menu

埼玉県立高校で災害時対応教職員研修、避難所運営をテーマに

2017年10月19日、埼玉県立鳩山高校で災害時対応教職員研修を担当しました。避難所運営ゲーム(HUGハグ、詳しくは下記の記事を参照)を用いて、高校を避難所として開放する場合の対応について考えていただきました。高校周辺には小中学校がなく、またご高齢の方が多く居住されているということで「いちばん身近で安心できるところ」として高校が避難先になることも想定される場所です。多くの教職員が参加し、それぞれの班ごとに対応を協議しながら避難所運営について考えました。

すべての写真-15

また、研修に際しては、避難所運営と合わせて重要になる避難者の健康・体調管理などについて紹介した健学社「健康ふしぎ発見ニュース」2016年9月号、2017年9月号を掲出していただきました。

すべての写真-17

参考記事:

 

都立高校で防災体験学習に向けた事前学習

明治大学第20回ホームカミングデーで防災キッズワークショップを実施

関連記事

  1. 公務員志望学生向け防災講座[ワークシート/確認テ…

    本記事は「公務員・教員を志望する大学生」向けの防災特別講座資料とし…

  2. 特別支援学校で被災後の健康維持をテーマに体験学習…

    特別支援学校や盲学校、福祉施設等で児童生徒・利用者の特性に配慮しながら行う防…

  3. 「気象」をテーマとした防災教育指導者育成研修会で…

    一般社団法人防災教育普及協会が主催する『第2期防災教育指導者育成セミナー』で…

  4. プリントだけで防災教育シリーズ『避難誘導に協力し…

    2020年11月時点でダウンロードを再開しました。はじめに…

  5. 【終了】TOA音の防災シアター「カンカン塔のみは…

    このイベントは終了しました。イベントレポートは下記の記事をご覧く…

  6. 2014年活動のまとめ【計134日間/6,261…

    2014年の活動をまとめました。下記個人サイトにも掲載しています。…

  7. 施設を確認しながら行う避難所運営研修事例|杉並区…

    2018年3月、各地の公民館や地区センターなどで避難所運…

  8. 学生の帰宅困難・滞留を想定した宿泊訓練を実施|東…

    東洋大学白山キャンパスで、大学生や教職員が首都直下地震により帰宅困難・滞留す…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP