menu

専修大学生田キャンパスでフォローアップ研修

本日は専修大学生田キャンパスで『平成26年度フォローアップ研修会』でした。

http://www.senshu-u.ac.jp/campuslife/session_event/session_event_index/6925.html

 

専修大学さんでは「災害救援ボランティア講座」を例年担当させていただいていますが、その講座修了生や、防災・防犯に関心のある学生によるボランティアチームがそれぞれのキャンパスで活動を行っています。

★ 専修神田ボランティア(SKV) ホームページ

★ 専修生田ボランティア(SIV) ホームページ

 

今回は「SIV」からの依頼を受けて、メンバーを対象に防災カードゲーム「クロスロード」を使った研修を行いました。

20141117-185119-6
(写真:グループワークの様子)

 

大学で被災した場合を想定し、教授の指示がなくても避難するかどうか、駅前のカラオケ店にいる友人から助け(火災時)を求められたらどうするか、といった状況をYES・NOで考えてもらいました。

 

災害時の決断では

 ・決断は素早くする(そのためにも事前の備え、訓練をしておく)

 ・情報が足りなくても(状況がはっきりしなくても)、まずは決める

 ・決めてから方向修正する柔軟性を持つ

 といったポイントが重要になります。短い時間のグループワークですが、こうした研修を通じて災害時の判断を体験することが「いざ」というときの判断力・行動力につながります。

 

 防災・防犯どちらも「継続する」ことが重要な取り組みです。どちらの学生チームにも、末永く学内外で活躍してくれることを願っています。

避難所運営ゲーム(HUG)とニコロ・マキャベリの『君主論』

学校防災における「防災教育」と「防災管理」

関連記事

  1. 【終了】警視庁警備部災害対策課主催「大学生向け一…

    ※令和1年12月1日に警視庁警備部災害対策課より発行された冊子『地震のとき…

  2. 【リンク】災害ボランティア活動でのケガや体調不良…

    【令和2年7月豪雨 等で活動される方へのお願い】他の記事でも紹介し…

  3. 池袋西口公園で災害ボランティアセンター開設訓練

    豊島区民社会福祉協議会(以下「社協」)による『災害ボランティアセンター運営シ…

  4. 210706スペース告知

    防災や災害支援に取り組む大学生にお話を聞きました…

    Twitterの音声チャット機能「スペース」を使って防災や災害支援に取り組…

  5. 都内社会福祉協議会で災害ボランティアセンター訓練…

    東北地方太平洋沖地震の発生から6年目となる2017年3月11日(土)、都内…

  6. 学生による防災学習を支えるメンターの役割~法政大…

    実施の経緯とメンターとしての関わり本日は法政大学ボランティアセンター学生…

  7. 大学と社会福祉協議会共催講座で『災害ボランティア…

    2017年12月16日(土)、熊谷市社会福祉協議会・立正大学…

  8. 法政大学チーム・オレンジが「災害時要援護者体験」…

    法政大学市ヶ谷ボランティアセンター学生団体「チーム・オレンジ」は、東日…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP