menu

都内社会福祉協議会で災害対応初動訓練を行いました

 

西東京市社会福祉協議会正規職員の方々を対象に、災害発生当日(早朝4時に最大震度6強の立川断層帯を震源とする地震の発生を想定)と2日目に参集した職員が何に取り組まなければいけないのかについて、グループワークによる災害対応初動訓練を行いました。訓練の様子は同会ホームページにも掲載されています。

訓練プログラムや進行用のスライド等はブログから閲覧・ダウンロードできます。訓練で使える資料などもありますので、併せてご覧ください。より詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

2016年活動実績

災害時の食を学ぶ防災教室、幼児も参加

関連記事

  1. 都内特別支援学校で保護者対象に減災アクション&紙…

    2017年12月18日(月)、都立鹿本学園で保護者向けの防災…

  2. 2017年活動実績

    2017年活動サマリー2017年は、後半から都立高校「防災学」の授業が加わ…

  3. 乳幼児,児童生徒,保護者と地域住民が一緒に避難生…

    稲城市立iプラザで、避難生活をテーマとしたワークショップを行いました。ワーク…

  4. 災害ボランティア活動の事前説明(オリエンテーショ…

    ※記事内容の一部を、令和元年台風19号版から、2020年版に更新しました。…

  5. 学生の帰宅困難・滞留を想定した宿泊訓練を実施|東…

    東洋大学白山キャンパスで、大学生や教職員が首都直下地震により帰宅困難・滞留す…

  6. 防災・復興支援に取り組む大学生と日本の防災の未来…

    2017年12月17日(日)、東京臨海広域防災公園で行われた「ワカモノ防災が…

  7. 特別支援学校で被災後の健康維持をテーマに体験学習…

    特別支援学校や盲学校、福祉施設等で児童生徒・利用者の特性に配慮しながら行う防…

  8. コミュニティ・スクールを通じた災害に強い地域の輪…

    埼玉県立総合教育センターが例年実施している「災害に強い地域の輪づくり講座」を…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP