menu

総合文化施設で中学生と地域住民が一体となって防災体験学習

地域の公共施設と中学校が連携したプログラムです


那須塩原ハロープラザ主催「防災フェスタ」で、隣接する中学校と地域住民の方が参加する講義・演習、防災体験学習を担当させていただきました。

講義・演習では、同施設や中学校が避難所となることを想定して、これまでの災害の教訓や、避難所運営における課題などを紹介しました。

演習では「避難所運営ゲーム(HUG)」を、実際の施設の間取り図を用いて行いました。体験学習では、避難者の受け入れを想定した応急的なベッドづくりなどを行いました。

社会福祉協議会職員を対象に災害ボランティア本部訓練

災害ボランティアセンターのニーズ受付訓練に防災教材を活用

関連記事

  1. 中学校社会科授業で生徒が地域防災について意見提案…

    2018年2月15日(木)、墨田区立両国中学校の社会科授…

  2. 中学校で先生による「災害想像力を高める」ワークシ…

    本日は都内の中学校にお伺いして 「災害時、中学生にでき…

  3. 【終了】第2期防災教育指導者育成セミナー気象編(…

    所属団体で防災教育に関心のある方向けのセミナーが開催されます。どなたでも参加…

  4. 都内保育園の新人研修で災害時の課題と解決策を発見…

    都内の社会福祉法人が運営する保育園の新入職員研修を担当しました。冒頭に園…

  5. 新潟県『防災教育コーディネーター養成塾(H29年…

    新潟県での養成塾と、東京でのアレンジ版2017年2月12日(日)、26日…

  6. 発達障がい児者支援NPO主催の防災講演&…

    ※報告記事を作成しました。併せてご覧ください。2017年6…

  7. 【終了】TOA音の防災シアター「カンカン塔のみは…

    このイベントは終了しました。イベントレポートは下記の記事をご覧く…

  8. 埼玉県内コミュニティスクール指定校で教員と住民の…

    埼玉県から「コミュニティスクール」として指定されている、本庄市内の中学校職員…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP