menu

【note】災害ボランティア活動への参加の流れをイラスト化しました

遠方や地元の災害ボランティア参加への5つのステップ


遠方の被災地や、地元が被災してしまった時の災害ボランティア活動の参加の流れついて、イラストで整理してみました。詳細についてはnoteでご覧ください。

福祉・防災部局職員を対象に防災ワークショップ、備えの具体化目指す

セミナー内容のまとめ2020年活動実績

関連記事

  1. 池袋西口公園で災害ボランティアセンター開設訓練

    豊島区民社会福祉協議会(以下「社協」)による『災害ボランティアセンター運営シ…

  2. 都内社協で災害ボラセン市民スタッフ養成講座を担当…

    東久留米市社会福祉協議会が主催する『災害ボランティアセンター市民スタッフ養成…

  3. 日常と被災現場は一般道と高速道路

    災害ボランティア活動前後の”こころの…

    ※本記事は「活動(前)後」を想定したものですが『活動するかどうか迷っている…

  4. 【終了】災害時のリーダーシップとチームビルディン…

    ※このイベントは終了しました。立教大学ボランティアセンター主催『災…

  5. 警視庁が学生向けの宿泊防災体験、都内大学での帰宅…

    警視庁が初めて実施した大学生向けの宿泊防災訓練についての直後のレポートです…

  6. 4市社協合同災害VC運営訓練を実施[新座市他]

    本日は新座市社会福祉協議会さんのご依頼で「災害ボランティアセンター運営訓…

  7. 【終了】警視庁警備部災害対策課主催「大学生向け一…

    ※令和1年12月1日に警視庁警備部災害対策課より発行された冊子『地震のとき…

  8. 都内大学で被災疑似体験ワーク、他者理解のきっかけ…

    成蹊大学が実施する本年度のフレッシャーズ講座の一コマ、ボランティア活動支援…

こちらの記事もいかがですか?

  1. ブログタイトルバック写真
PAGE TOP