menu

都内大学で被災疑似体験ワーク、他者理解のきっかけに

成蹊大学が実施するフレッシャーズ講座の一コマ、ボランティア活動支援センターの担当部分を、昨年度に引き続き担当させていただきました。フレッシャーズ講座については こちら をご覧ください。第13回目、講座終盤となる今回のテーマは『災害と他者理解』ということで、被災地や被災された方とのコミュニケーションのあり方を通じて考えてもらいました。

実際に被災した当時中学生の言葉を読み解き、自分なりにその理由を考えるワークや、みえ防災市民会議が公開している 『被災』疑似体験ワーク(SaTa-Sen) をアレンジしたワークを実施し「被災された方の気持ちを考えるうえで、大切なポイントは何か」という問いかけについて考えてもらいました。

詳しくは後日、ブログで紹介させていただく予定です。

災害ボランティアセンター市民スタッフ講座で「詰将棋」型の課題解決

凸凹さん(発達障害児・者)の防災対策~特性を活かした備えで孤立を防ぐ~

関連記事

  1. 上智大学・法政大学での防災教育訓練、学生による心…

    1 上智大学で防災講演会(12/5) 上智大学さんでは…

  2. ブログタイトルバック写真

    市町村職員向け集合研修で防災ゲームを個人型にアレ…

    本年度で3期目となる、埼玉県内の市町村職員を対象とした研修会を担当させてい…

  3. 中央大学特殊講義「Global HealthⅡ」…

    本記事は中央大学総合政策学部特殊講義「Global HealthⅡ」〜…

  4. 公共施設館長会で災害対応研修、指定管理者の特性を…

    首都圏を中心とする東日本地域の公共施設館長を対象とした研修会で「公の施設の…

  5. 特別支援学校PTAと児童が避難生活体験学習

    体験から得られるものを大切にして茨城県内の特別支援学校で…

  6. 大学・学生と地域が連携した災害図上訓練DIGのポ…

    2018年5月12日(日)、法政大学Team Tama Acition Pr…

  7. 災害ボランティア希望者を対象に防災ゲーム体験会、…

    実施概要豊島区民社会福祉協議会(以下「社協」)さんの依頼…

  8. 大学と地域が連携して防災啓発講座|聖学院大学

    聖学院大学(埼玉県)で近隣住民と大学が連携して行う防災…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP