menu

明治大学第20回ホームカミングデーで防災キッズワークショップを実施

2017年10月22日(日)、明治大学駿河台キャンパスで行われた第20回ホームカミングデー内のプログラムで、防災キッズワークショップを担当しました。イベント概要については下記の記事をご覧ください。

5~10分程度で終わる短いワークショップ2種類を、合計約2時間にわたって来場した親子を対象に行いました。台風21号の影響による荒天にも関わらず、1~2歳の小さなお子さんから小学校高学年くらいの児童まで、40名ほどにご参加いただきました。ワークショップはこちらの記事でも紹介 している「うさぎ一家の防災グッズえらび」を幼児~低学年児童でも楽しめるようにアレンジしたものと、高齢者住まいる研究会 さんが考案した神経衰弱型の防災カードゲームをアレンジして行いました。

実施にあたっては、明治大学の学生ボランティアの方にサポーターとして協力していただきました。

参加した子どもたちは、うさぎの一家にどんなものが必要なのかそれぞれの意見を出し合いながら考えました。保護者から「おなかがすいたらこまるかな」、「ケガをしたらどうしたらいいかな」といったアドバイスを受けて考える子もいれば「お母さんは言わないで!自分でできるから!」と自主的に取り組む子もいて、様々な意見が出ていました。

「うさぎ一家の防災グッズえらび」は数多くの防災グッズのなかから10個しか選ぶことができないという制限があります。その場で集まった、年齢も発達段階も異なる子どもたちが「これはぜったいひつようだよ!」「えー、いらないよ!」「じゃあ、これをかえようか」など話し合いながら、防災グッズについて真剣に考える様子を、保護者も興味深そうに見学していました。

各グループ体験の最後には、参加した子どもたちへ「今日はうさぎ一家の防災グッズを考えてくれてありがとう!おうちに帰ったら、うさぎ一家に考えてくれたように、お父さんやお母さん、おじいちゃんおばあちゃんと防災グッズについて考えてみよう!」とコメントしました。

参加者には大学から記念品が配布され、保護者向けに防災グッズのチェックリストを配布しました。

 


 

防災イベントの主催者様、ご担当者様、講師や指導員の皆さまが短時間でも活用できるプログラムや教材も数多くご紹介・ご提案しています。時間配分や対象者、実施環境などをお知らせいただければ、活用できるプログラムや教材についてご案内させていただきますので、お気軽にお申し付けください。

埼玉県立高校で災害時対応教職員研修、避難所運営をテーマに

ニーズ受付とマッチングに特化した災害ボラセン運営訓練|多摩市

関連記事

  1. 災害ボランティアスキルアップ講座で、水害支援活動…

    都内社協(社会福祉協議会)さんからのご依頼で、水害ボランティアをテーマとした…

  2. 【終了】首都圏第110期・立教大学第16回災害救…

    ☆募集は終了しました。立教大学ボランティアセンターで第16回目(16年目…

  3. 都内社会福祉協議会で災害対応初動訓練を行いました…

    西東京市社会福祉協議会正規職員の方々を対象に、災害発生当日(…

  4. 大阪府の支援学校で地区防災計画ワークショップに参…

    内閣府(防災担当)が推進している『地区防災計画』のモデル事業として、大阪府の…

  5. 福祉施設の被災前後シミュレーションを実施|金沢市…

    石川県社会福祉協議会主催『災害時の相互支援ネットワーク研…

  6. 小中学校教員研修で模擬授業を通して理論と実践伝え…

    8月24日に東京都東村山市で約560名、翌25日は埼玉県加須市で約70名の小…

  7. 都立高校宿泊防災訓練で防災講話、防災の意味を伝え…

    都立府中西高校宿泊防災訓練で、防災講話を担当させていただきました。「防災って…

  8. 警視庁が学生向けの宿泊防災体験、都内大学での帰宅…

    警視庁が初めて実施した大学生向けの宿泊防災訓練についての直後のレポートです…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP