menu

総合文化施設で中学生と地域住民が一体となって防災体験学習

地域の公共施設と中学校が連携したプログラムです


那須塩原ハロープラザ主催「防災フェスタ」で、隣接する中学校と地域住民の方が参加する講義・演習、防災体験学習を担当させていただきました。

講義・演習では、同施設や中学校が避難所となることを想定して、これまでの災害の教訓や、避難所運営における課題などを紹介しました。

演習では「避難所運営ゲーム(HUG)」を、実際の施設の間取り図を用いて行いました。体験学習では、避難者の受け入れを想定した応急的なベッドづくりなどを行いました。

社会福祉協議会職員を対象に災害ボランティア本部訓練

災害ボランティアセンターのニーズ受付訓練に防災教材を活用

関連記事

  1. プリントだけで防災教育シリーズ『次世代防災会議ワ…

    2018年3月11日付けで掲載いただいた読売新聞記事「次…

  2. プリントだけで防災教育シリーズ『災害時のコミュニ…

    この教材は内閣府(防災担当)ホームページでも紹介されている災害対応カードゲ…

  3. 在宅避難・車中泊の知恵袋~おうちでサバイバル7つ…

    ※令和元年台風19号の接近に伴い記事内容を更新しました。まずは地震…

  4. 防災体験学習のコーナー紹介

    『20分で指導・体験可能な防災体験プログラム集』…

    新型コロナウィルス感染拡大防止対策のため、筆者がご縁のある都立高校も臨時休…

  5. 社会教育セミナーで避難所運営をテーマに図上演習|…

    2017年11月17日(水)、群馬県生涯学習センターが主催する「平成29年度…

  6. 避難所運営ゲーム(HUG)研修・授業実施のポイン…

    本記事は静岡県が開発した教材「避難所(H)運営(U)ゲーム(G)」を用いた…

  7. 気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨 そ…

    外国人や留学生も安全に避難できるように気象庁では、適切な防災気象情…

  8. 発達障がい児者支援NPO主催の防災講演&…

    ※報告記事を作成しました。併せてご覧ください。2017年6…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP