menu

大学で防災ボランティア講座、カードで学ぶ非常持出袋

成蹊大学ボランティア支援センター主催「大災害に備えて~これだけは知っておきたい7つのポイント」で講演・演習指導を担当させていただきました。当日のようすは大学ホームページ[外部リンク]でも紹介されていますので、併せてご覧ください。

準備・生存・回復という3つの段階、7つのステップに分けて防災対策の要点についてご紹介した後、神戸学院大学防災・社会貢献ユニット[外部リンク]が開発した『カードで学ぶ非常持出袋』を用いて、2人1組になって非常持出袋の中身を考えてもらいました。学生だけでなく地域の方々も参加されていたので、様々な視点から非常持出袋についての意見が出ました。

すべての写真-53
(数多くのカードの中から9つに選ぶとしたら・・・)

都内社協で災害ボランティアセンター開設プレ訓練

神奈川県で教員研修、模擬授業で防災教育の要点体験(2)

関連記事

  1. 結核予防会「災害時支援協力者研修」で広域支援派遣…

    2017年12月13日(水)、結核予防会(本部:東京都千代田…

  2. 介護付有料老人ホーム施設職員を対象に研修、ロール…

    2017年9月16日(土)、株式会社ベネッセスタイルケア 主催の人材育成研修…

  3. 2018年活動実績

    活動の概要2018年は、大阪府北部を震源とする地震、平成30年7月…

  4. 大学・学生と地域が連携した災害図上訓練DIGのポ…

    2018年5月12日(日)、法政大学Team Tama Acition Pr…

  5. 大学防災イベントでワークショップ、留学生が参加|…

    2018年12月10日(月)~14日(金)まで、青山学院大学で『防災ウィー…

  6. 「次世代防災会議ワークショップ」が紹介されました…

    2018年6月1日(金)、都立葛西南高校宿泊防災訓練の一環で…

  7. 法政大学チーム・オレンジ企画「要援護者体験(11…

    ※本記事の内容は法政大学ホームページより転載させていただきました。…

  8. 災害ボランティア講座で大学での災害初動対応を考え…

    明治大学主催「災害救援ボランティア講座」で『災害時のリーダーシップとチームビ…

こちらの記事もいかがですか?

  1. グループワークのようす
PAGE TOP