menu

都内大学で三角巾・傷病者管理の実技指導

跡見学園女子大学(文京区)で、三角巾を用いた応急処置と毛布を使った搬送法、傷病者管理の実技指導を行いました。受講生からは「簡単そうに見えて、実際にやってみると難しい」、「しっかり締めていくにはかなり力を入れないといけないことが分かった」、「何かあったときに声をかけられるようになると思う」といった感想がありました。

冒頭では応急手当の体験談を紹介し「バイスタンダー(傷病者や現場に居合わせた人)として、応急手当の知識や技術を持っていても、その人を助けられないかもしれません。私なんかに何ができるんだと感じるかもしれません。でも、辛い状況にある方に声をかけ、支えようとする行動は、その方自身はもちろん周囲の人を勇気づけることになります。あなたの一言が、ひとつの行動が、希望をつなぐきっかけになることは間違いありません。勇気をもって行動してください。」と行動することの大切さに触れて、実技指導を行わせていただきました。

※写真は別講座のイメージです

防災教育教材やゲーム30種類以上が集まる「防災ゲームDay」開催(2017.07.02)

都立高校宿泊防災訓練で防災講話、防災の意味を伝える

関連記事

  1. 池袋西口公園で災害ボランティアセンター開設訓練

    豊島区民社会福祉協議会(以下「社協」)による『災害ボランティアセンター運営シ…

  2. 2018年活動実績

    活動の概要2018年は、大阪府北部を震源とする地震、平成30年7月…

  3. フレッシャーズ講座(2018)で災害と他者理解を…

    2016年、2017年と引き続き、2018年6月30日と7月5日の2日間に…

  4. 中央大学で復興支援につなげる防災講座

    (この記事は2014年8月8日に作成されました) …

  5. 【教材】災害情報とコミュニケーション演習-DIC…

    2014年公開の記事を編集して再公開しました。教材セットもダウンロードでき…

  6. 都立高校で1年生対象の防災講話

    毎年恒例となっている、都立小平高校1年生を対象とした防災講話を担当しました。…

  7. 大学(事業所)は災害時にHPの更新を止めてはいけ…

    【この記事は9月5日に作成されたものです】 情報化社会におけるH…

  8. 都内社会福祉協議会で災害ボランティアセンター訓練…

    東北地方太平洋沖地震の発生から6年目となる2017年3月11日(土)、都内の…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP