menu

発達障害児と保護者向け防災体験会、手軽な「あそび」で個別支援

2017年9月10日(日)、愛知県刈谷市内で発達障害児・者の支援に取り組むNPO法人「ぎふと」主催の防災体験会が開催されました。体験会は保護者が中心となり「発達障害児に避難生活の環境、できること・できないことを体験してもらうことで、少しでも落ち着いて行動できるようになってほしい」という想いから企画されました。

非常食の試食や防災グッズの展示、テントや車中泊の体験、避難所についての紹介などは保護者自ら行い、県内で活動する地域の防災ボランティアの方々に協力いただきました。



(テント泊や車中泊など避難所にいられない場合のことも想定して体験)

6月に行われた講演・シンポジウム(下記ブログ記事)に引き続き企画・運営に協力し「製作コーナー(じゆうあそびコーナー)」を担当しました。入り口近くに設置されたコーナーには、避難所でもすぐに用意できるダンボールや新聞紙などの廃材、家庭にあるガムテープやクレヨンなどを用意しました。

 

体験中は、子どもたちの言動や保護者との会話から個々の特性を考えて、子どもたちが自分らしく遊べるように支援しました。クレヨンの取り合いでかんしゃくを起こしてしまった子は、少し離れた場所で別の遊びに気持ちを向けたり、落ち着いて作業することが苦手な子には、一緒に身体を動かして遊ぶなどで対応しました。

ベビークレヨンを高く積み上げる、ダンボール箱で秘密基地と銃をつくり敵と戦う、イスの飛び石を渡る、ダンボールブロックを積んでこわすなど、1人1人が違った遊びを楽しむ様子が見られました。


(言動や保護者の声をヒントに、特性に応じた遊びを促します)

参加保護者の方には、あそびコーナーでの個別支援の状況を伝え「好きな動作(登り降り)が見られたので、イスやダンボールで段差を作ったら落ち着いて遊んでいました。ダンボール箱は対角線に別のダンボールを入れて補強すればイス代わりにもなります。」など、被災時の支援や関わり方について特性に応じたアドバイスをしました。

サポートの防災ボランティアの方々には「発達障害は外見で判断しづらく、親のしつけや教育が悪い、忍耐力がないといった言動が、本人や保護者を精神的にも環境的にも孤立させてしまう場合があります。”ここではこうすべき”といった先入観を取り払って、”ひとりひとりに向き合う”という気持ちを持ってください。支援にはどうしても人手が必要になるので、ボランティアさんの協力は保護者の方にはとても心強いです。」といったコメントを伝えました。

グループや少人数での遊びや作業が難しい場合に、それを「みんながやっているから」、「同じじゃないと変だよ」など強制してしまうと、本人も周囲も負担が大きくなるばかりです。個別支援に限界はあるかもしれませんが、本件のように保護者同士が助け合ったり、地域のボランティアさんが協力してくれることで、誰もが安心して暮らせる社会、そして防災につながります。

 

◆主催NPO法人のブログでも報告されています。同法人の日々の活動も含めぜひご覧ください◆

2017.9.11 防災体験会報告(全体的な報告)

2017.9.13 防災体験会(保護者から)

「音の防災シアター」に幼児・低学年児童と保護者が参加、音への関心育む

介護付有料老人ホーム施設職員を対象に研修、ロールプレイで緊急時対応を学ぶ

関連記事

  1. 在宅避難・車中泊の知恵袋~おうちでサバイバル7つ…

    ※令和元年台風19号の接近に伴い記事内容を更新しました。まずは地震…

  2. 大学で防災ボランティア講座、カードで学ぶ非常持出…

    成蹊大学ボランティア支援センター主催「大災害に備えて~これだけは知っておきた…

  3. いま、本当に必要な養護教諭・保健主事の備え(ブロ…

    2016年6月~7月にかけて、養護教諭の皆さまを対象とした災害対応・防災ア…

  4. ブログタイトルと避難所体験

    中学1年生に「いのちの体験教室」、講義と体験を通…

    2020年11月、神奈川県内の私立中高一貫校の中等部1年生を対象に「いのち…

  5. 都立高校の防災講話、命と向き合うために

    『おかあさんが一生けんめい生んでくれたから、自分の命は本当に大切だと思ったか…

  6. プリントだけで防災教育シリーズ『防災用語をカード…

    今回ご紹介する「プリントだけで防災教育シリーズ」は、神経衰弱の要領で行うシ…

  7. 【終了】第2期防災教育指導者育成セミナー気象編(…

    所属団体で防災教育に関心のある方向けのセミナーが開催されます。どなたでも参加…

  8. 埼玉県内労働組合で災害時の組織活動について講義演…

    埼玉県内の労働組合の執行委員の皆さまを対象に『激甚災害発生時の組織活動と災害…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP