menu

防災や災害支援に取り組む大学生にお話を聞きました(1) 大東文化大学「STERA」

初回は大東文化大学東松山キャンパスで活動する「STERA」さんです。

Twitterの音声チャット機能「スペース」を使って防災や災害支援に取り組む大学生のお話を聞くオリジナル企画の第1回を2021年7月6日(火)21:00~実施しました。企画の構成等については「note」にまとめてありますので、興味のある方は合わせてご覧ください。

余談ですが、2021年7月時点でのTwitterスペースではブラウザからのホストやスピーカー参加には対応していないようです。今後は順次対応されるのではと思いますが、もしホストやスピーカー参加を検討されている方はご注意ください。

  

企画のきっかけ

本企画は大東文化大学で開催された「災害救援ボランティア講座」をきっかけにしてスタートしました。筆者が同講座の企画や講師を担当させていただき、STERAのメンバーの方も参加してくれました。そこでお話を聞いて、ラジオ配信などもされているということを知り、それならば、とご相談して実現しました。

講座については大東文化大学地域連携センターFacebookページでも紹介されています。

大東文化大学公認防災サークル「STERA」について

STERAさんの活動等については下記もご覧ください。

防災サークル「STERA」ホームページ
大東文化大学公認 防災サークル「STERA」Twitter
大東文化大学公認 防災サークル「STERA」ツイキャス

【後日談】

当日聞き忘れてしまった「団体の名前の由来」についてご回答いただいたので、追記しておきます。

「団体名の由来についてですが、防災を学ぶ学生が輝くようにとの願いを込めて星を意味するステラ(STERA)としています。マスコットキャラクターのすてらちゃんの髪色が黄色く、星型の髪飾りをつけているのも星繋がりです。」とのことでした。素敵な由来ですね!

すてらちゃんについては、こちらのブログにもホームページの画像をお借りして紹介していますので、ぜひ髪色+星型をチェックしてみてください。

ゲストスピーカーの方々

今回の企画には、メンバーお二人にご協力いただきました。Twitterネームとして「ステラさん」と「主任さん」と呼ばせていただきます。「ステラさん」はSTERAで取り組んでいるツイキャスのラジオパーソナリティもされている方です。「主任さん」はSTERAの発起人でもあり、活動の中心となっている方で、講座も受講されています。

主任さんは大学入学以前の体験から、事件や災害などの情報は自ら積極的に収集することが重要だ、と感じられたことをきっかけに防災に関心をもったそうです。防災に関心のある学生が集まり、学べるような「居場所」になれば、という想いもあってサークルを設立されました。

ステラさんはそんな主任さんの想いを受けて(ご本人の談によれば「主任さんの”熱弁”によって」)、主任さんやSTERAの活動をサポートしたいと考え、一緒に活動されています。

STERAの活動

STERAは2019年に設立され、2020年12月に大学公認サークルとなったそうです。現在のメンバーは男性13名、女性3名の16名。3年生が多いですが1年生、2年生もいて、新しいメンバーも着々と増えているとのこと。女性のメンバーもいることで、ついつい男性目線になりがちな活動に、女性の意見やアイデアも取り入れることができている、といったお話もありました。

メンバーの参加動機などもお伺いし、北海道出身のメンバーが胆振東部地震を経験したことがきっかけで防災に関心を持った、というエピソードを教えていただきました。関心をもった学生が集まり、学べる場をつくるという、主任さんの想いが実を結んだのだなと感じました。

STERAのホームページかわいらしいイラストやかっこいいロゴマークがあります。これはイラストを描けるメンバーによるものだそうです。他にも事務や渉外、人材育成など、メンバーの得意なことや関心があることを活動に活かしていると、いったお話もありました。

(STERAホームページより)

活動をしていて感じる課題

活動をしていて感じる課題についてもお話を伺いました。

防災ということを活動の軸にしていますが、抵抗感や「参加するための第一歩が踏み出しにくい気風のようなもの」を感じるそうです。一度、活動に参加してしまえば積極的に発言したりしてくれるとのことでしたが、入り口のハードルの高さのようなものがあるようです。

これは地域や学校の取り組みでも同じかもしれませんね。なかなかすぐに解決できるような課題ではありませんが、主任さんやステラさんのような学生さんが「場づくり」をしてくれることで、気軽に参加できる機会が増えて、関心をもってくれる人も増えるのではないかなと思いました。

これからやってみたい活動

これからやってみたい活動について、主任さんからは埼玉県内の施設、首都圏外郭放水路や埼玉県防災学習センターなどへ行く予定であるとのことでした。ステラさんからは、大学生向けの防災マニュアルのようなものをSTERAから発行できたら、といったお話もありました。

お二人とも共通しているのはご自身が3年生ということもあり、次の代に活動をつなげていくための取り組みもしていきたい、大東文化大学にSTERAありと言われるようにしていきたい、などこれからのビジョンについても語っていただきました。

また、大東文化大学東松山キャンパスの立地(山の中にあり高低差が激しい)から傷病者が発生した場合の救急搬送等に時間がかかるかもしれないという危機感から、担架や徒手による搬送法訓練などもやりたいといったお話もありました。この点については、筆者も大学職員の方と連携し、実現に向けてご協力できればと思っています。

まとめ

30分があっという間に過ぎてしまうような、中身の濃いお話を聞くことができました。ステラさん、主任さん、改めてありがとうございました。ぜひ次は大学での実技訓練でお会いしましょう。

全国各地の大学や地域で防災や災害支援に取り組んでいる学生さん、学生団体の方々がいらっしゃることでしょう。STERAの皆さんの活動や想いが、同じように活動されている方々にも届けばいいなと思います。

こちらの企画はこれからも続けていければと思っています。いくつかの学生団体さんには既に声掛けをしていますので、日程等が決まりましたら本ブログとTwitterで告知します。

【終了】いま知っておきたい災害ボランティア|令和3年7月1日からの大雨 版

学校防災管理や主体的な学びをキーワードに防災教育研修、オンラインも活用

関連記事

  1. 大学の夏期復興支援ボランティア説明会

    (この記事は2014年8月3日に投稿された記事です)本日は石巻市に継続的…

  2. 都立高校で防災講話、同校では8年目に

    練馬区にある都立練馬高校での防災講話を担当しました。同校での防災講話や防災体…

  3. 法政大学チーム・オレンジが「災害時要援護者体験」…

    法政大学市ヶ谷ボランティアセンター学生団体「チーム・オレンジ」は、東日…

  4. 都内2大学で防災キャンプ、首都直下地震に備え学生…

    2019年11月〜12月にかけて、都内の2つの大学で宿泊を伴う「防災キャン…

  5. 大川小の悲劇の教訓と「災害時の決断力」

    様々な大学で災害救援ボランティア講座を担当しています。その中のテーマで『災…

  6. 防災・復興支援に取り組む大学生と日本の防災の未来…

    2017年12月17日(日)、東京臨海広域防災公園で行われた「ワカモノ防災が…

  7. セーフスクール認証準備校で防災知識を学ぶカードゲ…

    豊島区立池袋中学校で、防災教育教材『防災用語をカードで楽しく覚えよう!』の東…

  8. 中央大・一橋大・東大で災害救援ボランティア講座

    中央大学、一橋大学、東京大学地震研究所で『災害救援ボランティア講座』を実施し…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP