menu

総合文化施設で中学生と地域住民が一体となって防災体験学習

地域の公共施設と中学校が連携したプログラムです


那須塩原ハロープラザ主催「防災フェスタ」で、隣接する中学校と地域住民の方が参加する講義・演習、防災体験学習を担当させていただきました。

講義・演習では、同施設や中学校が避難所となることを想定して、これまでの災害の教訓や、避難所運営における課題などを紹介しました。

演習では「避難所運営ゲーム(HUG)」を、実際の施設の間取り図を用いて行いました。体験学習では、避難者の受け入れを想定した応急的なベッドづくりなどを行いました。

社会福祉協議会職員を対象に災害ボランティア本部訓練

災害ボランティアセンターのニーズ受付訓練に防災教材を活用

関連記事

  1. 地元杉並区内中学校のPTA役員研修会で避難所運営…

    杉並区の"避難所"と"震災救援所"について本日は地元杉並区の中学校で、P…

  2. 都立高校「防災学」授業実践ノート第1回~生徒との…

    平成29年(2017年)10月から、昼夜間定時制都立高校で総合科目「防災学」…

  3. いろんな防災ゲームで防災をもっと身近に【防災がっ…

      2018年12月23日(日)、東京臨海広域防災公園で、NPO法…

  4. 防災教育はもっとラフに議論されてもいい

    阪神・淡路大震災から20年目となる昨日は、早稲田大学国際会議場にて教師教…

  5. 防災体験学習のコーナー紹介

    『20分で指導・体験可能な防災体験プログラム集』…

    新型コロナウィルス感染拡大防止対策のため、筆者がご縁のある都立高校も臨時休…

  6. 学校防災における「防災教育」と「防災管理」

    本日は 全国公立高等学校事務職員協会 さんの研修会でした。…

  7. 中学校社会科授業で生徒が地域防災について意見提案…

    2018年2月15日(木)、墨田区立両国中学校の社会科授…

  8. 特別支援学校PTAと児童が避難生活体験学習

    体験から得られるものを大切にして茨城県内の特別支援学校で…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP