menu

都内社会福祉協議会で災害対応初動訓練を行いました

 

西東京市社会福祉協議会正規職員の方々を対象に、災害発生当日(早朝4時に最大震度6強の立川断層帯を震源とする地震の発生を想定)と2日目に参集した職員が何に取り組まなければいけないのかについて、グループワークによる災害対応初動訓練を行いました。訓練の様子は同会ホームページにも掲載されています。

訓練プログラムや進行用のスライド等はブログから閲覧・ダウンロードできます。訓練で使える資料などもありますので、併せてご覧ください。より詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

2016年活動実績

災害時の食を学ぶ防災教室、幼児も参加

関連記事

  1. 都内社会福祉協議会で災害ボランティアセンター訓練…

    東北地方太平洋沖地震の発生から6年目となる2017年3月11日(土)、都内…

  2. 都立高校で防災体験学習に向けた事前学習

    2017年10月16日(月)、都立千早高等学校(豊島区)で、1年生を対象とし…

  3. 2014年活動のまとめ【計134日間/6,261…

    2014年の活動をまとめました。下記個人サイトにも掲載しています。…

  4. 激甚災害発生時の組織対応と災害情報の収集・伝達

    「激甚災害(げきじんさいがい)」とは、1962(昭和32)年に成立した 『…

  5. 学生の帰宅困難・滞留を想定した宿泊訓練を実施|東…

    東洋大学白山キャンパスで、大学生や教職員が首都直下地震により帰宅困難・滞留す…

  6. 大学と社会福祉協議会共催講座で『災害ボランティア…

    2017年12月16日(土)、熊谷市社会福祉協議会・立正大学…

  7. 都立高校宿泊防災訓練で防災講話、防災の意味を伝え…

    都立府中西高校宿泊防災訓練で、防災講話を担当させていただきました。「防災って…

  8. 2019年活動実績

    活動実績表の使い方左上欄で表示数を変更できます。No.をク…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP