menu

大学で防災ボランティア講座、カードで学ぶ非常持出袋

成蹊大学ボランティア支援センター主催「大災害に備えて~これだけは知っておきたい7つのポイント」で講演・演習指導を担当させていただきました。当日のようすは大学ホームページ[外部リンク]でも紹介されていますので、併せてご覧ください。

準備・生存・回復という3つの段階、7つのステップに分けて防災対策の要点についてご紹介した後、神戸学院大学防災・社会貢献ユニット[外部リンク]が開発した『カードで学ぶ非常持出袋』を用いて、2人1組になって非常持出袋の中身を考えてもらいました。学生だけでなく地域の方々も参加されていたので、様々な視点から非常持出袋についての意見が出ました。

すべての写真-53
(数多くのカードの中から9つに選ぶとしたら・・・)

都内社協で災害ボランティアセンター開設プレ訓練

神奈川県で教員研修、模擬授業で防災教育の要点体験(2)

関連記事

  1. コミュニティ・スクールを通じた災害に強い地域の輪…

    埼玉県立総合教育センターが例年実施している「災害に強い地域の輪づくり講座」を…

  2. 学生による防災教育教材等開発プロジェクトで特別講…

    女子美術大学「プロジェクト&コラボレーション演習(※学生自身が防災…

  3. 大学と社会福祉協議会共催講座で『災害ボランティア…

    2017年12月16日(土)、熊谷市社会福祉協議会・立正大学…

  4. フレッシャーズ講座(2018)で災害と他者理解を…

    2016年、2017年と引き続き、2018年6月30日と7月5日の2日間に…

  5. 「総合的な学習の時間」単元づくりで防災教材・事例…

    千葉県八千代市内の小学校で、教育センター主催による「総合的な学習の時間」単元…

  6. 未来の命を守ろう!ワカモノ防災がっこう 12月1…

    2017年12月17日(日)、東京都江東区にある防災体験学習施設「そなエリア…

  7. 「次世代防災会議ワークショップ」が紹介されました…

    2018年6月1日(金)、都立葛西南高校宿泊防災訓練の一環で…

  8. 災害ボランティアスキルアップ講座で、水害支援活動…

    都内社協(社会福祉協議会)さんからのご依頼で、水害ボランティアをテーマとした…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP