menu

都内大学で被災疑似体験ワーク、他者理解のきっかけに

全新入生を対象とした講座でワークショップを行いました。

成蹊大学が実施する本年度のフレッシャーズ講座の一コマ、ボランティア活動支援センターの担当部分を、昨年度に引き続き担当させていただきました。第13回目、講座終盤となる今回のテーマは『災害と他者理解』ということで、被災地や被災された方とのコミュニケーションのあり方を通じて考えてもらいました。

実際に被災した当時中学生の言葉を読み解き、自分なりにその理由を考えるワークや、みえ防災市民会議が公開している 『被災』疑似体験ワーク(SaTa-Sen) を元にワークショップを実施し「被災された方の気持ちを考えるうえで、大切なポイントは何か」という問いかけについて考えてもらいました。

詳しくは後日、ブログで紹介させていただく予定です。

災害ボランティアセンター市民スタッフ講座で「詰将棋」型の課題解決

凸凹さん(発達障害児・者)の防災対策~特性を活かした備えで孤立を防ぐ~

関連記事

  1. 中学校2年生の社会科野外調査で地域防災キーワード…

    一日で全クラスの野外調査に同行、アドバイス墨田区内の中学…

  2. 盲学校で防災体験学習、帰宅困難時の対応学ぶ

    2017年9月29日(金)、都立文京盲学校で防災体験学習を行いました。都立高…

  3. 【教材】災害情報とコミュニケーション演習-DIC…

    2014年公開の記事を編集して再公開しました。教材セットもダウンロードでき…

  4. 210706スペース告知

    防災や災害支援に取り組む大学生にお話を聞きました…

    Twitterの音声チャット機能「スペース」を使って防災や災害支援に取り組…

  5. 中央大学特殊講義「Global HealthⅡ」…

    本記事は中央大学総合政策学部特殊講義「Global HealthⅡ」〜…

  6. 激甚災害発生時の組織対応と災害情報の収集・伝達

    「激甚災害(げきじんさいがい)」とは、1962(昭和32)年に成立した 『…

  7. 防災キャンプイメージ

    コロナ禍の大学における学生主導型宿泊訓練~大学と…

    2020年10月24日(土)から25日(日)にかけて、法政大学で「防災キャ…

  8. 震災支援チャリティイベントで親子向け防災ワークシ…

    2016年5月7日、8日、お台場で熊本・大分地震チャリティイベントが開催さ…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP