menu

僕が大学の災害ボランティア講義で「2分以内に班づくり」をさせるワケ

筆者は主に首都圏内の大学で災害ボランティアの講義・演習を担当する際、冒頭に次のような指示を出すことがあります

「全員起立してください。これから班を作ります。5人~7人1班で、リーダーを1名決めること。仲間はずれを作らないこと。班ができたところから着席。制限時間は2分。はじめてください。」

30人程度なら1分程度で、50~100人規模でも1分半~2分以内でだいたい班編制ができます。なぜ、このようなことを指示しているかというと、グループワークの際の班編制がめんどくさいから・・・もありますが、もっと大事なことは「大学生として現実的な災害対応、集団的(避難)行動の規範」を想定しているためです。

20141105-120959-5

✳︎匿名で情報公開は許可いただきました

これは、今月中旬にK大学さんで想定されている「全学一斉防災訓練(シェイクアウト訓練)」の学生向け資料です。先日、同大ご担当者の方々とお話する機会があり、そこでいくつか訓練上のアドバイスをさせていただきました。そのひとつが、上記の指示につながってきます。

大学生の方、教職員の方ならイメージできるかもしれませんが、ほとんどの大学では「災害時は教員の指示に従うこと」というのが原則です。教室に張り紙がしてあったりしますね。

それ自体は間違いではありませんし、ゼミや小教室(~30人程度)なら、問題ないでしょう。実際、K大学さんの訓練想定でも、【地震安全行動、安否確認のち、教員の指示に従って避難すること】になっています。ただし、大学は高校までと違い、100人~200人規模の大教室に教員1名、という状況も少なくありません。

では、100人200人の大学生を、教員1人で安全に誘導することができるでしょうか。教員、つまり避難誘導の「リーダー」が1名ということは、”立ち位置”は2つに1つしかありません。先頭をきって避難するか、しんがり(最後尾)で避難するか、です。

教員が先頭きって避難すれば、残された200人の学生はどうすればいいのでしょうか。保育園や幼稚園の子どもじゃあるまいし、お行儀良く200人がぞろぞろ並んで歩くというのは現実的ではありません。パニックになるとまでは言いませんが、僕なら自分で勝手に避難しますし、多くの学生がそう判断するでしょう。つまり「1クラス30-40人」型の教室ならまだしも、大学のような大教室では、教員が先頭をいくパターンの避難誘導による学生の安全管理は無理だということです。

ということは、教員がしんがりを務めることになりますが、そうなると「誰が先頭をいくのか」ということが課題になります。大教室でも出口は前後しかない場合もあります。「どうぞご自由に」でも構いませんが、時間がかかります。今回、K大学さんの訓練想定は津波避難のため、のんびりしている時間はありません。速やかに、安全に、効率良く避難させる必要があります。

そこで最初の指示を確認してください。

心理学者のG.A.ミラーは「The Magical Number Seven」という論文で、人間の認知能力は7つの”かたまり”まで同時に識別できる、としています。この認知的制約から、危機管理・災害対応においては『指示者(リーダー)が直接指揮をとる、指示を出す人間は7人が上限である』ということが提唱されています。

教員=リーダーが学生=フォロワー200人を同時に指揮するのではなく、対象を細分化して、責任と権限を与えるということです。

具体的には、最大7人、最低で3人くらいのグループを作らせ、そのうちの1名の学生に「リーダー」になってもらいます。リーダーのやるべきことは、班員の安全を確認し、とりまとめ、指定された場所へ安全に避難させ、最終的に総合責任者である教員に状況を報告させることです。

訓練においてこのような指示を出すことは、学生を「お客様」としてではなくあくまで「訓練参加者」として扱い、自覚や責任を持たせる、という意図もあります。大学生にもなれば、自分の安全くらい自分で何とかするのは当然のこと、周りの学生、周囲の状況にも配慮できるくらいになってほしいものです。教員の指示に従うということは、教員の指示があるまで何もするな、ということではありません。状況を判断し、自分にできることを考え、行動するという自覚を持つ、持たせることが重要です。教員の指示がなければ、あるいは適切な指示でなければ、自分で行動を起こすことも時には必要でしょう。

僕が講義で「2分で班を作れ」というのは、準備運動です。一度でも経験することで、いざというとき、気付いた学生が自ら率先して行動を起こし、”リーダー”として行動してほしいと願っています。

自分はリーダーに向いていない、と思う人は無理をする必要はありません。でも、向いている人、力のある人だけが、リーダーになるとは限らないものです。リーダーだから行動するのではなく、行動するからリーダーになり得るのです。向き不向きや上手い下手を、あまり気にする必要はないとkなんが得ます。

皆さんは、限られた時間で(ほとんど)知らない人と助け合えるでしょうか。助けある雰囲気やコミュニケーションづくりに、協力できるでしょうか。もし研修等でチーム分けの必要がありましたら、ご参考になればと思います。

法政大学チーム・オレンジ企画「要援護者体験(11/29)」「応急処置体験(12/13)」

避難所運営ゲーム(HUG)とニコロ・マキャベリの『君主論』

関連記事

  1. 【報告】EDUPEDIAとみんなで考える防災教育…

    2015年9月20日(日)、シルバーウィークの真っ最中でしたが、先生のため…

  2. 【教材】災害時の社協・地域協働ケースワーク

    大規模な災害発生時には、消防・警察・行政機関などの防災関…

  3. 中学校で先生による「災害想像力を高める」ワークシ…

    本日は都内の中学校にお伺いして 「災害時、中学生にでき…

  4. 成蹊大学で「災害ボランティア入門講座」行います【…

    成蹊大学ボランティア支援センター主催 災害ボランティア入門講座 …

  5. 【教材】社会福祉協議会の災害初動対応訓練プログラ…

    都内社会福祉協議会で大規模災害に備えて初動対応訓練のプログラム開発とアドバイ…

  6. 【終了】TOA音の防災シアター「カンカン塔のみは…

    このイベントは終了しました。イベントレポートは下記の記事をご覧く…

  7. 災害ボランティアで被災地へ行きたい方に、考えて欲…

       ※令和元年台風19号を受けて記事内容を更新しました。活動後に…

  8. 防災教育教材やゲーム30種類以上が集まる「防災ゲ…

    2017年7月2日(日)、東京臨海広域防災公園で『防災ゲームDay2017i…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP