menu

特別支援学校で福祉避難所対応を想定した講義演習|日野市

 

2017年12月26日(火)、都立七生特別支援学校(日野市)で『福祉避難所運営の課題と対策』をテーマに講義と演習を行いました。

講義では東日本大震災や熊本地震での事例、基本的な防災対策と、初動対応の流れについて紹介しました。演習では実際の学校図面を用いて、施設利用ルールや24時間以内の初動対応事項について各班で検討した後、避難者が集まってくるという想定でシミュレーションを行いました。

image

image

まとめでは講師から「特別支援学校の先生方は、日常的な経験から災害時の様々な問題にも対処できますが、対処できることが負担の集中にもつながります。地域や保護者、支援団体と連携し、負担を抑えられる仕組みや備えが必要です。」と伝え、管理職の先生からは「先生方のポテンシャルの高さを感じた。心強いが、先生方が倒れないようにしていくのが私たちの務めです。」とコメントがありました。

参加者からは「切迫感を持って、具体的に考えることができた」、「この先生がこんな意見を言うのか!という新しい発見があった」といったコメントがありました。

防災・復興支援に取り組む大学生と日本の防災の未来を考える|江東区

災害支援・防災教育を仕事にする~ワカモノ防災がっこう2017講義より~

関連記事

  1. 【終了】地震発生後72時間を生き残る!防災教育を…

    ※このイベントは終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。報告記…

  2. 【教材】傾聴・他者理解を学ぶ災害支援講座|上智大…

    上智大学(四ツ谷)ボランティアビューロー主催の講座「災害と他者理解」を担当…

  3. PTA等役員研修で助け合う防災教育をテーマに講演…

    入間地区PTA連絡協議会、ふじみ野市PTA連合会が主催する役員研修会を担当さ…

  4. EDUPEDIAへの記事掲載報告と”…

    EDUPEDIA記事掲載の経緯について2016年5月8日に実施された熊本・…

  5. 都内大学で被災疑似体験ワーク、他者理解のきっかけ…

    成蹊大学が実施するフレッシャーズ講座の一コマ、ボランティア活動支援センターの…

  6. プリントだけで防災教育シリーズ『次世代防災会議ワ…

    2018年3月11日付けで掲載いただいた読売新聞記事「次…

  7. 中学校で先生による「災害想像力を高める」ワークシ…

    本日は都内の中学校にお伺いして 「災害時、中学生にでき…

  8. 都内大学で三角巾・傷病者管理の実技指導

    跡見学園女子大学(文京区)で、三角巾を用いた応急処置と毛布を使った搬送法、傷…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP