menu

埼玉県内コミュニティスクール指定校で教員と住民の合同研修

埼玉県から「コミュニティスクール」として指定されている、本庄市内の中学校職員研修を行いました。教員だけでなく、教育委員会、PTA、自治会長さんなども参加され「学校・家庭・地域の連携よる災害に強い地域の輪」について、講義・演習を担当しました。

演習では避難所運営ゲーム(HUG)の図面を学校オリジナルのものにアレンジしていただいたものを使用しました。参加された先生からは「実際の学校の図面を使うとリアリティが違う」、「マンホールトイレなど、教員でも場所が分かっていない場合もあり、よい機会になった」とお声がけいただきました。

なお、研修の様子は平成29年8月25日(金)の埼玉新聞県西・県北版に掲載されました。紙面をご覧になりたい方はご依頼・ご相談フォームからお問い合わせください。

すべての写真-33

防災ゲームとかけて、家族に作る手料理と解く。そのココロは…

小中学校教員研修で模擬授業を通して理論と実践伝える

関連記事

  1. 「次世代防災会議ワークショップ」が紹介されました…

    2018年6月1日(金)、都立葛西南高校宿泊防災訓練の一環で…

  2. 明治大学で学生向け発災対応型演習、安全管理を学ぶ…

    明治大学駿河台ボランティアセンター主催『災害救援ボランティア講座』の一科目「…

  3. 学生の帰宅困難・滞留を想定した宿泊訓練を実施|東…

    東洋大学白山キャンパスで、大学生や教職員が首都直下地震により帰宅困難・滞留す…

  4. 大阪府の支援学校で地区防災計画ワークショップに参…

    内閣府(防災担当)が推進している『地区防災計画』のモデル事業として、大阪府の…

  5. プリントだけで防災教育シリーズ『次世代防災会議ワ…

    2018年3月11日付けで掲載いただいた読売新聞記事「次…

  6. 【終了】第2期防災教育指導者育成セミナー気象編(…

    所属団体で防災教育に関心のある方向けのセミナーが開催されます。どなたでも参加…

  7. 【ご案内】EDUPEDIA関係で訪問された方へ

    この度はブログ「情熱と不屈の精神VER.2.0」をご訪問いただき、ありがと…

  8. 公共施設館長会で災害対応研修、指定管理者の特性を…

    首都圏を中心とする東日本地域の公共施設館長を対象とした研修会で「公の施設の…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP