menu

緊急地震速報・エリア(緊急速報)メールにびっくりした方へ(鳴動停止設定)

携帯電話が突然鳴り始めてびっくりした経験がある方も少なくないと思います。2011年3月11日のことを、思い出した方も少なくないでしょう。

そこで、本日は【緊急地震速報】と【エリアメール】についてご紹介します。鳴動停止設定の前に、まずご確認いただければと思います。簡単に整理すると

 

★緊急地震速報 = 地震が起きたことを気象庁がお知らせするしくみのこと。

詳しくは こちら(気象庁ホームページ)

★エリアメール(緊急速報メール) = 携帯各社が緊急地震速報を伝えるしくみのこと。
詳しくはこちら ドコモ ・ ソフトバンク ・ au
スマートフォンやエリアメール(緊急速報メール)対応の携帯電話を所持している方については、基本的に特別な設定をしなくても受信するようになっています。

ただ、デフォルトではマナーモード中でも鳴動しますので、状況によっては「ありがた迷惑だ」と思うこともあるでしょう。その場合は下記(ドコモ)の設定をすることで鳴動しないようにすることができます。
各社についてはそれぞれのHPでご確認ください(基本的には鳴動設定のままにしておくことを推奨します)。

 

[NTTドコモ]マナーモード・公共(ドライブ)モード時の鳴動設定について

https://www.nttdocomo.co.jp/service/safety/areamail/usage/index.html

めんどくさいな、それなら最初から鳴らないようにしてくれればいいじゃないか。鳴ってもどうせ大したことないじゃないか。と思われるかもしれませんが、緊急地震速報やそれに伴うエリアメールのシステムは日本が海外にも誇れる地震防災システムのひとつです。どうせ大したことないと思えるだけ、幸運だと考えたほうがいいでしょう。

 

詳しいことは別の機会にご説明できればと思いますが「初期設定のまま受信できるようにしておく」ことをおススメしています。

 

確かに空気を読んでくれるシステムではありませんが、命よりも大切な事態やイベントなど、そう多くはないはずです。

避難情報に”やさしい日本語”を

防災講座の講師は誇り高き道化師-クラウン-であれ。

関連記事

  1. 災害時・防災対策に役立つ情報サイト・資料の一覧

    本記事は主に各種研修等でご紹介、解説する資料やサイトの一覧として公開してい…

  2. 都立高校の防災講話、命と向き合うために

    『おかあさんが一生けんめい生んでくれたから、自分の命は本当に大切だと思ったか…

  3. 気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨、そ…

    気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨、その時どうする?」は、気象庁…

  4. 災害図上訓練で水害・土砂災害から命を守る

    東京都H市H地区では、大学生と住民が一緒に地域のことを考えてい…

  5. 災害ボランティア活動の事前説明(オリエンテーショ…

    ※記事内容の一部を、令和元年台風19号版から、2020年版に更新しました。…

  6. 避難情報に”やさしい日本語̶…

    今回は「避難情報に"やさしい日本語を"」ということで、ご紹介させていただきま…

  7. 「気象」をテーマとした防災教育指導者育成研修会で…

    一般社団法人防災教育普及協会が主催する『第2期防災教育指導者育成セミナー』で…

  8. 水害・土砂災害・住宅地盤について分かりやすく学べ…

    9月1日の防災の日、その前後の防災週間ということもあり、防災についての話…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP