menu

【教材あり】高校で全校生徒を対象に避難誘導をテーマに防災学習

過日、埼玉県内の高校で全校生徒約600名を対象に「避難誘導」をテーマとした防災学習を行いました。

1年生が29班、2年生が36班、3年生が25班、合計で90班を体育館に集めて行うという、ワークショップとしては異例とも言えるほどの規模でした(一般的なワークショップの適正人数は30~70人くらいと言われています。班の数では5~10班くらいです)。与えられている時間は挨拶等を含めて1時間30分、講師は僕1人で、サポートでボランティアさんが1人。

 

ワークショップのファシリーテーターを経験したことがある方であれば「そんな大人数を一度に集めて、しかも高校生を相手に1時間30分で、ファシリテーター1人なんて絶対ムリでしょ!」と思われるかもしれません。「できたとしても、学習効果(学びや気付き)はあまりないんじゃないか」と思われるかもしれません。

ご担当の先生には予め「ワークショップ形式としてはかなりの無理があり、先生方のご協力も必要、それでもいいですか」と確認しました。それでも「やってほしい」というご依頼だったので、実施させていただきました。

 

20141219-121757-7
(筆者撮影:この雰囲気に気圧されないこと)

 

ワークショップ(あるいは防災教育)は参加者(この場合は高校生)とファシリテーター(講師)との信頼関係や、意識の共有が重要なのです。それができれば、300人でも600人でも、あるいは1200人だとしても、ファシリテーターの顔が見えて声が伝わる位置にいる限り、限られた時間でも学習効果につながる、少なくとも一定の比率の生徒や先生はそう実感できることが分かりました。

【参考】事後に行った評価シートの集計結果

防災ワークショップ事後評価集計表

防災ワークショップ事後評価クロス集計表

防災ワークショップ事後評価自由記述(全文)

 

20141219-121559-6
(筆者撮影:相手が600人でも30人でも「1人の参加者」として話し、伝える)

 

具体的に、どのようなプログラム・時間配分・ポイント・教材を使ったのかを公開しますので

●防災について若者にきちんと伝えたいが良い方法が分からない。

●生徒に効果的な防災学習をさせたいが、時間や予算に限りがある。

●大人数(特に中高生などの若者)へのワークショップに不安がある。

といった方々の参考になれば幸いです。なお、教材には便宜上クレジットを入れていますが、削除していただいても構いません。PowerPointやWordが使える方であればご自由に編集していただいても構いません。ご活用ください。

 

使用教材『学校向け避難誘導シミュレーション』

● 【指導者用】学習指導案

● 【指導者用】避難誘導シミュレーション説明.pdf(希望者にはPowerPoint形式で提供します)

● 【生徒用】説明資料(仮想学校図面使用時) 注:授業等で使用される際は事前にご連絡ください。

● 【生徒用】説明資料(自校間取り図使用時)

※自校間取り図使用時は「校庭・校舎・体育館見取り図」「A4白紙×5枚」「付せん(長方形)」を用意

● 【班長用】仮想学校図面

● 【班長用】避難者・指示リスト

● 【生徒用】共通振り返りシート_141225v

● 文房具【班】筆記用具(生徒に持参させる)

 

準備・教材印刷

① 学習指導案をご確認ください。適宜、編集していただいて結構です。

② 説明用.pdfをご確認ください。避難所等に関する基礎知識は事前に指導者ご自身で学習願います。

③ 仮想学校図面を使うか、自校図面を使うかご判断ください。

④ ③に応じて【生徒用】の説明資料、【班長用】のリスト、振り返りシートを印刷します。

⑤ 図面を印刷します。

⑥ 生徒を班毎に集合させ、説明用.pdfや説明資料に従いシミュレーションを行わせます。

⑦ 授業終了後に振り返りシートを配付して学習成果を確認します。

 

指導のポイント・コツ

★班の人数は5~7人が適正人数です。班数はあまり関係ありません。

★集中して聞かせたい場合は、静かになるまで1、2分ほど黙ってください。そして静かになったら「何も言わなくても静かにできる」ことをほめてください。2回目以降、静かになるスピードが格段に速くなります。

★避難所に関する知識は、最低限自己学習をお願いしたいと思いますが、あまりなくても構いません。むしろ生徒と一緒に考える、という姿勢でチャレンジしてください。

 

(指導用資料をスライドシェアで公開中)

 

※状況設定等はあくまで授業用にアレンジしているものです。現実的想定とは異なる場合があります。

防災に取り組む人は真面目すぎるから、もっと自分を認めていい

2014年活動のまとめ【計134日間/6,261名】

関連記事

  1. 防センアカデミーの様子

    小学生もいっしょに!みんなで考える要援護者支援

    2018年、2019年と横浜市民防災センター様からのご依頼で『防センアカデ…

  2. 中学校で災害食とトイレの体験学習、被災「それから…

    災害は「その時」、被災は「それから」という防災教育の視点…

  3. いま、本当に必要な養護教諭・保健主事の備え(ブロ…

    2016年6月~7月にかけて、養護教諭の皆さまを対象とした災害対応・防災ア…

  4. ESD・環境学習プログラムと防災教育への応用

    ESDは「持続可能な開発のための教育」の略で、2002年の第57会国連…

  5. 埼玉県立高校で災害時対応教職員研修、避難所運営を…

    2017年10月19日、埼玉県立鳩山高校で災害時対応教職員研修を担当しました…

  6. 災害ボランティアセンターのニーズ受付訓練に防災教…

    都内社協さんで「災害ボランティアセンター(以下「VC」)協力ボランティア体…

  7. 発達障害と防災~「インクルーシブ防災」実現のため…

    本記事は2015年度講座の記事となります。2016年度講座の記事については…

  8. 大学・学生と地域が連携した災害図上訓練DIGのポ…

    2018年5月12日(日)、法政大学Team Tama Acition Pr…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP