menu

災害ボランティア活動への参加の流れをイラスト化しました【note】

遠方や地元の災害ボランティア参加への5つのステップ


遠方の被災地や、地元が被災してしまった時の災害ボランティア活動の参加の流れついて、イラストで整理してみました。詳細についてはnoteでご覧ください。

福祉・防災部局職員を対象に防災ワークショップ、備えの具体化目指す

セミナー内容のまとめ2020年活動実績

関連記事

  1. 都内社会福祉協議会で災害ボランティアセンター訓練…

    東北地方太平洋沖地震の発生から6年目となる2017年3月11日(土)、都内…

  2. 僕が大学の災害ボランティア講義で「2分以内に班づ…

    筆者は主に首都圏内の大学で災害ボランティアの講義・演習を担当する際、冒頭に…

  3. 4市社協合同災害VC運営訓練を実施[新座市他]

    本日は新座市社会福祉協議会さんのご依頼で「災害ボランティアセンター運営訓…

  4. 【終了】災害時のリーダーシップとチームビルディン…

    ※このイベントは終了しました。立教大学ボランティアセンター主催『災…

  5. 災害ボランティアセンター市民スタッフ養成講座でニ…

    都内の社会福祉協議会(社協)主催の『災害ボランティアセンター市民スタッフ養…

  6. 警視庁災害対策課と都内大学生向けに宿泊訓練を実施…

    2017年に引き続き、東京都江東区にある「国営・都立東京臨海…

  7. 日常と被災現場は一般道と高速道路

    災害ボランティア活動前後の”こころの…

    ※本記事は「活動(前)後」を想定したものですが『活動するかどうか迷っている…

  8. “近く”の災害ボランティ…

    先日の成蹊大学での災害ボランティア入門講座の冒頭で「あなたにとって災害ボラン…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP