menu

大川小の悲劇の教訓と「災害時の決断力」

命を守るための災害時の決断力、そのポイントは

様々な大学で災害救援ボランティア講座を担当しています。
その中のテーマで『災害救援ボランティア活動現場の実際』という科目があります。僕が担当するコマの総合テーマですが、そのテーマは大きく5つの柱に分けています。それぞれの柱は、僕自身の活動経験から重要だと感じた内容になっています。

2015.4.2「災害救援ボランティア講座の10年と大学への普及」

1.オリエンテーション
  ・・・現場での細かなノウハウや心構え
2.災害ボランティアの安全衛生と心のケア
・・・安全衛生管理の方法と心のケア(自分自身も含む)
3.災害情報の収集・伝達とコミュニケーション
・・・災害情報の扱い、意志決定、コミュニケーション

4.災害時の組織行動とリーダーシップ
・・・応急的なチームビルディングとリーダーシップのとり方
5.緊急支援から生活再建へ
・・・生活再建への流れと、各種制度・仕組みの理解

このうち、第3項だけピックアップして、演習形式で行っている時間が「災害時の決断力」です。決断のためには災害情報の扱い、意志決定、コミュニケーションが重要になります。他の項目も全部ひっくるめて4時間と少しでまとめざるを得ないので、いつもかなり駆け足になってしまうのが申し訳ないのですが・・・
特に第3項、災害時の決断力(災害情報の収集・伝達とコミュニケーション)は「最前線で求められる」スキルであり、考え方であり、価値観だと思っているので、1時間30分近く時間をかけて行っています。

グループワークを行う前の事前学習として紹介しているのが釜石の出来事と大川小の悲劇※です。

※本件については高裁判決が出ています。当初、本記事でも状況等を説明していましたが、詳しくは各メディアの解説記事等をご参照ください。

マニュアルの整備や訓練の必要性については言うまでもありませんが、筆者はこれまでの災害で起きた様々な状況もふまえて、到達するのは「災害時の決断力(意志決定)」であると考えています。

そして、決断力・意志決定のベースとなる情報の扱い、他者とのコミュニケーションもまた同様に重要であると考えています。

決断力があったら災害から命を守れるのか、というと必ずしもそうであるとは言い切れませんが、可能性を高めることはできるのではないでしょうか。講座でお伝えしているポイントをご紹介します。

「誰も答えの分からない事態」においてどのような基準で決断するか。

答え=正解が分からない以上、正解を求めれば時間がかかります。「最悪事態」を想定して、最悪事態を回避するということが、判断基準となります。

決断するために足りない情報や根拠をどのように補うのか。

「正しい」判断に必要な情報や根拠の収集をしようとすれば、対応が遅れます。対応が遅れれば状況が変わり、必要な情報も変わります。その時点で足りない情報や根拠は、事前学習や教育訓練によって補うほかありません。

意見の異なる相手とどう向き合い、対応するか。

なぜ意見の相違がおきるのか、どのようにコミュニケーションをとるかについての理解が必要です。また、緊急時におけるリーダーシップ(専制型:リーダーの指示に従わせる)で迅速に行動させる対応と、平時・復旧復興過程におけるリーダーシップ(民主型・総合型:まわりの意見も聞く)で合意形成しながら対応する場合があります。

災害状況を想定したケースワーク、グループワークを実践してもらうと理解しやすいです。いざというときに後悔しないために、最悪の事態を回避する決断ができるように、少しでも学生の皆さんの参考になる時間となればいいなと思っています。

10612745_359955760796016_7954690859743556563_n

専修大学2014年度後期「災害救援ボランティア講座」での講義

11月5日は「津波防災の日」と「緊急地震速報訓練の日」です

災害図上訓練で水害・土砂災害から命を守る

関連記事

  1. 「災害から命を守る”決断力”と”行動力”」受講者…

    ※下記、法政大学ホームページより紹介のため転載させていただきましたボラン…

  2. 都内社会福祉協議会で災害対応初動訓練を行いました…

    西東京市社会福祉協議会正規職員の方々を対象に、災害発生当日(…

  3. 防災を仕事にしたい学生さんへ【ワークシート付き】…

    この記事は note へ移転しましたが、ワークシートについては引き続き下記…

  4. 気象キャスター向けに講習会、防災教育とアクティブ…

    本日、気象キャスターの皆様を対象とした防災講習会『防災教育とアクティブ・ラー…

  5. 気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨、そ…

    気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨、その時どうする?」は、気象庁…

  6. 災害ボランティア希望者を対象に防災ゲーム体験会、…

    実施概要豊島区民社会福祉協議会(以下「社協」)さんの依頼…

  7. プリントだけで防災教育シリーズ『災害時のトイレア…

    災害時のトイレに関する課題については、本ブログでも度々体験学習プログラム報…

  8. 参加者が話し合う様子

    【資料公開】要援護者支援の基本を体験するための防…

    横浜市民防災センター主催「平成30年度防センアカデミー テーマD要援護者支…

こちらの記事もいかがですか?

  1. 日常と被災現場は一般道と高速道路
PAGE TOP