menu

フレッシャーズ講座(2018)で災害と他者理解をテーマにワークショップ|成蹊大学

2016年、2017年と引き続き、2018年6月30日と7月5日の2日間に渡り、成蹊大学で「フレッシャーズ講座 災害と他者理解」を担当させていただきました。同講座は全1年生を対象とした必修講座で、全体で約2,000名の学生が受講します。

被災された方の気持ちを考えるためのワークショップを用いて、他者との関わり方や防災の必要性について話し合ってもらいました。

【ブログ関連記事】

【教材】傾聴・他者理解を学ぶ災害支援講座|上智大

警視庁災害対策課と都内大学生向けに宿泊訓練を実施

プリントだけで防災教育シリーズ『次世代防災会議ワークショップ(協力:読売新聞社)』

関連記事

  1. 2017年活動実績

    2017年活動サマリー2017年は、後半から都立高校「防災学」の授業が加わ…

  2. 介護付有料老人ホーム施設職員を対象に研修、ロール…

    2017年9月16日(土)、株式会社ベネッセスタイルケア 主催の人材育成研修…

  3. 乳幼児,児童生徒,保護者と地域住民が一緒に避難生…

    稲城市立iプラザで、避難生活をテーマとしたワークショップを行いました。ワーク…

  4. 都内社会福祉協議会で災害対応初動訓練を行いました…

    西東京市社会福祉協議会正規職員の方々を対象に、災害発生当日(…

  5. 「次世代防災会議ワークショップ」が紹介されました…

    2018年6月1日(金)、都立葛西南高校宿泊防災訓練の一環で…

  6. 災害ボランティアスキルアップ講座で、水害支援活動…

    都内社協(社会福祉協議会)さんからのご依頼で、水害ボランティアをテーマとした…

  7. 大学・学生団体間連携企画「防災グッズプレゼンバト…

    ※本記事は2014年8月26日に実施・公開したイベント報…

  8. ニーズ受付とマッチングに特化した災害ボラセン運営…

    多摩市社会福祉協議会主催の「災害ボランティアセンター運営ロールプレイング」の…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP