menu

地震発生から72時間を生き残る!防災教育を体験しよう【ワークシート付き】

地震防災教育実践を体験するワークショップです

実施概要

国営・都立東京臨海広域防災公園『そなエリア東京』で、防災教育体験セミナー『地震発生から72時間を生き残る!防災教育を体験しよう』を開催しました。

このセミナーは筆者が所属する一般社団法人防災教育普及協会が昨年10月に実施した『第1期防災教育指導者育成セミナー地震編』のフォローアップセミナーとして企画したものです。セミナーには、教育委員会、教員、民間企業、防災に関する有識者・研究者、社会福祉協議会職員や防災士・防災ボランティア、主婦、親子連れなど、多彩な方々が42名参加されました。

事前講義とワークシート(ダウンロード可)

冒頭に筆者より、これまで防災教育実践での”失敗事例”を取り上げながら、実践するうえで気をつけて欲しいポイントについての講義と防災ゲームを用いたアイスブレイクを行いました。

事前講義資料(スライド)

事前講義資料についてはPDFファイルをダウンロードできるほか「SlideShare」で閲覧できます。

防災教育実践体験ワークショップ(ワークシート)

IFrame参加者はチームに分かれて、そなエリア東京の施設見学や体験ツアーなどを通じて「地震発生から72時間を生き残る!」ために何が必要か体験的に学びました。後半のワークショップでは「小学校6年生を対象に防災教育を行うとしたら、何をどのように伝えるか」をテーマに話し合いました。ワークショップで使用したワークシートはWord型式でダウンロードできますので、ご自由にお使いください。

人気投票とまとめ

ワークショップで作成された防災教育アイデアに、参加者全員で投票してもらいました。一番多くの票を得たアイデアについて「”自分が何を伝えたいのかを、分かりやすく伝えられる”というのは、防災教育を実践するうえでとても大切なポイント。このアイデアが一番評価されたのは、”言葉がシンプルで分かりやすかった”からだと思います。」といったコメントをさせていただきました。その他にも、限られた時間のなかで様々なアイデアが出されていました。

参加者からは「ポイントを絞って伝えることの大切さが分かった」、「こういった基本的なことについて学べる機会や場所が少ないので、これからも定期的に開催してほしい」といったご意見が寄せられました。

そなエリア東京で防災教育体験ワークショップを実施

大阪府の支援学校で地区防災計画ワークショップに参加

関連記事

  1. 社会福祉協議会・福祉施設の防災対策と訓練プログラ…

    本記事は社会福祉協議会や福祉施設における事業継続計画(BCP)、災害対策本部…

  2. 第42回東南アジア青年の船・日中青年親善交流事業…

    事業概要2015年11月4日、東京臨海広域防災公園にて、内閣府主催…

  3. 避難情報に”やさしい日本語̶…

    今回は「避難情報に"やさしい日本語を"」ということで、ご紹介させていただきま…

  4. 防センアカデミーの様子

    小学生もいっしょに!みんなで考える要援護者支援

    2018年、2019年と横浜市民防災センター様からのご依頼で『防センアカデ…

  5. プリントだけで防災教育シリーズ『災害状況を想像す…

    いのちを守る"災害状況を想像する力"適切な災害対策・防災活動のため…

  6. 防災・復興支援に取り組む大学生と日本の防災の未来…

    2017年12月17日(日)、東京臨海広域防災公園で行われた「ワカモノ防災が…

  7. EDUPEDIAへの記事掲載報告と”…

    EDUPEDIA記事掲載の経緯について2016年5月8日に実施された熊本・…

  8. 【小中学生向け】マグニチュードと震度の防災基礎知…

    1 防災基礎知識確認テストとは 防災に関する基礎的な知…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP