menu

災害ボランティア活動への参加の流れをイラスト化しました【note】

遠方や地元の災害ボランティア参加への5つのステップ


遠方の被災地や、地元が被災してしまった時の災害ボランティア活動の参加の流れついて、イラストで整理してみました。詳細についてはnoteでご覧ください。

福祉・防災部局職員を対象に防災ワークショップ、備えの具体化目指す

セミナー内容のまとめ2020年活動実績

関連記事

  1. 大川小の悲劇の教訓と「災害時の決断力」

    様々な大学で災害救援ボランティア講座を担当しています。その中のテーマで『災…

  2. 災害ボランティアスキルアップ講座で、水害支援活動…

    都内社協(社会福祉協議会)さんからのご依頼で、水害ボランティアをテーマとした…

  3. 【終了】東京大学地震研究所で「災害救援ボランティ…

    ※このイベントは終了しました災害救援ボランティア推進委員会主催・東京…

  4. 学生による防災学習を支えるメンターの役割~法政大…

    実施の経緯とメンターとしての関わり本日は法政大学ボランティアセンター学生…

  5. 災害ボランティアで被災地へ行きたい方に、考えて欲…

       ※令和2年7月豪雨を受けて記事内容を更新しました。活動後に対…

  6. 【終了】警視庁警備部災害対策課主催「大学生向け一…

    ※令和1年12月1日に警視庁警備部災害対策課より発行された冊子『地震のとき…

  7. 【終了】首都圏第110期・立教大学第16回災害救…

    ☆募集は終了しました。立教大学ボランティアセンターで第16回目(16年目…

  8. 「災害から命を守る”決断力”と”行動力”」受講者…

    ※下記、法政大学ホームページより紹介のため転載させていただきましたボラン…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP