menu

都内大学で被災疑似体験ワーク、他者理解のきっかけに

全新入生を対象とした講座でワークショップを行いました。

成蹊大学が実施する本年度のフレッシャーズ講座の一コマ、ボランティア活動支援センターの担当部分を、昨年度に引き続き担当させていただきました。第13回目、講座終盤となる今回のテーマは『災害と他者理解』ということで、被災地や被災された方とのコミュニケーションのあり方を通じて考えてもらいました。

実際に被災した当時中学生の言葉を読み解き、自分なりにその理由を考えるワークや、みえ防災市民会議が公開している 『被災』疑似体験ワーク(SaTa-Sen) を元にワークショップを実施し「被災された方の気持ちを考えるうえで、大切なポイントは何か」という問いかけについて考えてもらいました。

詳しくは後日、ブログで紹介させていただく予定です。

災害ボランティアセンター市民スタッフ講座で「詰将棋」型の課題解決

凸凹さん(発達障害児・者)の防災対策~特性を活かした備えで孤立を防ぐ~

関連記事

  1. 結核予防会「災害時支援協力者研修」で広域支援派遣…

    2017年12月13日(水)、結核予防会(本部:東京都千代田…

  2. 災害ボランティアセンター市民スタッフ養成講座でニ…

    都内の社会福祉協議会(社協)主催の『災害ボランティアセンター市民スタッフ養…

  3. 介護付有料老人ホーム施設職員を対象に研修、ロール…

    2017年9月16日(土)、株式会社ベネッセスタイルケア 主催の人材育成研修…

  4. 2018年活動実績

    活動の概要2018年は、大阪府北部を震源とする地震、平成30年7月…

  5. 大学・学生と地域が連携した災害図上訓練DIGのポ…

    2018年5月12日(日)、法政大学Team Tama Acition Pr…

  6. 大学防災イベントでワークショップ、留学生が参加|…

    2018年12月10日(月)~14日(金)まで、青山学院大学で『防災ウィー…

  7. 「次世代防災会議ワークショップ」が紹介されました…

    2018年6月1日(金)、都立葛西南高校宿泊防災訓練の一環で…

  8. 法政大学チーム・オレンジ企画「要援護者体験(11…

    ※本記事の内容は法政大学ホームページより転載させていただきました。…

こちらの記事もいかがですか?

  1. グループワークのようす
PAGE TOP