menu

コープ共済で職員研修、応急手当を実技指導

日本コープ共済生活協同組合連合会主催の職員研修で、心肺蘇生法及びAED操法や三角巾・搬送法など応急手当の実技指導を行いました。参加者からは「実際に体験してみると難しいと感じたが、経験したことが実際に行動するきっかけになると思う」といった感想がありました。
児童生徒から社会人の方まで、応急手当や避難生活体験など実技を含め、幅広い視点での防災教育普及啓発に取り組んでいます。講師派遣依頼だけでなく「こんなことを学びたい、体験したいけどどうしたらいいのか分からない」といったご質問やご相談も受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

学生による防災教育教材等開発プロジェクトで特別講義、アプリ体験指導も

発達障がい児者支援NPO主催の防災講演&シンポジウムに出演(2017.06.15)

関連記事

  1. 県域の自主防災アドバイザー研修会で教材体験とプロ…

    広島県消防保安課が主催する『自主防災アドバイザースキルアップ研修』で、防災教…

  2. 都立高校宿泊防災訓練で防災講話、防災の意味を伝え…

    都立府中西高校宿泊防災訓練で、防災講話を担当させていただきました。「防災って…

  3. 都内保育園の新人研修で災害時の課題と解決策を発見…

    都内の社会福祉法人が運営する保育園の新入職員研修を担当しました。冒頭に園…

  4. ニーズ受付とマッチングに特化した災害ボラセン運営…

    多摩市社会福祉協議会主催の「災害ボランティアセンター運営ロールプレイング」の…

  5. 社協と地域団体が連携・協働するための災害対応ケー…

    大規模な災害発生時には、消防・警察・行政機関などの防災関連組織だけでなく、…

  6. 都立高校で1年生対象の防災講話

    毎年恒例となっている、都立小平高校1年生を対象とした防災講話を担当しました。…

  7. 発達障害児と保護者の備えを考える 刈谷市のNPO…

    愛知県刈谷市のNPO法人「ぎふと」が主催する防災講演会とシンポジウムを担当さ…

  8. 210706スペース告知

    防災や災害支援に取り組む大学生にお話を聞きました…

    Twitterの音声チャット機能「スペース」を使って防災や災害支援に取り組…

こちらの記事もいかがですか?

  1. 参加者が話し合う様子
PAGE TOP