menu

埼玉県内コミュニティスクール指定校で教員と住民の合同研修

埼玉県から「コミュニティスクール」として指定されている、本庄市内の中学校職員研修を行いました。教員だけでなく、教育委員会、PTA、自治会長さんなども参加され「学校・家庭・地域の連携よる災害に強い地域の輪」について、講義・演習を担当しました。

演習では避難所運営ゲーム(HUG)の図面を学校オリジナルのものにアレンジしていただいたものを使用しました。参加された先生からは「実際の学校の図面を使うとリアリティが違う」、「マンホールトイレなど、教員でも場所が分かっていない場合もあり、よい機会になった」とお声がけいただきました。

なお、研修の様子は平成29年8月25日(金)の埼玉新聞県西・県北版に掲載されました。紙面をご覧になりたい方はご依頼・ご相談フォームからお問い合わせください。

すべての写真-33

防災ゲームとかけて、家族に作る手料理と解く。そのココロは…

小中学校教員研修で模擬授業を通して理論と実践伝える

関連記事

  1. 災害ボランティアセンターの基礎と訓練用教材の紹介…

    ※本稿での災害ボランティアセンター及びスタッフの役割については一般的なもの…

  2. 社会福祉協議会職員を対象に災害ボランティア本部訓…

    港区社会福祉協議会主催「平成 30 年度災害ボランティア本部訓練」で講義・…

  3. 「総合的な学習の時間」単元づくりで防災教材・事例…

    千葉県八千代市内の小学校で、教育センター主催による「総合的な学習の時間」単元…

  4. 都立公園で防災イベント~親子が楽しめる時間と場所…

    都市型災害と公園都市部における地震災害で大きな課題となる「避難(所)スペ…

  5. 避難情報に”やさしい日本語̶…

    今回は「避難情報に"やさしい日本語を"」ということで、ご紹介させていただきま…

  6. 都内社会福祉協議会で災害対応初動訓練を行いました…

    西東京市社会福祉協議会正規職員の方々を対象に、災害発生当日(…

  7. 災害ボランティアセンター市民スタッフ講座で「詰将…

    東久留米市社会福祉協議会(以下「社協」)主催の第3回『災害ボランティアセンタ…

  8. 都内特別支援学校で保護者対象に減災アクション&紙…

    2017年12月18日(月)、都立鹿本学園で保護者向けの防災…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP