menu

国連防災世界会議PF紹介「子どもが主役の防災教育」(3/15午後)

先日の記事『第3回国連防災世界会議と防災教育の普及』で、同会議の期間中様々なパブリックフォーラム(一般参加可能な各種のイベント)が行われることについてご紹介しましたが、今回はその中で特に防災教育にこれから関わろうとする方々にお勧めのイベントをご紹介します。

改めてご紹介させていただきますが、パブリックフォーラムはたくさんの数が開催されるので、その中から興味のあるものを探し出すのも大変です。

 

全体をチェックしたい方は パブリック・フォーラム概要 の「シンポジウム・セミナー一覧」などから。

日程やテーマで検索してピックアップしたい方は パブリックフォーラム検索 からご確認ください。

 

本稿でご紹介させていただくのは、3月15日(日)午後に行われる、日本損害保険協会さんが主催される下記のイベントです。

 

「子どもが主役の防災教育」の実践

〜ぼうさい探検隊これまでの10年とこれからの10年〜

告知用パンフレット(日本損害保険協会ホームページリンク)

下記、日本損害保険協会ホームページより引用です。

http://www.sonpo.or.jp/news/information/2015/1502_06.html

開催日時・場所 実施内容(概要)
3月15日(日)
13時30分~16時30分

TKPガーデンシティ
仙台ホールB
仙台市青葉区中央1-3-1
AER21階)

■「第11回小学生のぼうさい探検隊マップコンクール」
  表彰式

■「防災教育フォーラム」
 有識者ディスカッション
 「子どもが主役の防災教育」の実践

【コーディネ-ター】
・室崎 益輝 氏
(神戸大学名誉教授,兵庫県立大学防災教育センター長)
【パネリスト】
・渥美 公秀 氏
(日本災害救援ボランティアネットワーク理事長)
・山本 俊哉 氏
(明治大学理工学部建築学科教授)
・木原 要子 氏
(愛媛県愛南町立福浦小学校校長)
・蟻坂みどり 氏
(第1回マップコンクール入賞者 大学生)

 

ぼうさい探検隊の概要、防災教育との関連についてはこちらの記事(災害救援ボランティア推進委員会防災ミニ講座)でも紹介していますので、ご覧ください。

 

防災教育に関心のある方にぼうさい探検隊のフォーラムをお勧めするのは、探検隊のプログラムがある意味でパッケージ化されたプログラムの到達点だからです。もう少し分かりやすく表現するなら「環境さえ整えば、誰でもどこでも実施することができて、かつ一定の成果が得られる」プログラムということです。

 

防災活動や防災教育実践の経験が豊富な方からすれば「防災マップづくりくらい…」と思われるかもしれませんが、年間2,000枚を超えるマップがコンクールに応募されることを考えると、普及に成功したプログラムであると言えます。

 

ぼうさい探検隊の実施のポイントや、どんな防災マップが評価されているのか、この10年間、そしてこれからの10年間で防災マップづくりがどう変わっていくのか・・・シンプルなテーマだからこそ分かりやすく、これからの防災教育を考えるヒントになるはずです。

 

【参考】日本損害保険協会 ぼうさい探検隊とは

第3回国連防災世界会議と防災教育の普及

被災後のロコモティブシンドローム(運動器症候群)対策と地域防災

関連記事

  1. ボランティア希望者向けセミナーで講義・演習|戸田…

    戸田市社会福祉協議会主催の「ボランティアセミナリー」で、市内で様々なボランテ…

  2. 防災・復興支援に取り組む大学生と日本の防災の未来…

    2017年12月17日(日)、東京臨海広域防災公園で行われた「ワカモノ防災が…

  3. 【小中学生向け】マグニチュードと震度の防災基礎知…

    1 防災基礎知識確認テストとは 防災に関する基礎的な知…

  4. 地震発生から72時間を生き残る!防災教育を体験し…

    実施概要国営・都立東京臨海広域防災公園『そなエリア東京』で、防災教…

  5. 盲学校で防災体験学習、帰宅困難時の対応学ぶ

    2017年9月29日(金)、都立文京盲学校で防災体験学習を行いました。都立高…

  6. 大学と学生の力を帰宅困難者対策へ!大学における宿…

    ※2019年1月7日付け東京新聞朝刊社会面で、本訓練の様子が紹介されました。…

  7. 大学と地域が連携して防災啓発講座|聖学院大学

    聖学院大学(埼玉県)で近隣住民と大学が連携して行う防災…

  8. 第42回東南アジア青年の船・日中青年親善交流事業…

    事業概要2015年11月4日、東京臨海広域防災公園にて、内閣府主催…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP