menu

災害ボランティア参加のステップ(遠方版/地元版)をイラスト化しました【note】

遠方や地元の災害ボランティア参加への5つのステップ


遠方の被災地や、地元が被災してしまった時の災害ボランティア参加について、イラストで整理してみました。詳細についてはnoteでご覧ください。

福祉・防災部局職員を対象に防災ワークショップ、備えの具体化目指す

関連記事

  1. 都内2大学で防災キャンプ、首都直下地震に備え学生…

    2019年11月〜12月にかけて、都内の2つの大学で宿泊を伴う「防災キャン…

  2. アメブロから引っ越します

    アメブロから引っ越します。さまざまなサービスや読者登録など、いろいろあって…

  3. 災害救援ボランティア講座の10年と大学への普及

    【サマリー】筆者が東京地区(大学)での災害救援ボランティア講座(主…

  4. 保護中: 【要パスワード】大学における災害救援ボ…

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワー…

  5. 【終了】東京大学地震研究所で「災害救援ボランティ…

    ※このイベントは終了しました災害救援ボランティア推進委員会主催・東京…

  6. 【ご案内】EDUPEDIA関係で訪問された方へ

    この度はブログ「情熱と不屈の精神VER.2.0」をご訪問いただき、ありがと…

  7. 学生による防災学習を支えるメンターの役割~法政大…

    実施の経緯とメンターとしての関わり本日は法政大学ボランティアセンター学生…

  8. 都内社協で災害ボラセン市民スタッフ養成講座を担当…

    東久留米市社会福祉協議会が主催する『災害ボランティアセンター市民スタッフ養成…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP