menu

警視庁初の学生向け宿泊防災イベントの企画運営・指導に協力

2017年6月17日から18日にかけて行われた、警視庁警備部災害対策課主催『「そなエリア東京大学」一泊サバイバル体験』の企画運営と当日指導に協力しました。イベントレポートについては下記をご覧ください。

実施レポートは、所属団体である『災害救援ボランティア推進委員会』のホームページにも掲載していますので、下記URLからご確認ください。当日の指導ポイントや参加学生からの意見や質問など、細かな内容についても後日ブログ記事等でご紹介予定です。

 

コミュニティ・スクールを通じた災害に強い地域の輪づくり

警視庁が学生向けの宿泊防災体験、都内大学での帰宅困難を想定

関連記事

  1. 大川小の悲劇の教訓と「災害時の決断力」

    様々な大学で災害救援ボランティア講座を担当しています。その中のテーマで『災…

  2. 2017年活動実績

    2017年活動サマリー2017年は、後半から都立高校「防災学」の授業が加わ…

  3. 都立高校で防災講話、同校では8年目に

    練馬区にある都立練馬高校での防災講話を担当しました。同校での防災講話や防災体…

  4. 乳幼児,児童生徒,保護者と地域住民が一緒に避難生…

    稲城市立iプラザで、避難生活をテーマとしたワークショップを行いました。ワーク…

  5. 都内社会福祉協議会で災害対応初動訓練を行いました…

    西東京市社会福祉協議会正規職員の方々を対象に、災害発生当日(…

  6. 未来の命を守ろう!ワカモノ防災がっこう 12月1…

    2017年12月17日(日)、東京都江東区にある防災体験学習施設「そなエリア…

  7. 県域の自主防災アドバイザー研修会で教材体験とプロ…

    広島県消防保安課が主催する『自主防災アドバイザースキルアップ研修』で、防災教…

  8. 警視庁災害対策課と都内大学生向けに宿泊訓練を実施…

    2017年に引き続き、東京都江東区にある「国営・都立東京臨海…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP