集めることにしました。集まったお金は全額、被災地のこどもたちのために活動している団体を支援するために使います。

【主催者】
高橋由紀(株式会社ベビーヨガアソシエイト)
佐藤駿一(東京大学医学部6年生)

被災地の課題を防災教育を通じて伝える

EDUPEDIAの皆さんとは、これまでにも何度か防災教育イベントでご協力させていただいています。

今回の防災ワークショップは、熊本・大分での震災を受けて主催者の一人であり、EDUPEDIAの運営にも関わられている、佐藤駿一さんの「被災地での課題を知ることで、理解を深め、支援につなげていきたい」という想いから企画され、これまでのご縁からお声がけいただきました。同じく主催者である株式会社ベビーヨガアソシエイトの高橋由紀さんを中心に、参加者・スタッフが親子連れや女性が多いということで、地震災害に関わるテーマのうち、女性や子どもに大切なことをピックアップすることにしました。

「被災したときに欠かせないもの」を楽しみながら考える

今回のイベントは単なる「防災体験」ではなくEDUPEDIAが関わる”防災教育”として実施されるため、一方的な講演や研修のようなスタイルではなく、親子や子どもも楽しみながら考え、学べる工夫が必要でした。
そこで、東京都が発行している防災ブック『東京防災』に記載されているノウハウを中心に構成し「被災したときに欠かせないものってなんだろう?」、「まず何からやればいいのだろう?」について考えてみることにしました。

◯ 東京防災|東京都防災ホームページ

「他の人に頼りにくい」排泄(トイレ)と灯り

選んだテーマは「災害時の排泄(トイレ)と灯り」です。どちらも熊本・大分での震災において、また過去の震災で課題となっているテーマです。そして、このテーマを選んだ理由は「他の人に頼りにくい」点にあります。うんちやおしっこ、灯りは「その時、その瞬間、そのタイミング」で必要なことです。トイレや灯りがなくても待つことができないのです。必要になるタイミングも人それぞれ、他の人に頼りにくいので各自で備える必要性が高いということになります。ペットのことや薬のこと、障がいのことなど、大事なことはもっとたくさんありますが、どんな家庭、どんな人にも関わりそうなテーマにしました。

「トイレに行きたくなったけど、トイレが使えないので仮設トイレができるまで待ちます」…

「急に必要なものがあって確認したいけど、灯りがないので朝になるまで待ちます」…

というわけにはいかないのは、誰もがが同じですね。ですから「まず何からやればいいのだろう?」と思ったら、排泄(トイレ)のことと、灯りのことを考えてみましょう。

EDUPEDIAとみんなで考える防災教育ワークショップ2016

防災教育ワークショップでは排泄(トイレ)と灯りの2つのテーマを合計2時間(休憩や質疑応答なども含めるので、体験時間は1時間30分ほど)で体験してもらいます。それぞれのテーマの進め方や注意事項についてご紹介します。

災害時のトイレ・おむつを何とかしよう!

◯ 参考資料|東京防災P.200-202

まず最初のテーマは「排泄(トイレ)」です。前述したように、災害時の備えや対策において重要なのは「他の人に代わってもらえないもの=自分や家族で解決しなければならないこと」を優先的に考えることです。一番分かりやすいのがトイレです。子どもがいる方は、例えその子がどんなにかわいくても「代わりにうんちやおしっこをしてあげる」ことはできません。水道がなおらない、仮設トイレができない、トイレが汚いなどいろいろ課題はあっても「誰かに文句を言えば、うんちやおしっこが引っ込む」ということもありません。

今この場にあるものを有効に活用し、用を足さなければなりません。ご自宅のトイレを活用していただくのが一番ですが、車中泊やテント泊など、屋内に入れない場合やすぐ近くに使える仮設トイレがない場合もあります。その「最後の手段」として考えられるのが「ダンボールやビニール袋、新聞紙など身近なものでつくるトイレ」です。

また、赤ちゃんや小さなお子さん連れの家庭では「おむつがなくなったときの代用」として、ビニール袋とタオルでつくるおむつ」なども知っておくと役立ちます。

防災教育Point①:「トイレがなかったらどうなる?」問いかけをしよう

学校の授業等で行う場合は、まず「トイレがなかったらどうなる?」ということを問いかけることからはじめてみましょう。「大変」「困る」といった意見が出てきたら「なにが、どう大変なのか」「どんなことで困るのか」、「その後、どうするか」などを、事前に考えさせるようにします。課題についてよく理解したあとに、解決策として、携帯トイレの備えや、断水時の家庭のトイレの使い方などを指導します。指導にあたっては、下記のホームページを事前に確認し、資料をダウンロードして配布するなどの工夫をすると効果的です。

◯ 災害用トイレガイド| NPO法人日本トイレ研究所

EDUPEDIA160508_7
ダンボールトイレづくりのコツ、工夫
  • 使うものはみかん箱程度の段ボール箱が2箱、ビニール袋(45L程度)、新聞紙(見開き2枚)
  • ハサミやカッター、ガムテープがあると作業しやすい
  • 1箱は穴を開けて「便座」として、もう1箱はくずして4隅を支える、重ねるなどして「補強」につかう。詳しくは 災害トイレ情報ネットワークホームページ に掲載されています。
  • ✕「補強」がないと、座って体重がかかった瞬間に壊れて、穴の部分からおしりがスポン!と落ちてしまう
  • ◯「トイレっぽさ(背もたれ、便座フタなど)」があると、気持ちが少し楽になる
  • ◯ 断水時の家庭のトイレを使うときと同様に「1枚目のビニール袋を便座をあげてから便器(用のダンボール)にかける」→「便座(用のダンボール)を閉じてから、もう一枚を便座(用のダンボール)の上からかける」→「新聞紙1枚を四角く折りたたんで底にしく」→「新聞紙1枚を細かく割いて丸めて入れる」という順番で行うことで、うんちやおしっこの漏れを防ぎ、衛生的に使うことができます。
  • 年齢、性別、体格、クセなどでトイレの形も変わるので「自分(あるいは家族)ならこうする」という方法を、事前に考えて実践しておきましょう。

EDUPEDIA160508_9
(いろんなパターンのトイレ。どれが、一番使いやすそう?)
EDUPEDIA160508_11
(小柄な子どもと、大人では便座穴のサイズが違うので要注意)

ビニール袋おむつのつくりかた

★注意★これはあくまで「最後の手段」としての方法です。子どもはかなり嫌がりますし、ある程度の年齢・月齢だと自分で外すことも。トイレも、おむつも「いつもの」が使えることが大切です。子どものおむつや携帯トイレは、備蓄として重要です。1週間程度はおむつ等を買い物に行かなくてもよいくらい、備えておくと安心です。

[1]レジ袋、フェイスタオル、ハサミを用意する
すべての写真-8

[2]取っ手部分と、両サイドを切る
すべての写真-9

[3]両側を切るときは、モレ防止に袋部分を残す
すべての写真-10

[4]フェイスタオルをたたんでサイズに合わせておく
すべての写真-11

[5]背中側の取っ手部分をお腹まわりに合わせて、少し引っ張って伸ばしておくすべての写真-12

[6]背中側の取っ手部分をおなか側にまわして結ぶ。おなか側の取っ手部分を、結び目の内側から通す。
すべての写真-13

[8]おなか側でくるくる丸めておく
すべての写真-16

[9]完成です
すべての写真-17

ビニール袋おむつのコツ、工夫

  • 使うものはビニール袋(レジ袋)とフェイスタオル、はさみ
  • ムレたり汚れたりするので「他に手段がない!」ときの対策として考える
  • 子どもの体格によってビニール袋やフェイスタオルのサイズは異なる
  • ビニール袋の取っ手部分、両サイドを切って広げる
  • フェイスタオルをたたんで広げたビニール袋にしき、背中側の取っ手部分を前にまわして結び付ける
  • おなか側の取っ手部分を、結びつけた背中側の取っ手部分に通してから丸めておく
  • お腹周りがきついときは、袋を大きくするか、破けない程度に引っ張って伸ばす
EDUPEDIA160508_3
防災教育Point②:「トイレはみんなが困るから、みんなで備える」ことが大切

トイレは「誰か」の問題ではなく「みんな」の問題です。赤ちゃんからお年寄り、車いすの方や外国の人も同じです。「自分や家族のトイレのこと」についての課題や解決策を学ぶことができたら、身近な助けが必要な人たちのことにも目を向けるように指導し、ひとりひとりが備えていくことの大切さを伝えます。

災害時の灯り(あかり)を何とかしよう!

【参考テキスト・資料|東京防災 P.206】

次のテーマは災害時の灯り(あかり)です。「灯りなんて後回しでもいいじゃないか!」と思うかもしれませんが、前述したように大地震等で自宅で停電したり、夜間に避難所や公園などで車中泊・テント泊しなければならなくなったとき、懐中電灯などの灯りはとても大切です。
私たちは夜間でも光があることに慣れた生活をしています。足元や目の前が暗かったら、スイッチを入れればいいだけです。でも、災害によって停電し、そのスイッチを入れても電気がつかなかったら、そして懐中電灯など灯りになるものが何もなかったらどうなるでしょうか。足元や目の前は真っ暗なまま、どこに何があるか分からず、何かを探すことも、身動きすることも、助けを呼びに行くことさえできなくなってしまうのです。
懐中電灯はもちろんですが、避難所や車中泊、テント泊などでは長時間その場所にいることになるため、固定して身の回りを明るくしてくれるランタンが便利です。ワークショップでは、懐中電灯とペットボトル、水というどこにでもあるものを使って、ランタンをつくります。

EDUPEDIA160508_16
防災教育Point③:「灯りがなかったらどうなる?」問いかけをしよう

トイレと同様に、「もし、日常生活から灯りがなくなったら…」という課題について、考える時間を持ちます。児童生徒に、自宅や避難所、屋外にいるときに「真っ暗」になってしまったら、どんなことが心配か、どんな危険があるかなどを考える時間をつくるのも良いでしょう。

ペットボトルランタンのつくりかた

[1]ペットボトル2本、懐中電灯、ハサミ、ガムテープ(養生テープ※ノリ残りしないテープ、家庭に1つあると便利です。)を用意する
すべての写真-14

[2]ペットボトルの1本の飲み口側上部を切って、懐中電灯を入れる。
すべての写真-16

[3]ペットボトルが懐中電灯より大きい場合はそのまま。懐中電灯より小さい場合や倒れやすいときは、大きめのペットボトルを使うか、写真のようにして、ガムテープ(養生テープ)で固定しつつ、水を満タンに入れたペットボトルを上に乗せます。
すべての写真-18

すべての写真-19

[4]懐中電灯がランタンに早変わり!
すべての写真-20

ペットボトルランタンづくりのコツ、工夫

  • 懐中電灯、空でキャップ付きのペットボトルを2本、ハサミ、ガムテープで作業します。
  • 一本のペットボトルの中に懐中電灯をいれ、もう一本には水をたっぷり入れて、懐中電灯が入ったペットボトルの上に重ねます。うまくバランスがとれない場合は、ガムテープで固定したり、ペットボトルのサイズを調整したりします。
  • 懐中電灯は「前方」を明るくし、遠くを見通すことができます。ただし、手に持つことが前提なので、身の回りを照らし続けたり、長時間使うことが難しいという特徴があります。
  • ランタンは「周囲」を明るくし、置いて使うことが前提なので、長時間身の回りを明るくできるという特徴があります。
  • どこかに避難するために移動する時や、持ち歩くときに懐中電灯は役立ちます。ただし避難所やテント、車中で生活しなければならいときは、手で持つ懐中電灯は不便です。身の回りを明るくできて、置くことのできるランタンが役立ちます。それぞれの特徴を確認しておきましょう。
  • ペットボトルにマーカーで絵を描いたり、模様をつけたりすると、鮮やかなランタンになります。
EDUPEDIA160508_12
EDUPEDIA160508_19

"当たり前の日常"の大切さに目を向けて

そもそもですが、携帯トイレやおむつの予備、ランタンなどを災害に備えて事前に用意しておけば、それが一番なのです。ここで紹介しているのは「もし便利な道具がなかったとしても、あきらめずに考えて、工夫して、課題をのりきってほしい」という願いを込めての紹介です。当たり前のように使っているトイレ、おむつ、灯りが、当たり前に使えることがどれほど私たちの生活を支えてくれているのか考えることも、大切な防災対策です。

被災した時のことを想像し、試してみよう

よく講習などで「防災対策は料理とよく似ている」という話をします。
防災本やインターネットの情報はいわゆる「料理レシピ本」みたいなものです。"防災専門家"と呼ばれる人たちなどが「こうすればうまくできるよ」ということを紹介しています。ただ、それはあくまでその専門家がうまくできると言っているだけであって、読んでいる人ができるかどうかは別です。でも、いろんな本を読んだりネットを見ていると「知っている」、「できるような気がする」になってしまいます。

料理のレシピ本を読んだだけで「あ、これなら作れそう」「今度やってみよう」と思っているのと、同じ状況です。でも、いざ作ってみたら火加減や味付けがうまくいかない。家族に食べてもらったらイマイチだった。そんなことがあるかもしれません。

防災対策、特にいろいろな本やインターネットで紹介されている工夫は、まず「試してみる」ことが大切だと考えています。やってみて、うまくいかなくてもいいのです。家族と、あるいは児童生徒と一緒に、どうしたらうまくできるかをよく考えて工夫してみましょう。その時間や機会が、一人一人の"防災力"を高めてくれます。

今も続く災害の教訓を活かせるように、そして「あの時やっておけばよかった…」とならないように、ぜひ、いろいろな「防災体験」「防災教育」に、家庭や学校で積極的にチャレンジしてください。

防災・災害支援と”無財の七施”

プリント1枚で防災教育「うさぎ一家のこころの健康」※更新版

関連記事

  1. 中央大・一橋大・東大で災害救援ボランティア講座

    中央大学、一橋大学、東京大学地震研究所で『災害救援ボランティア講座』を実施し…

  2. EDUPEDIAと考えた「これからの防災教育」2…

    ※過去記事をリニューアルしました。本記事では2015…

  3. 災害救援ボランティア講座の10年と大学への普及

    【サマリー】筆者が東京地区(大学)での災害救援ボランティア講座(主…

  4. ESD・環境学習プログラムと防災教育への応用

    ESDは「持続可能な開発のための教育」の略で、2002年の第57会国連…

  5. 【イベント2016.12.4】防災キャラバンin…

    このイベントは終了しました。イベント報告は別途記事を作成する予定ですが「一般…

  6. 【終了】東京大学地震研究所で「災害救援ボランティ…

    ※このイベントは終了しました災害救援ボランティア推進委員会主催・東京…

  7. 都立高校で1年生対象の防災講話

    毎年恒例となっている、都立小平高校1年生を対象とした防災講話を担当しました。…

  8. 杉並区主催「障害と防災」に出演します(2016-…

    昨年度に引き続き、杉並区が主催し東京女子大学が後援する『発達障害児地域支援講…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP