menu

埼玉県内コミュニティスクール指定校で教員と住民の合同研修

埼玉県から「コミュニティスクール」として指定されている、本庄市内の中学校職員研修を行いました。教員だけでなく、教育委員会、PTA、自治会長さんなども参加され「学校・家庭・地域の連携よる災害に強い地域の輪」について、講義・演習を担当しました。

演習では避難所運営ゲーム(HUG)の図面を学校オリジナルのものにアレンジしていただいたものを使用しました。参加された先生からは「実際の学校の図面を使うとリアリティが違う」、「マンホールトイレなど、教員でも場所が分かっていない場合もあり、よい機会になった」とお声がけいただきました。

なお、研修の様子は平成29年8月25日(金)の埼玉新聞県西・県北版に掲載されました。紙面をご覧になりたい方はご依頼・ご相談フォームからお問い合わせください。

すべての写真-33

防災ゲームとかけて、家族に作る手料理と解く。そのココロは…

小中学校教員研修で模擬授業を通して理論と実践伝える

関連記事

  1. 学校防災管理や主体的な学びをキーワードに防災教育…

    2021年7月上旬、関東・東北の市区町村教育委員会のご依頼を受けて管理職(…

  2. 県域の自主防災アドバイザー研修会で教材体験とプロ…

    広島県消防保安課が主催する『自主防災アドバイザースキルアップ研修』で、防災教…

  3. 都立高校宿泊防災訓練で防災講話、防災の意味を伝え…

    都立府中西高校宿泊防災訓練で、防災講話を担当させていただきました。「防災って…

  4. 都内保育園の新人研修で災害時の課題と解決策を発見…

    都内の社会福祉法人が運営する保育園の新入職員研修を担当しました。冒頭に園…

  5. ニーズ受付とマッチングに特化した災害ボラセン運営…

    多摩市社会福祉協議会主催の「災害ボランティアセンター運営ロールプレイング」の…

  6. 中学生と住民による「避難所運営ゲーム」のまとめ

    避難所運営ゲーム-HUG-についてはこちら。都内T市の社協さんが主催する…

  7. 施設を確認しながら行う避難所運営研修事例|杉並区…

    2018年3月、各地の公民館や地区センターなどで避難所運…

  8. 都立高校で1年生対象の防災講話

    毎年恒例となっている、都立小平高校1年生を対象とした防災講話を担当しました。…

こちらの記事もいかがですか?

  1. 参加者が話し合う様子
PAGE TOP