menu

成蹊大学で「災害ボランティア入門講座」行います【1/20(火),18:20-】

成蹊大学ボランティア支援センター主催 災害ボランティア入門講座

『阪神・淡路大震災から20年 東日本大震災から4年
 変わる災害ボランティアとこれからの備え』

日程:2015年1月20日(火) 18:20~20:00

場所:成蹊大学6号館301教室(大学アクセスマップ)
参加費:無料

阪神・淡路大震災以降、小中学生の頃からいろいろなボランティア活動に参加して、感じたことは「無用の用」という言葉です。ボランティア元年と言われた1995年から、ナホトカ号の重油流出事故、各地で起きた風水害、新潟県中越大震災、そして2011年の東日本大震災まで、災害ボランティアにとって重要なイベントを振り返りながら、その変遷とこれからについてお伝えします。

災害ボランティアを、防災活動を「職業」とするからこそ見えてくる、あまり知られることのない裏側の動きや、今後の動向を、体験談も交えてお話したいと思いますので、興味のある方はお声がけください!

20150107-210441-1

早稲田大学教師教育研究所「第3回教師教育研究フォーラム(1/17)」告知

【2/8(日)13:00-】EDUPEDIAと考える「これからの防災教育」

関連記事

  1. 社会福祉協議会職員を対象に災害ボランティア本部訓…

    港区社会福祉協議会主催「平成 30 年度災害ボランティア本部訓練」で講義・…

  2. 市民スタッフが災害ボランティアセンター運営訓練、…

    概要  東久留米市社会福祉協議会(以下「社協」)主催「…

  3. 僕が大学の災害ボランティア講義で「2分以内に班づ…

    筆者は主に首都圏内の大学で災害ボランティアの講義・演習を担当する際、冒頭に…

  4. 災害ボランティアセンター市民スタッフ講座で「詰将…

    東久留米市社会福祉協議会(以下「社協」)主催の第3回『災害ボランティアセンタ…

  5. 210706スペース告知

    防災や災害支援に取り組む大学生にお話を聞きました…

    Twitterの音声チャット機能「スペース」を使って防災や災害支援に取り組…

  6. 【教材】災害情報とコミュニケーション演習-DIC…

    2014年公開の記事を編集して再公開しました。教材セットもダウンロードでき…

  7. 警視庁災害対策課と都内大学生向けに宿泊訓練を実施…

    2017年に引き続き、東京都江東区にある「国営・都立東京臨海…

  8. 【教材】傾聴・他者理解を学ぶ災害支援講座|上智大…

    上智大学(四ツ谷)ボランティアビューロー主催の講座「災害と他者理解」を担当…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP