menu

警視庁災害対策課と都内大学生向けに宿泊訓練を実施

 

2017年に引き続き、東京都江東区にある「国営・都立東京臨海広域防災公園」を会場に、警視庁警備部災害対策課と大学生を対象とした「一泊サバイバル体験」を実施しました。同訓練は大学生が災害時に自らの安全・安心を確保したうえで、可能な限り周囲の支援に携わることができるようになることを目的とし、発災から24時間程度を想定し、安全管理上可能なかぎり実戦的に行いました。実施レポートは下記をクリックするとPDF形式で閲覧・ダウンロードできます。

警視庁警備部災害対策課大学生一泊サバイバル体験実施レポート

Untitled

災害ボランティアスキルアップ講座で、水害支援活動の流れや資機材を紹介 | 都内社協

フレッシャーズ講座(2018)で災害と他者理解をテーマにワークショップ|成蹊大学

関連記事

  1. 激甚災害発生時の組織対応と災害情報の収集・伝達

    「激甚災害(げきじんさいがい)」とは、1962(昭和32)年に成立した 『…

  2. 大阪府の支援学校で地区防災計画ワークショップに参…

    内閣府(防災担当)が推進している『地区防災計画』のモデル事業として、大阪府の…

  3. 2019年活動実績

    活動実績表の使い方左上欄で表示数を変更できます。No.をク…

  4. 都内大学で三角巾・傷病者管理の実技指導

    跡見学園女子大学(文京区)で、三角巾を用いた応急処置と毛布を使った搬送法、傷…

  5. 【終了】東京大学地震研究所で「災害救援ボランティ…

    ※このイベントは終了しました災害救援ボランティア推進委員会主催・東京…

  6. 国際セーフスクール認証を目指し、中学生と地域住民…

    2017年12月14日(木)、豊島区立池袋中学校で全生徒と地域住民、PTA…

  7. 福祉専門職による災害支援体制づくりへ、東京社会福…

    社福士による災害支援体制作りに向けて  2015年7月…

  8. セミナー内容のまとめ

    2020年活動実績

    活動実績表の使い方左上欄で表示数を変更できます。No.をク…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP