menu

防災教育ツールを活用して被災された方のニーズを考える|都内社協

都内の社会福祉協議会主催「災害ボランティアセンター協力ボランティア体験」を担当させていただきました。同社協さんでの研修は5年以上になりますが、今回は防災教育ツール「目黒巻(下記記事参照)」を用いて行いました。一般的な「災害ボランティアセンター」体験会は、災害ボランティアセンターの開設や、ニーズ受付、ボランティア送り出しといった「運営側」の視点に立つものですが、本研修では「被災された側」の視点に立つ災害ボランティアセンター体験としました。

具体的には、市のハザードマップを用いて、特定のエリアに居住されている「仮想の被災者」を設定します。性別、年齢、生活環境、家族構成などがすべて異なる方々を各班に振り分け「目黒巻」を使って被災から1日~数ヶ月間程度に必要と思われる支援や課題を考えてもらいました。その後、目黒巻で抽出された支援や課題を付箋紙で整理し、災害ボランティアセンターで支援できることなのか、他の団体につないだほうがよいことのなのかを振り分けてもらいました[写真]。

Untitled

第1回目となる今回はここまでで終了し、次回は「災害ボランティアセンターにできること」=「被災された方のニーズ(要望)」を、実際にボランティア要請票に書き起こし、現地巡回(活動現場を事前にチェックする)で必要なことを確認するという体験を行います。

豪雨被災地で「避難行動訓練EVAG豪雨災害編」を活用、自助共助を学ぶ|関市

セーフスクール認証中学校で全校一斉の防災プログラム|豊島区

関連記事

  1. 都立高校で防災講話、同校では8年目に

    練馬区にある都立練馬高校での防災講話を担当しました。同校での防災講話や防災体…

  2. 都内社協で災害ボランティアセンター開設プレ訓練

    豊島区民社会福祉協議会による「災害ボランティアセンター開設プレ訓練」の指導・…

  3. 都立高校で1年生対象の防災講話

    毎年恒例となっている、都立小平高校1年生を対象とした防災講話を担当しました。…

  4. 乳幼児,児童生徒,保護者と地域住民が一緒に避難生…

    稲城市立iプラザで、避難生活をテーマとしたワークショップを行いました。ワーク…

  5. 公共施設館長会で災害対応研修、指定管理者の特性を…

    首都圏を中心とする東日本地域の公共施設館長を対象とした研修会で「公の施設の…

  6. セーフスクール認証中学校で全校一斉の防災プログラ…

    2018年2月に安全な学校づくりに取り組んでいることを認める ISS(Int…

  7. 神奈川県で教員研修、模擬授業で防災教育の要点体験…

    (この研修は7月4日と21日に実施しました)神奈川県安全防災局と県教育委…

  8. 県教委研修で”明日から使えるR…

    神奈川県教育委員会教育局・湘南三浦教育事務所主催の教員研修会で、「明日から…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP