menu

大阪府の支援学校で地区防災計画ワークショップに参加

内閣府(防災担当)が推進している『地区防災計画』のモデル事業として、大阪府の支援学校と周辺地域の取り組みが採択されています。同事業にアドバイザーとしてご協力させていただいている経緯から、全4回のワークショップのうち最後の1回のみ参加をさせていただきました。地域住民、学校教職員、行政担当者、地元企業、防災に関する有識者(防災士等)が一体となって地域課題についてどのように解決に取り組むのかについて話し合いました。

すべての写真-52

参加者からは「公園や学校で防災キャンプをする」、「ワンコインパーティを開く」など、様々な意見が出されていました。今後はこうした意見をどのように具体化し、地域防災課題の解決や『地区防災計画』の策定につなげていくかがポイントになります。

地震発生から72時間を生き残る!防災教育を体験しよう【ワークシート付き】

都内保育園の新人研修で災害時の課題と解決策を発見

関連記事

  1. 障害のある生徒も生き生きと積極的に取り組む防災教…

    2016年から都立盲学校で宿泊防災訓練の体験学習プログラムを担当しています。…

  2. 都立高校で防災体験学習に向けた事前学習

    2017年10月16日(月)、都立千早高等学校(豊島区)で、1年生を対象とし…

  3. 乳幼児,児童生徒,保護者と地域住民が一緒に避難生…

    稲城市立iプラザで、避難生活をテーマとしたワークショップを行いました。ワーク…

  4. コミュニティ・スクールを通じた災害に強い地域の輪…

    埼玉県立総合教育センターが例年実施している「災害に強い地域の輪づくり講座」を…

  5. 凸凹さん(発達障害児・者)の防災対策~特性を活か…

    ※2017年9月10日に本記事に関連した防災体験学習を行いました。詳しくは下…

  6. 国連防災世界会議PF紹介「子どもが主役の防災教育…

    先日の記事『第3回国連防災世界会議と防災教育の普及』で、同会議の期間中様…

  7. セーフスクール認証中学校で全校一斉の防災プログラ…

    2018年2月に安全な学校づくりに取り組んでいることを認める ISS(Int…

  8. 警視庁初の学生向け宿泊防災イベントの企画運営・指…

    2017年6月17日から18日にかけて行われた、警視庁警備部災害対策課主催『…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP