menu

警視庁初の学生向け宿泊防災イベントの企画運営・指導に協力

2017年6月17日から18日にかけて行われた、警視庁警備部災害対策課主催『「そなエリア東京大学」一泊サバイバル体験』の企画運営と当日指導に協力しました。イベントレポートについては下記をご覧ください。

実施レポートは、所属団体である『災害救援ボランティア推進委員会』のホームページにも掲載していますので、下記URLからご確認ください。当日の指導ポイントや参加学生からの意見や質問など、細かな内容についても後日ブログ記事等でご紹介予定です。

 

コミュニティ・スクールを通じた災害に強い地域の輪づくり

警視庁が学生向けの宿泊防災体験、都内大学での帰宅困難を想定

関連記事

  1. 大学と地域が連携して防災啓発講座|聖学院大学

    聖学院大学(埼玉県)で近隣住民と大学が連携して行う防災…

  2. 大川小の悲劇の教訓と「災害時の決断力」

    様々な大学で災害救援ボランティア講座を担当しています。その中のテーマで『災…

  3. 都内大学で被災疑似体験ワーク、他者理解のきっかけ…

    成蹊大学が実施するフレッシャーズ講座の一コマ、ボランティア活動支援センターの…

  4. 法政大学チーム・オレンジが「災害時要援護者体験」…

    法政大学市ヶ谷ボランティアセンター学生団体「チーム・オレンジ」は、東日…

  5. 県立高校初任者研修で講演、危機管理と防災教育をテ…

    埼玉県立総合教育センター主催「平成30年度県立高校初任者研修」で学校の危機管…

  6. 都立公園で防災イベント、参加者が過去最多に|東久…

    東久留米市にある都立六仙公園で、防災イベント「防災キャラバンin六仙公園」…

  7. 学生による防災教育教材等開発プロジェクトで特別講…

    女子美術大学「プロジェクト&コラボレーション演習(※学生自身が防災…

  8. 日常と被災現場は一般道と高速道路

    災害ボランティア活動前後の”こころの…

    ※本記事は「活動(前)後」を想定したものですが『活動するかどうか迷っている…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP