menu

T市災害ボランティアセンター運営スタッフ講習

先日、都内T市で「災害ボランティアセンター」の運営スタッフ講習をお手伝いしました。
災害ボランティアセンターとは、一般的に地域の社会福祉協議会(以下「社協」)等が開設する災害ボランティア活動の拠点となる場所です。いろいろな名前で呼ばれることもありますが、基本的な概念や役割については下記もご覧ください。

[slideshare id=40258304&doc=vcrpg-141014111353-conversion-gate02]

 

20141014-082552-7
(写真:T市社協さんの周辺防災マップが掲示されていました)

 

今回教材・プログラムで使用したのは、これまでにも様々な社協さんで実施してきた「災害ボランティアセンター運営ロールプレイング」です。下記から教材をダウンロードできます。興味のある方はダウンロードしてご覧ください。

 

http://bousaigai.sdbx.jp/bosaikyouzai/
タイトル 03_【教材】災害C運営ロールプレイングVer3.zip
その他の教材もこちらで紹介しています。

 

災害ボランティアセンターの運営を担う職員の方々に、災害ボランティアコーディネーションや被災者・ボランティアの受付作業などを実際に行いながら、様式やマニュアルの必要性・重要性を理解してもらうことを目的に実施しています。

 

できれば災害ボランティアセンターの運営方法や各種様式は全国で統一されると広域支援も円滑になるのでしょうが、なかなかそう簡単にはいかないようです。

 

2、3時間ではバタバタしながら終わってしまう程度かもしれませんが、まずは状況を具体的にイメージしていただき、自分の役割や各種様式の意味を体験的に理解してもらうことが大事だと考えています。

 

教材は記名はしていますが基本的に使用フリーですし、一部はWordで編集もできるようにしています。そのまま使っても、各地の状況に合わせていただいても構いません。ご活用いただければ幸いです。

避難所の”運営”と”生活”ルール

大学(事業所)は災害時にHPの更新を止めてはいけない

関連記事

  1. 気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨 そ…

    外国人や留学生も安全に避難できるように気象庁では、適切な防災気象情…

  2. “気象”テーマの防災教育…

    2017年10月13日(金)、所属団体の一般社団法人防災教育普及協会 が防…

  3. 防災教育教材やゲーム30種類以上が集まる「防災ゲ…

    2017年7月2日(日)、東京臨海広域防災公園で『防災ゲームDay2017i…

  4. 震災支援チャリティイベントで親子向け防災ワークシ…

    2016年5月7日、8日、お台場で熊本・大分地震チャリティイベントが開催さ…

  5. 【教材】傾聴・他者理解を学ぶ災害支援講座|上智大…

    上智大学(四ツ谷)ボランティアビューロー主催の講座「災害と他者理解」を担当…

  6. 【教材あり】高校で全校生徒を対象に避難誘導をテー…

    過日、埼玉県内の高校で全校生徒約600名を対象に「避難誘導」をテーマと…

  7. 【終了】地震発生後72時間を生き残る!防災教育を…

    ※このイベントは終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。報告記…

  8. 新潟県『防災教育コーディネーター養成塾(H29年…

    新潟県での養成塾と、東京でのアレンジ版2017年2月12日(日)、26日…

こちらの記事もいかがですか?

  1. 日常と被災現場は一般道と高速道路
PAGE TOP