menu

豪雨と警報・注意報について

豪雨と各種警報についての紹介です。

※この記事は2014年9月11日に作成されました。平成31(2019年)に新たに「警戒レベル」が追加されましたので 防災気象情報と警戒レベル(気象庁HP) もチェックしてください。

20140629-153227-10
こんな雲には要注意

☆気象庁による警報・注意報発令基準はこちら。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kijun/index.html

☆気象庁による特別警報についてはこちら。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tokubetsu-keiho/index.html

☆内閣府による避難準備情報等についてはこちら。
http://www.bousai.go.jp/kaigirep/chousakai/saigaijihinan/4/pdf/sankoushiryou_2.pdf

=====

台風や大雨など、何かと気がかりなニュースも多いこの頃です。今日は”豪雨”について少しご紹介します。

▼定義

気象庁によれば、豪雨は雨の強さに関する用語です。「著しい災害が発生した顕著な大雨現象」とのことです。

▼結局、どれくらいの雨なの?

ざっくり言えば「1時間あたりの雨量が50mm」を超えたら”豪雨”と考えてよいでしょう。その根拠は、全国の地方自治体が雨量の上限を時間あたり50mmで想定しているからです(一部の自治体では60mm以上になっています)。下水設備その他はこの想定に基づくため、時間あたりの雨量が50mmを超えた場合は被害が出る可能性が高くなります。

道路や家屋に浸水が始まれば、少なからず被害を受ける方がいます。例えそれが限定された地域でも、その方にとっては「著しい災害」でしょう。

▼時間雨量なんて分かりません

確かに、外に出ていたらいちいち時間雨量なんか調べてられませんね。「傘がまったく役に立たず、水しぶきで白っぽく見える」くらいの降り方だと時間あたり50mm以上と考えられます。その降り方が30分~1時間続いたとしたら、どこかで被害が出る可能性があります。

▼本当に被害がでるの?に対する経験則

豪雨による被害は地理や建物の構造、その他に影響されますので、1時間に50mm以上降っていたら必ず被害が出る、とは言い切れません。これは水害被災地での経験則ですが「時間雨量80mm以上ならどこかで被害が出るだろう」というのがひとつのラインです。80mm以上の雨量であれば、特にこれまで水害による被害があったような場所は、被害が出る可能性がより高くなります。

▼どうしたらいいの?を「防災思考」でひもとく

では、もしあなたが過去に水害の被害がある地域にいて、時間雨量80mm以上の豪雨が降っている、としましょう。逃げられなくなる前にいち早く避難しなさい、ということもあるでしょうし、豪雨を認識してからの避難は危険だから、家の2階等に留まったほうがいいということもあります。

どちらも正しい場合があります。なので、単純に専門家や本に書いてあることを実行するのではなく「考えて」みましょう。

考えるポイントは次の5つです。
なお、避難準備情報、避難勧告や避難指示が出ている場合は、それに従ってください。

【内閣府 避難準備情報について】
http://www.bousai.go.jp/kaigirep/chousakai/saigaijihinan/4/pdf/sankoushiryou_2.pdf

① 注意報、警報が発表されているか。

→ 発表されていたら「いつ被害が起きてもおかしくない」と体と気持ちを引き締めて。

② ここは、浸水、崖崩れ等の可能性があるか

→ 地下、窪地、川、山肌の近くなど。

③ 安全な場所(2階以上の高所)はどこか。

→ 自宅2階以上、高台や高い建物、山肌から離れた場所など。

④ 降り始めてからどれくらい時間が経ったか。

→ 降り始めから数時間以上経過していたら、要注意

⑤ 避難する体力や装備はあるか。

→ 安全な場所まで行く自信があるか。

それぞれのポイントで「逃げるか」「留まるか」を判断してください。他でもない、あなたの命はあなたが責任を持たなければいけないことです。最終的には、自分で決めなければいけないことです。

・・・そんなこと言われてもわかんないよ!という方は、ぜひ引き続き、気長にこのブログを見ていただければと思います。少しずつ「命を守る」考え方が身に付けられるような記事を書いていきます。

災害ボランティア講座基礎編のお知らせ(2014.7.24@稲城市)

東京臨海広域防災公園・そなエリア東京と防災教育(7/25)

関連記事

  1. 避難所運営ゲーム(HUG)とニコロ・マキャベリの…

    イタリアはルネサンス期の政治思想家、ニコロ・マキャベリは、混沌とした時代…

  2. “気象”テーマの防災教育…

    2017年10月13日(金)、所属団体の一般社団法人防災教育普及協会 が防…

  3. 避難情報に”やさしい日本語̶…

    今回は「避難情報に"やさしい日本語を"」ということで、ご紹介させていただきま…

  4. 『避難行動訓練EVAG(イーバッグ)豪雨災害編』…

    防災関係サイトでの紹介等で、EVAGについてご存知の方も増えています。検索…

  5. 「気象」をテーマとした防災教育指導者育成研修会で…

    一般社団法人防災教育普及協会が主催する『第2期防災教育指導者育成セミナー』で…

  6. 学校防災管理や主体的な学びをキーワードに防災教育…

    2021年7月上旬、関東・東北の市区町村教育委員会のご依頼を受けて管理職(…

  7. 気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨、そ…

    気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨、その時どうする?」は、気象庁…

  8. 東京・有明で防災ゲーム体験会【イベント案内・報告…

    イベントレポート本イベントは2016年6月26日(日)に実施されました。…

こちらの記事もいかがですか?

  1. 防災体験学習のコーナー紹介
PAGE TOP