menu

学生の帰宅困難・滞留を想定した宿泊訓練を実施|東洋大学

東洋大学白山キャンパスで、大学生や教職員が首都直下地震により帰宅困難・滞留する場面を想定した「宿泊サバイバル体験」が行われました。

企画・指導の一部を担当させていただき、レポートをブログで公開しました。

詳しくは下記のブログ記事をご覧ください。

災害ボランティア講座で大学での災害初動対応を考える|明治大学

大学と学生の力を帰宅困難者対策へ!大学における宿泊サバイバル体験報告

関連記事

  1. 令和元年度「公立学校新任教頭研修」で防災教育実践…

    埼玉県立総合教育センター主催の新任教頭を対象とした研修会で『防災教育の取り組…

  2. 行政・学校・地域が連携した避難所運営図上訓練~H…

    杉並区内の小学校で、避難所運営に関わる区役所職員・学校・地域の方々で構成され…

  3. 特別支援学校で福祉避難所対応を想定した講義演習|…

    2017年12月26日(火)、都立七生特別支援学校(日野市)…

  4. 都内社協で災害ボランティアセンター開設プレ訓練

    豊島区民社会福祉協議会による「災害ボランティアセンター開設プレ訓練」の指導・…

  5. 上智大学で災害情報と火災避難をテーマに課外活動団…

    2017年12月2日(土)、上智大学で課外活動団体を対象とした防災訓練・防災…

  6. 小中学校教員研修で模擬授業を通して理論と実践伝え…

    8月24日に東京都東村山市で約560名、翌25日は埼玉県加須市で約70名の小…

  7. 2016年活動実績

    2016年活動サマリー2016年は、新たに公園の指定管理業務に携わり、公園…

  8. 災害ボランティアセンター市民スタッフ講座で「詰将…

    東久留米市社会福祉協議会(以下「社協」)主催の第3回『災害ボランティアセンタ…

こちらの記事もいかがですか?

  1. 防災体験学習のコーナー紹介
PAGE TOP