サイトデザインをリニューアル!

(この記事は2014年8月8日に作成されました)

 

本日は前日に引き続き、中央大学での防災講座でした。

中央大学防災講座(大学HPへリンク)

 

防災カードゲームを用いて、災害時、復興過程において迫られる決断や、決断の基になる情報の取り扱い、コミュニケーションについて考えてもらいました。また、カードゲームで登場した様々なケースを参考にしてオリジナルのケースを考える簡易なワークショップも行いました。

20140808-102851-2

 

災害時のケースワークを考えるのは難しいことですが、難しくて当たり前です。

20140808-102910-3

災害そのものが想定外であり、私たちが「考えている」ことの斜め上だったり斜め下だったりをすごいスピードで駆け抜けていきます。

 

「想定外は想定外だから想定外なのであって、想定外を想定できるのなら想定外にはなり得ない」のです。

それを考えろというのだから、我ながら無理難題を押し付けたなと思います

 

ただ、それをきちんと自覚するにはやってみないと分からないのも事実です。

 

「災害時に起こりえる、正解のない問い」を考える作業、「自分の価値観や考え方の理解」、そして「適切なコミュニケーション」について学ぶことで、復興支援活動や、次の災害への備えに繋がって欲しいと思いますべーっだ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次