menu

都内社会福祉協議会で災害対応初動訓練を行いました

 

西東京市社会福祉協議会正規職員の方々を対象に、災害発生当日(早朝4時に最大震度6強の立川断層帯を震源とする地震の発生を想定)と2日目に参集した職員が何に取り組まなければいけないのかについて、グループワークによる災害対応初動訓練を行いました。訓練の様子は同会ホームページにも掲載されています。

訓練プログラムや進行用のスライド等はブログから閲覧・ダウンロードできます。訓練で使える資料などもありますので、併せてご覧ください。より詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

2016年活動実績

災害時の食を学ぶ防災教室、幼児も参加

関連記事

  1. 池袋西口公園で災害ボランティアセンター開設訓練

    豊島区民社会福祉協議会(以下「社協」)による『災害ボランティアセンター運営シ…

  2. ブログタイトルと避難所体験

    中学1年生に「いのちの体験教室」、講義と体験を通…

    2020年11月、神奈川県内の私立中高一貫校の中等部1年生を対象に「いのち…

  3. 都内大学で三角巾・傷病者管理の実技指導

    跡見学園女子大学(文京区)で、三角巾を用いた応急処置と毛布を使った搬送法、傷…

  4. 「次世代防災会議ワークショップ」が紹介されました…

    2018年6月1日(金)、都立葛西南高校宿泊防災訓練の一環で…

  5. 埼玉県内労働組合で災害時の組織活動について講義演…

    埼玉県内の労働組合の執行委員の皆さまを対象に『激甚災害発生時の組織活動と災害…

  6. 僕が大学の災害ボランティア講義で「2分以内に班づ…

    筆者は主に首都圏内の大学で災害ボランティアの講義・演習を担当する際、冒頭に…

  7. 【資料公開】横浜市民防災センター「平成30年度防…

    横浜市民防災センター主催「平成30年度防センアカデミー」テーマD要援護者支…

  8. 小中学校教員研修で模擬授業を通して理論と実践伝え…

    8月24日に東京都東村山市で約560名、翌25日は埼玉県加須市で約70名の小…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP