menu

総合文化施設で中学生と地域住民が一体となって防災体験学習

地域の公共施設と中学校が連携したプログラムです


那須塩原ハロープラザ主催「防災フェスタ」で、隣接する中学校と地域住民の方が参加する講義・演習、防災体験学習を担当させていただきました。

講義・演習では、同施設や中学校が避難所となることを想定して、これまでの災害の教訓や、避難所運営における課題などを紹介しました。

演習では「避難所運営ゲーム(HUG)」を、実際の施設の間取り図を用いて行いました。体験学習では、避難者の受け入れを想定した応急的なベッドづくりなどを行いました。

社会福祉協議会職員を対象に災害ボランティア本部訓練

災害ボランティアセンターのニーズ受付訓練に防災教材を活用

関連記事

  1. 児童館職員研修で乳幼児と保護者の防災対策と災害支…

    板橋区主催の児童館職員研修で「乳幼児と保護者の目線に立った児童館の防災対策…

  2. 都立高校で1年生対象の防災講話

    毎年恒例となっている、都立小平高校1年生を対象とした防災講話を担当しました。…

  3. 【イベント】防災がっこう2019~風水害等から命…

    NPO法人コドモ・ワカモノ・まちing主催のイベントが2019年12月22…

  4. EDUPEDIAと考えた「これからの防災教育」2…

    ※過去記事をリニューアルしました。本記事では2015…

  5. 中学校2年生の社会科野外調査で地域防災キーワード…

    一日で全クラスの野外調査に同行、アドバイス墨田区内の中学…

  6. 【締切】養護教諭の皆さまを対象とした災害対応・防…

    締切と御礼、結果について本アンケート調査は2016年7月25日に締め切り…

  7. 中学校社会科授業で生徒が地域防災について意見提案…

    2018年2月15日(木)、墨田区立両国中学校の社会科授…

  8. 中学校で災害食とトイレの体験学習、被災「それから…

    災害は「その時」、被災は「それから」という防災教育の視点…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP