menu

法政大学チーム・オレンジ企画「要援護者体験(11/29)」「応急処置体験(12/13)」

※本記事の内容は法政大学ホームページより転載させていただきました。

 http://www.hosei.ac.jp/volunteer/NEWS/zaigaku/141031_01.html

 

 【市ヶ谷】チーム・オレンジ企画「要援護者体験」「応急処置体験」参加者募集(11/29、12/13)

 

僕の名前が「講師」として入っていますが、実際の指導は法政大学の学生団体「チーム・オレンジ(防災班)」のメンバーが中心となって指導します。僕はサポート役で、対外的な責任者という立場です。定員数はわずかですが、興味のある学生さん、教職員の方はぜひご参加ください。

 

キャプチャ

2014年10月31日

東日本大震災から約4年が経ちましたが、時間の経過とともに、みなさんの震災に対する記憶や災害に対して備える気持ちは、少しずつ薄れていませんか?

 災害発生時には、あらゆる場面で若者の支援力が必要となります。ボランティアセンター所属・チーム・オレンジは、昨年の「避難所体験」に続き、今年度は「要援護者体験」・「応急処置体験」の2つの災害時支援プログラムを企画しました。 

 「要援護者体験」では、疑似体験キットを用いて、車椅子利用者・視覚障害者・高齢者の日常生活を疑似体験し、避難時にどのような危険性が考えられるのか、いかに援護をするべきかを学びます。

 「応急処置体験」では、普段なかなか行うことが出来ない心肺蘇生、AEDの使用法、気道異物除去を学びます。

チーム・オレンジのメンバーと一緒に、災害に備える技術を身につけてみませんか?


◆要援護者体験◆

【日時】

11月29日(土) 10:00~13:00

【場所】

外濠校舎1階 メディアラウンジ

【講師】

宮﨑 賢哉 氏(災害救援ボランティア推進委員会/防災教育コンサルタント・社会福祉士)

【定員】

20名
※先着順です。定員に達した場合はその時点で締め切ります。 

【参加費】

無料

【申込方法】 

市ヶ谷ボランティアセンターにて申込書記入。

※小金井・多摩キャンパスの方はメールでも受付いたします。件名「要援護者体験参加希望」とし、「氏名」「学部」「学生証番号」「携帯番号」「メールアドレス(PCからの案内が受け取れるもの)」をお知らせください。
(メール:ichigaya-vc@hosei.ac.jp)

【注意】

・筆記用具持参。
・動きやすい服装で参加してください。

【その他】

活動風景を写真に撮ることがあります。予めご了承ください。


◆応急処置体験◆

【日時】

12月13日(土) 10:00~11:30

【場所】

外濠校舎5階 526会議室

【講師】

宮﨑 賢哉 氏(災害救援ボランティア推進委員会/防災教育コンサルタント・社会福祉士)

【定員】

12名
※先着順です。定員に達した場合はその時点で締め切ります。

【参加費】

無料

【申込方法】

市ヶ谷ボランティアセンターにて申込書記入。

※小金井・多摩キャンパスの方はメールでも受付いたします。件名「応急処置体験参加希望」とし、「氏名」「学部」「学生証番号」「携帯番号」「メールアドレス(PCからの案内が受け取れるもの)」をお知らせください。
(メール:ichigaya-vc@hosei.ac.jp)

【注意】

・筆記用具持参。
・動きやすい服装で参加してください。

【その他】

活動風景を写真に撮ることがあります。予めご了承ください。


 

以上

都立高校の防災講話、命と向き合うために

僕が大学の災害ボランティア講義で「2分以内に班づくり」をさせるワケ

関連記事

  1. 【終了】首都圏第110期・立教大学第16回災害救…

    ☆募集は終了しました。立教大学ボランティアセンターで第16回目(16年目…

  2. 【教材あり】公務員になりたい人向けの防災・災害ボ…

    本記事は2016年11月16日に中央大学多摩キャンパスで実施された講座のフ…

  3. 災害ボランティアセンターの基礎と訓練用教材の紹介…

    ※本稿での災害ボランティアセンター及びスタッフの役割については一般的なもの…

  4. 【終了】災害時のリーダーシップとチームビルディン…

    ※このイベントは終了しました。立教大学ボランティアセンター主催『災…

  5. 災害ボランティアで被災地へ行きたい方に、考えて欲…

       ※令和3年7月1日からの大雨を受けて記事内容を更新しました。…

  6. 都内2大学で防災キャンプ、首都直下地震に備え学生…

    2019年11月〜12月にかけて、都内の2つの大学で宿泊を伴う「防災キャン…

  7. 都内大学で被災疑似体験ワーク、他者理解のきっかけ…

    成蹊大学が実施する本年度のフレッシャーズ講座の一コマ、ボランティア活動支援…

  8. 社会福祉法人職員の方が話し合うようす

    社会福祉法人ネットワークによる地域貢献と災害対応…

    2019年2月~3月にかけて、都内社協さんで「社会福祉法人ネットワークによ…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP