menu

気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨 その時どうする?」 が英語に対応

外国人や留学生も安全に避難できるように

気象庁では、適切な防災気象情報の入手とその情報を活用した安全行動を、事前にシミュレートする能動的な学習方法として気象庁ワークショップ『経験したことのない大雨 その時どうする?』を作成・公開しています。主な対象は小学校高学年から一般の方です。

教材・運営マニュアル・資料などは、気象庁ホームページからダウンロードして無料で使用することができます。

2017年3月29日、同教材が更新されました。平成27年度に気象庁が英語によるワークショップを実施したことがきっかけとなって、日本語でコミュニケーションをとることが難しい外国人(留学生を含む)の方々を対象とした「英語版」の資料が追加作成されました。

気象庁情報利用推進課は「在日外国人(留学生含む)の方々を対象とし、バイリンガル(日本人または日本語が読める外国人を介しての実施を想定しているが、中学校・高校の英語の授業や大学の留学生交流センター等で活用して欲しい」としています。

教材・マニュアル、資料等ダウンロード

気象庁ワークショップに関する教材・マニュアル、資料等のダウンロードは以下のURL(気象庁ホームページ)から行うことができます。

● 気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨 その時どうする?」|気象庁

なお、学校の授業等45分程度で同ワークショップを実施する際の流れを別記事で書いていますので、併せてご覧いただければ幸いです。

教材の使用、実施サポートについて

気象庁ワークショップを用いた授業・研修会についての講師派遣、教職員やボランティアを対象とした使用方法についての研修、実施のサポートを行っています。「実際にやってみたいけど、どうやって進めたらいいか、どんなことに気をつけたらいいか知りたい」、「まずは一度体験してみたい」といった方はお気軽にご相談ください。最寄りの管区気象台でもご対応いただけます(詳しくは最寄りの管区気象台までお問い合わせください)。

s_IMGP5885
(防災ゲームDay2016で行った気象庁ワークショップのワークシート例)

プリントだけで防災教育シリーズ『防災用語をカードで楽しく覚えよう!』

自由に使える防災教育指導案集を公開中|note

関連記事

  1. 中学生と住民による「避難所運営ゲーム」のまとめ

    避難所運営ゲーム-HUG-についてはこちら。都内T市の社協さんが主催する…

  2. 新潟県『防災教育コーディネーター養成塾(H29年…

    新潟県での養成塾と、東京でのアレンジ版2017年2月12日(日)、26日…

  3. プリントだけで防災教育シリーズ『災害状況を想像す…

    いのちを守る"災害状況を想像する力"適切な災害対策・防災活動のため…

  4. 特別支援学校で体験型防災教育、被災後の「食・トイ…

    被災後の生活を考え「健康維持」の大切さを伝える都内の特別支援学校で『災害…

  5. プリントだけで防災教育シリーズ『災害時のコミュニ…

    この教材は 内閣府(防災担当)ホームページでも紹介されている災害対応カード…

  6. 【2/8(日)13:00-】EDUPEDIAと考…

    先生のための教育事典「EDUPEDIA」さんとのコラボレーションによる…

  7. プリントだけで防災教育シリーズ『うさぎ一家の防災…

    はじめに『うさぎ一家のぼうさいグッズえらび』は家庭で備える防災グッ…

  8. 防災教育はもっとラフに議論されてもいい

    阪神・淡路大震災から20年目となる昨日は、早稲田大学国際会議場にて教師教…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP