menu

警視庁が学生向けの宿泊防災体験、都内大学での帰宅困難を想定

警視庁が初めて実施した大学生向けの宿泊防災訓練についての直後のレポートです。こちらは事実関係のみを整理したもので、訓練の企画段階で注意したことや、指導上の留意点、参加学生とのやりとりなどについては別途レポートにまとめています。

イベント概要

警視庁警備部災害対策課・東京臨海広域防災公園は、2017年6月17日(土)から一泊二日で、大学生の災害ボランティア育成を目的とした宿泊防災イベント『そなエリア東京大学一泊サバイバル体験』を開催し都内各大学から男女19名の学生が参加しました。詳しくは下記の警視庁HPをご覧ください。

  • 発災後を生き抜け!そなエリア大学一泊サバイバル体験
    ※現在ページなし

発災~大学での一時滞留

冒頭に主催者である警視庁から趣旨説明があり、大学生が地域の防災活動や災害支援活動にとって力になること、積極的に考え行動して欲しいことなどを参加者に伝えました。参加者はその後「映画館で大地震に見舞われた、”そなエリア東京大学”の学生」という想定で、そなエリア東京の体験施設を使用して避難や、傷病者の避難支援、災害情報収集などを行いました。大学が開放している帰宅困難者避難スペースを想定した会議室に移動し、大学教職員役の宮崎事務局員から帰宅困難滞留時の注意点について説明がありました。

帰宅困難時の注意点確認・チームビルディング

次いで「大学の防災訓練指導に来ていた」想定の警視庁警備部災害対策課特殊救助隊の隊員から、被災地支援活動についての体験や活動上の注意点、傷病者の搬送法や応急救助の方法について指導を受けました。特殊救助隊の隊員からは「活動中の隊員はどうしても目の前の作業に集中しなければならず、周りが見えなくなることもある。安全管理を担当する隊員が付くことが重要」といったお話もいただきました。

特殊救助隊員の説明を受けた後、参加学生は4つのチームに分かれ「持ち物・知識・経験」や「72時間の大学滞留で必要なもの・こと」、「配慮が必要な方にできる支援」などを話し合いました。

「自ら考え行動する」、トイレ・食事・寝床づくり

以降のプログラムは、手順や時間配分など全て各チームのリーダーの判断により行われました。まず、使用できるスペースを確認して「どこを、どのように使うか」を全員で話し合って決めた後、大学の備蓄倉庫を想定した倉庫から段ボール箱や毛布、非常食や飲料水などを全員で協力して取り出しました。人数などを考慮してトイレ班・食事班・寝床班に分かれ、それぞれが作業を行いました。

夜には当日取材に来ていたテレビ局のニュースでイベントが紹介されることを知り、テレビの前に参加者が集まるようすも見られました。自分たちの姿がテレビに映ると「おおっ!」という歓声があがり、拍手が起こりました。同行していたメディア関係者からは「東日本大震災後の避難所では、スポーツイベントの番組に避難者が釘付けになって応援しているのを見て、スポーツの力はすごいと感じました。被災映像ばかりでは疲れてしまいますから、こういう場面も大事ですね」といったお話もありました。

深夜に地震・火災発生、要配慮者の避難支援

停電を想定した午前0時の消灯から約2時間後、警視庁による緊急放送で地震と火災発生のアナウンスが行われ、参加学生はすぐに出入り口付近まで避難しました。また、その際は一緒に就寝していた要配慮者(聴覚障害者)役の警視庁職員の避難誘導を支援しました。

朝食と清掃、行動計画の検討

リーダーを中心に起床時間を6時とし、参加学生は朝食づくりや使用した資機材の撤収、清掃などを行いました。午前8時からは今回想定する地震に関する被害情報や、警視庁からの交通情報、会場周辺のハザードマップなどを元にチーム毎に「もし実際に被災しているとしたら、今日は何をして過ごすか」をテーマに行動計画を検討しました。

災害情報の収集・伝達訓練

翌朝9時からは、「そなエリア東京大学」周辺で起きている様々な課題の解決を、無線機を用いた災害情報収集伝達によって支援するという訓練を行いました。各チームに警視庁職員が付き、災害情報が記載されたカードをやりとりする『災害情報収集・伝達とコミュニケーション演習-DICE(ダイス)-』を用いて、情報収集・伝達や適切なコミュニケーション、無線機の使い方などを学びました。

まとめ

訓練終了後、参加した学生全員から一言ずつ感想を述べてもらいました。リーダーを経験した学生からは「流れでリーダーになっていたが、自分ひとりではどうすることもできなかった。周りのみんなが支えてくれたり、自分たちで積極的に行動してくれたので、やり遂げることができた」といった感想がありました。警視庁からは「警視庁としても初めての訓練なので不安もあったが、学生の皆さんがこんなに大勢参加してくれて、また指示を待つことなく自ら考え行動する姿を見て、とても嬉しい。ぜひ今後とも皆さんとはつながっていきたい。」といったお話をいただきました。

本イベントの各種プログラム内容の注意点や、参加学生に対する個別のアドバイス、参加学生から出てきた質問や意見等については別途レポートにまとめています。ご希望の方はお問い合わせフォームからお知らせください。

警視庁初の学生向け宿泊防災イベントの企画運営・指導に協力

2017年度大学での「災害救援ボランティア講座」日程一覧(一般公開あり)

関連記事

  1. セミナー内容のまとめ

    大学生・教職員向けオンラインミーティング(セミナ…

    2020年7月1日夜、大学生・教職員向けオンラインミーティング(セミナー)…

  2. 震災支援チャリティイベントで親子向け防災ワークシ…

    2016年5月7日、8日、お台場で熊本・大分地震チャリティイベントが開催さ…

  3. 4市社協合同災害VC運営訓練を実施[新座市他]

    本日は新座市社会福祉協議会さんのご依頼で「災害ボランティアセンター運営訓…

  4. 災害ボランティアセンターのニーズ受付訓練に防災教…

    都内社協さんで「災害ボランティアセンター(以下「VC」)協力ボランティア体…

  5. 大学と学生の力を帰宅困難者対策へ!大学における宿…

    ※2019年1月7日付け東京新聞朝刊社会面で、本訓練の様子が紹介されました。…

  6. 【終了】首都圏第110期・立教大学第16回災害救…

    ☆募集は終了しました。立教大学ボランティアセンターで第16回目(16年目…

  7. “近く”の災害ボランティ…

    先日の成蹊大学での災害ボランティア入門講座の冒頭で「あなたにとって災害ボラン…

  8. 中央大学特殊講義「Global HealthⅡ」…

    本記事は中央大学総合政策学部特殊講義「Global HealthⅡ」〜…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP