menu

おすすめの防災ゲームを探せる『防災教材活用ガイドチャート』Ver.1.7を公開

この記事は2018年5月26日に公開しました。

★お知らせ★

▼Ver.1.7を公開しました。「講演会」部分を「個人・調べ学習」にアレンジしました。新たなゲーム・教材を追加し、リンクや案内マークの修正やQRコードの追加、問い合わせメールの追記を行いました。(2019.06.20)

▼新たなゲーム・教材を追加し、時間配分や人数に応じた調整を行いました。また、乳幼児から児童向けの短時間型防災プログラムリストを追記しました(2018.12.08)。

防災教育で活用できる「防災ゲーム」や教材・プログラムにはたくさん種類があります。筆者が実際に内容について把握している防災ゲームの一覧については下記の記事をご覧ください。

ガイドチャートとプログラムリストの閲覧・ダウンロード(無料、転載自由)

下記をクリックするとPDFバージョンがそれぞれダウンロードできます。PDF形式をダウンロードしていただくと、各教材にリンクを設定してありますので一覧として手元に置いていただくこともできます。

ただ、リンク先はあくまで参考で、資料や教材が手に入るものばかりではありませんのでご注意ください。その場合は本ブログ、またはチャートに記載のURLからお問い合わせください。

★防災教材活用ガイドチャート中学生一般版Ver.1.7

chart1中高生・一般版

★防災教材活用ガイドチャート小学生以下版 Ver.1.7

chart2小学生以下版

★乳幼児・児童向け防災プログラムリスト

乳幼児・児童向け防災プログラムリスト
乳幼児・児童向け防災プログラムリスト

ガイドチャートを作成した背景

「防災ゲーム・教材の一覧」はおかげさまで本ブログ内でも比較的閲覧数の多い記事ではあるのですが、「本当にこれで防災ゲームや教材は活用してもらえるのだろうか」とどうもしっくりきませんでした。テーマ別で分類したり、実施対象(発達段階)によって分けてみたり、いろいろ考えてみたのですが、どれも今ひとつピンとこないのです。

ゲームや教材を「使う(使いたい)」人は、最初に何を気にするだろう?自分なら、何を最初に考えるかな?

そこで気づいたのが「ゲームや教材を実際に活用するには、いろいろな実施の条件(制約)がある」という点です。わかりやすいのが「有料か無料か」という条件です。「やってみたいけど、ゲームや教材を購入する予算がない」、「ゲーム開発者(指導者)に来てもらう経費が出せない」といった制約があれば、活用したくてもできないゲームや教材があります。

「実施の条件に見合ったゲーム・教材・プログラムを選べるようにしたら、いろいろな制約を気にせず、気軽に活用しやすくなるかもしれない!!」と考えました。

本稿で紹介する「防災教材活用ガイドチャート」はそんな背景から生まれました。

「自分ならこうやって選ぶ」経験則を可視化

いざつくり始めてみると、これがなかなか難しい!というのも「実施の条件」に複数該当する防災ゲームや教材はたくさんあるからです。クロスロード・ゲームや目黒巻などは汎用性が高く、指導方法や資料の作り方次第で、実施の条件も変わってきます。

ある特定の条件下で、特定のテーマがあるのなら、より適した防災ゲームや教材もあります。その選び方、というか選ぶ根拠は「自分自身の経験則」です。

AというゲームとBというゲームとCという教材を過去の実践から比較した結果、今回の条件ならBが最も学習効果が高まるだろう。そうして防災ゲームや教材を選択し、実践してきました。

有料のゲームを多人数の児童生徒に同時に行う、というのは現実的には困難です。その場合は無料で印刷物だけでできるものを中心に。ゲームとしては面白いけれど、きちんと学びのポイントを押さえておかないと楽しいだけで終わってしまいそうな教材は、少人数向けやある程度時間がある場合に、といった形です。

まずは自分自身の判断をチャート形式で可視化すれば、他の人にも「判断基準」が見えてくるかもしれない。ただ、その判断基準は作者の実践経験によるもので、他の人は別の選び方をするかもしれない。

ですから、あくまで今回のチャートは「この条件でこのゲームを使えば絶対にうまくいく!とか失敗しない!とかではなく、筆者ならこの条件でこのゲームを選ぶ(選んだ)」という経験則です。

まずは無料の防災ゲームや教材を使ってみよう!

神戸市消防局(ダイレクトロード)さん、気象庁(ワークショップや映像教材)さん、国交省さん(防災カードゲーム)・下館河川事務所さん(マイ・タイムライン)などがは扱いやすく、クオリティも非常に高い防災ゲームや教材ですが無料で使うことができます。

まずはこうした無料の教材をご活用いただくところからスタートするのがオススメです。ダウンロードした資料は、各実践場面で扱いやすいようにアレンジしていただくのがよいかと思います。

活用方法がわからない、詳しく知りたいといったことがありましたらお気軽に問い合わせフォームからご連絡ください。

【終了】首都圏第110期・立教大学第16回災害救援ボランティア講座(2019年2月23日,3月2日,9日)

都立公園で防災イベント、参加者が過去最多に|東久留米市

関連記事

  1. 災害ボランティアセンターの基礎と訓練用教材の紹介…

    ※本稿での災害ボランティアセンター及びスタッフの役割については一般的なもの…

  2. 大川小の悲劇の教訓と「災害時の決断力」

    様々な大学で災害救援ボランティア講座を担当しています。その中のテーマで『災…

  3. 僕が大学の災害ボランティア講義で「2分以内に班づ…

    筆者は主に首都圏内の大学で災害ボランティアの講義・演習を担当する際、冒頭に…

  4. 豪雨被災地で「避難行動訓練EVAG豪雨災害編」を…

    ※所属団体でのレポートは 活動実績|防災教育普及協会 をご覧ください。…

  5. 千葉県柏市の私立大付属中高で全校防災講演会

    芝浦工業大学附属柏中学・高等学校が独自に取り組んでいる「安全の日」の一環で防…

  6. 【締切】養護教諭の皆さまを対象とした災害対応・防…

    締切と御礼、結果について本アンケート調査は2016年7月25日に締め切り…

  7. PTA等役員研修で助け合う防災教育をテーマに講演…

    入間地区PTA連絡協議会、ふじみ野市PTA連合会が主催する役員研修会を担当さ…

  8. 公務員志望学生向け防災講座[ワークシート/確認テ…

    本記事は「公務員・教員を志望する大学生」向けの防災特別講座資料とし…

こちらの記事もいかがですか?

  1. セミナー内容のまとめ
PAGE TOP