menu

学生の帰宅困難・滞留を想定した宿泊訓練を実施|東洋大学

東洋大学白山キャンパスで、大学生や教職員が首都直下地震により帰宅困難・滞留する場面を想定した「宿泊サバイバル体験」が行われました。

企画・指導の一部を担当させていただき、レポートをブログで公開しました。

詳しくは下記のブログ記事をご覧ください。

災害ボランティア講座で大学での災害初動対応を考える|明治大学

大学と学生の力を帰宅困難者対策へ!大学における宿泊サバイバル体験報告

関連記事

  1. 職員対象に大学における避難者・帰宅困難者対応図上…

    東北学院大学土樋キャンパス(宮城県仙台市)で、関東・関西等の大学教職員およ…

  2. 発達障害児と保護者向け防災体験会、手軽な「あそび…

    2017年9月10日(日)、愛知県刈谷市内で発達障害児・者の支援に取り組むN…

  3. 「防災キッズワークショップ」に100名以上の子ど…

    明治大学第21回ホームカミングデーで、同大学震災等復興活動支援センターが行…

  4. コープ共済で職員研修、応急手当を実技指導

    日本コープ共済生活協同組合連合会主催の職員研修で、心肺蘇生法及びAED操法や…

  5. 学校・公民館の地震災害初動対応図上演習を実施 |…

    埼玉県立総合教育センター主催「災害に強い地域の輪作り講座」で『災害時の率先行…

  6. 都内大学附属中学校で防災体験学習を指導

    東京学芸大学附属小金井中学校で、1年生を対象とした1日防災体験学習が行われま…

  7. 2017年活動実績

    2017年活動サマリー2017年は、後半から都立高校「防災学」の授業が加わ…

  8. 2014年活動のまとめ【計134日間/6,261…

    2014年の活動をまとめました。下記個人サイトにも掲載しています。…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP