menu

都内大学で被災疑似体験ワーク、他者理解のきっかけに

成蹊大学が実施するフレッシャーズ講座の一コマ、ボランティア活動支援センターの担当部分を、昨年度に引き続き担当させていただきました。フレッシャーズ講座については こちら をご覧ください。第13回目、講座終盤となる今回のテーマは『災害と他者理解』ということで、被災地や被災された方とのコミュニケーションのあり方を通じて考えてもらいました。

実際に被災した当時中学生の言葉を読み解き、自分なりにその理由を考えるワークや、みえ防災市民会議が公開している 『被災』疑似体験ワーク(SaTa-Sen) をアレンジしたワークを実施し「被災された方の気持ちを考えるうえで、大切なポイントは何か」という問いかけについて考えてもらいました。

詳しくは後日、ブログで紹介させていただく予定です。

災害ボランティアセンター市民スタッフ講座で「詰将棋」型の課題解決

凸凹さん(発達障害児・者)の防災対策~特性を活かした備えで孤立を防ぐ~

関連記事

  1. そなエリア東京で防災教育体験ワークショップを実施…

    国営・都立東京臨海広域防災公園を会場に防災教育体験セミナーを実施しました。こ…

  2. 市民防災講座で豪雨避難行動を考える防災ゲーム「E…

    稲城市社会福祉協議会(以下「社協」)主催「防災学習講座~みんなで考える防災…

  3. 災害救援ボランティア講座の10年と大学への普及

    【サマリー】筆者が東京地区(大学)での災害救援ボランティア講座(主…

  4. 埼玉県内労働組合で災害時の組織活動について講義演…

    埼玉県内の労働組合の執行委員の皆さまを対象に『激甚災害発生時の組織活動と災害…

  5. 中学校が家庭・地域教育活性化会議と共催で防災講演…

    2017年9月23日(土)、大和市立鶴間中学校で土曜授業参観と、防災講演会が…

  6. 職員対象に大学における避難者・帰宅困難者対応図上…

    東北学院大学土樋キャンパス(宮城県仙台市)で、関東・関西等の大学教職員およ…

  7. 災害ボランティア活動の事前説明(オリエンテーショ…

    ※記事内容の一部を、令和元年台風19号版から、2020年版に更新しました。…

  8. 「気象」をテーマとした防災教育指導者育成研修会で…

    一般社団法人防災教育普及協会が主催する『第2期防災教育指導者育成セミナー』で…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP