menu

【資料公開】防災教育・学習プログラム開発手法の基礎知識

防災教育コーディネーターとプログラム開発の基礎

防災教育コーディネーター養成塾にて

本講義で使用する資料は、2017年2月26日(日)午前、中越防災安全推進機構(https://www.cosss.jp/)が主催する『防災教育コーディネーター養成塾』第2回で使用したスライドや講義録についてご紹介します。なお、養成塾の概要については、下記の別記事をご覧ください。

また、当日のようすは「ふるさと新潟防災教育公式サイト-防災教育スイッチ-」(http://furusato-bousai.net/?p=1998)にて紹介されていますので、併せてご覧いただければ幸いです。同サイトには防災教育に関する様々な情報が掲載されていますので、本記事をご覧になっていただいている方には、参考になるかと思います。

講義・演習の内容

講義では『防災教育プログラム開発の基礎知識』をテーマとして、具体的な教材やプログラム開発上の注意点や、防災教育コーディネーターとしての心構えなどについて紹介しました。

午後からは中越防災安全推進機構スタッフの方による学習プログラムづくりのワークショップが行われました。筆者もワークショップに参加し「小学校6年生を対象とした防災学習プログラムづくり」に挑戦しました。ワークショップで想定されている小学校の先生・管理職からいろいろな要望がありましたので、先生や管理職、生徒の今後の学びなども意識しながら、プログラム開発の過程・成果物を実際に皆さんと作業し発表させていただきました。

講義スライド及び講義録追補版の公開

講義スライド及び講義録追補版、防災学習プログラムづくりのメモ・提案書(本記事のアイキャッチ画像)、発表資料はSlideShareで閲覧・ダウンロードすることができます。なお、Slide Shareで閲覧、ダウンロードができない方は下記のURLから直接、PDFをダウンロードしていただくことができます。

『防災学習プログラムづくりの基礎』講義録追補版|PDF
『防災学習プログラムづくりの基礎』講義スライド|PDF

すべての写真-25
(神経衰弱をイメージした教材によるアイスブレイク)

170226_中越防災教育コーディネーター養成塾
(防災学習プログラムづくりのワークショップ)

Slide Shareでの閲覧

防災教育コーディネーター養成塾第2回(2017.02.26)講義スライド

※午後のワークショップ資料は、講義まとめスライドの後にあります。

 

防災教育コーディネーター養成塾第2回(2017.02.26)講義録追補版

自由利用マークについて

講演録追補版は「自由利用マーク(文化庁)」を貼付しています。(http://www.bunka.go.jp/jiyuriyo/pamphlet.html)、学校教育等で非営利目的に使用される場合に限り、変更・改変・切除などの加工や再配布も認めています。学校・地域での防災教育実践の参考になれば幸いです。

【終了】地震発生後72時間を生き残る!防災教育を体験しよう

公民館で避難所運営のいろはを学ぶ講座

関連記事

  1. 障害のある生徒も生き生きと積極的に取り組む防災教…

    2016年から都立盲学校で宿泊防災訓練の体験学習プログラムを担当しています。…

  2. 気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨、そ…

    気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨、その時どうする?」は、気象庁…

  3. グループワークのようす

    T市災害ボランティアセンター運営スタッフ講習

    先日、都内T市で「災害ボランティアセンター」の運営スタッフ講習をお手伝い…

  4. 防災・復興支援に取り組む大学生と日本の防災の未来…

    2017年12月17日(日)、東京臨海広域防災公園で行われた「ワカモノ防災が…

  5. K市中学校保健委員会「災害時の保健衛生」でトイレ…

    1 概要 本日はK市中学校の保健委員会で防災講話・演習…

  6. 震災支援チャリティイベントで親子向け防災ワークシ…

    2016年5月7日、8日、お台場で熊本・大分地震チャリティイベントが開催さ…

  7. 乳幼児,児童生徒,保護者と地域住民が一緒に避難生…

    稲城市立iプラザで、避難生活をテーマとしたワークショップを行いました。ワーク…

  8. 【終了】地震発生後72時間を生き残る!防災教育を…

    ※このイベントは終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。報告記…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP