menu

フレッシャーズ講座(2018)で災害と他者理解をテーマにワークショップ|成蹊大学

大学での新入生対象講座で実施

2016年、2017年と引き続き、2018年6月30日と7月5日の2日間に渡り、成蹊大学で「フレッシャーズ講座 災害と他者理解」を担当させていただきました。同講座は全1年生を対象とした必修講座で、全体で約2,000名の学生が受講しています。

被災された方の気持ちを考えるためのワークショップを用いて、他者との関わり方や防災の必要性について話し合ってもらいました。

詳しいプログラムについては下記をご参照ください。

 

警視庁災害対策課と都内大学生向けに宿泊訓練を実施

プリントだけで防災教育シリーズ『次世代防災会議ワークショップ(協力:読売新聞社)』

関連記事

  1. 都内社協で災害ボラセン市民スタッフ養成講座を担当…

    東久留米市社会福祉協議会が主催する『災害ボランティアセンター市民スタッフ養成…

  2. コープ共済で職員研修、応急手当を実技指導

    日本コープ共済生活協同組合連合会主催の職員研修で、心肺蘇生法及びAED操法や…

  3. 結核予防会「災害時支援協力者研修」で広域支援派遣…

    2017年12月13日(水)、結核予防会(本部:東京都千代田…

  4. セーフスクール認証準備校で防災知識を学ぶカードゲ…

    豊島区立池袋中学校で、防災教育教材『防災用語をカードで楽しく覚えよう!』の東…

  5. 特別支援学校PTAと児童が避難生活体験学習

    体験から得られるものを大切にして茨城県内の特別支援学校で…

  6. 大学・学生団体間連携企画「防災グッズプレゼンバト…

    ※本記事は2014年8月26日に実施・公開したイベント報…

  7. 学生による防災教育教材等開発プロジェクトで特別講…

    女子美術大学「プロジェクト&コラボレーション演習(※学生自身が防災…

  8. 埼玉県内コミュニティスクール指定校で教員と住民の…

    埼玉県から「コミュニティスクール」として指定されている、本庄市内の中学校職員…

こちらの記事もいかがですか?

  1. ブログタイトルと避難所体験
PAGE TOP