menu

明治大学第20回ホームカミングデーで防災キッズワークショップを実施

2017年10月22日(日)、明治大学駿河台キャンパスで行われた第20回ホームカミングデー内のプログラムで、防災キッズワークショップを担当しました。イベント概要については下記の記事をご覧ください。

5~10分程度で終わる短いワークショップ2種類を、合計約2時間にわたって来場した親子を対象に行いました。台風21号の影響による荒天にも関わらず、1~2歳の小さなお子さんから小学校高学年くらいの児童まで、40名ほどにご参加いただきました。ワークショップはこちらの記事でも紹介 している「うさぎ一家の防災グッズえらび」を幼児~低学年児童でも楽しめるようにアレンジしたものと、高齢者住まいる研究会 さんが考案した神経衰弱型の防災カードゲームをアレンジして行いました。

実施にあたっては、明治大学の学生ボランティアの方にサポーターとして協力していただきました。

参加した子どもたちは、うさぎの一家にどんなものが必要なのかそれぞれの意見を出し合いながら考えました。保護者から「おなかがすいたらこまるかな」、「ケガをしたらどうしたらいいかな」といったアドバイスを受けて考える子もいれば「お母さんは言わないで!自分でできるから!」と自主的に取り組む子もいて、様々な意見が出ていました。

「うさぎ一家の防災グッズえらび」は数多くの防災グッズのなかから10個しか選ぶことができないという制限があります。その場で集まった、年齢も発達段階も異なる子どもたちが「これはぜったいひつようだよ!」「えー、いらないよ!」「じゃあ、これをかえようか」など話し合いながら、防災グッズについて真剣に考える様子を、保護者も興味深そうに見学していました。

各グループ体験の最後には、参加した子どもたちへ「今日はうさぎ一家の防災グッズを考えてくれてありがとう!おうちに帰ったら、うさぎ一家に考えてくれたように、お父さんやお母さん、おじいちゃんおばあちゃんと防災グッズについて考えてみよう!」とコメントしました。

参加者には大学から記念品が配布され、保護者向けに防災グッズのチェックリストを配布しました。

 


 

防災イベントの主催者様、ご担当者様、講師や指導員の皆さまが短時間でも活用できるプログラムや教材も数多くご紹介・ご提案しています。時間配分や対象者、実施環境などをお知らせいただければ、活用できるプログラムや教材についてご案内させていただきますので、お気軽にお申し付けください。

埼玉県立高校で災害時対応教職員研修、避難所運営をテーマに

ニーズ受付とマッチングに特化した災害ボラセン運営訓練|多摩市

関連記事

  1. 災害時の食を学ぶ防災教室、幼児も参加

    母校の立正大学で『災害時の食とトイレ』をテーマとした防災教室を担当しました。…

  2. コープ共済で職員研修、応急手当を実技指導

    日本コープ共済生活協同組合連合会主催の職員研修で、心肺蘇生法及びAED操法や…

  3. 2019年活動実績

    活動実績表の使い方左上欄で表示数を変更できます。No.をク…

  4. 災害ボランティアセンター市民スタッフ講座で「詰将…

    東久留米市社会福祉協議会(以下「社協」)主催の第3回『災害ボランティアセンタ…

  5. 県域の自主防災アドバイザー研修会で教材体験とプロ…

    広島県消防保安課が主催する『自主防災アドバイザースキルアップ研修』で、防災教…

  6. 中央大学で復興支援につなげる防災講座

    (この記事は2014年8月8日に作成されました) …

  7. 【終了】警視庁警備部災害対策課主催「大学生向け一…

    ※このイベントは終了しました!2017年(第1期)、2018年(第…

  8. セミナー内容のまとめ

    大学生・教職員向けオンラインミーティング(セミナ…

    2020年7月1日夜、大学生・教職員向けオンラインミーティング(セミナー)…

こちらの記事もいかがですか?

  1. セミナー内容のまとめ
PAGE TOP