menu

子どもや保護者が無料で楽しめる防災ゲーム「森の消防隊」ご紹介

保育園児~小学校低学年児童でも楽しめます

防災ゲームイベント等で出展していただくなどお世話になっている「防災ゲーム工房」さんから、未就学児でも楽しめる防災ゲームの情報をいただきました。実際に小学生と保育園児の子どもたちと一緒にチャレンジしてみましたので、ご紹介します。

防災ゲーム「森の消防隊」

「森の消防隊」は、無料でダウンロードできる用紙をカッターやハサミで切り取り、のりやテープで貼り付けるだけで楽しめる手軽なすごろく型のゲームです。用紙のダウンロードや詳しい進め方は、下記のリンクからご確認ください。

○ 森の消防隊|防災ゲーム工房

「森の消防隊」の舞台は、タイトル通り森の中です。用紙の左下に「消防隊スタート」というマスがありますので、ここがプレイヤー(消防隊)となる「くま」の置き場となります。用紙の右上には「炎スタート」というマスがあり、ここが「炎」の置き場となります。

用紙の中央くらいには「うさぎさんの家」があります。もし「炎」の駒が、うさぎさんの家まで来てしまったら、プレイヤーは負けとなります。

森の中には「消火器置き場」と「バケツ置き場・泉」があります。「消火器置き場」には消火器が置いてあり、持っていくことで炎を押し返す(2マス後退させる)ことができます。

「バケツ」を使うことでも炎を押し返す(1マス後退させる)ことができます。消火器は1度しか使えませんが、バケツは泉の水を汲むことで何度も使うことができます。

プレイヤーは、サイコロを降って「くま」や「炎」を動かしていき、炎を「消火成功」のマスまで押し返す(後退させる)ことができたプレイヤーが勝ちです。

ゲームの準備

ゲームの準備は簡単です。用紙をダウンロードして切り取るだけです。いくつかの部品は非常に細かいので、お子さんだけでは危ない場合があります。必要に応じて保護者の方が手伝ってあげてください。

筆者は「サイコロ」をうまくつくることができなかったので、代わりにスマホでサイコロができるサイト(下記)を利用しました。

https://jp.piliapp.com/random/dice/

ダウンロードできる用紙のサイコロには「炎の目」があり、この目が出たら炎が進むのですが、筆者はサイコロサイトで「6」が出たら炎が進む、というルールを作って行いました。

森の消防隊(防災ゲーム工房)

ゲームの実施と所要時間(小学生・園児の例)

まず最初は保育園児の次男と2人で挑戦してみました。ルールを説明しながら進めましたが、園児でも一度の説明で十分に理解できました。次男は消火器をとって進み、筆者はバケツで進みました。

結果は次男が消火器で消火成功!(所要時間は約7分ほど)

もう一回やりたい!ということで再挑戦することに。

2回目は小学生の長男が参加し、長男と次男の2名がプレイヤー、筆者がサポートについて行いました。ある程度進んだら、小学生の長男はすぐにルールを理解して子ども二人だけで進められていました。

次男は消火器、長男がバケツで進み、今度は次男がバケツで消火成功しました(所要時間は約10分ほど)。

ゲームの感想

5歳でも十分に理解できる内容で、楽しめました。

火の進み具合はサイコロなので、完全に確率次第ですが、2回実施した限りは非常にバランスが良かったです(バケツの消火隊が到着して2~3マスを行き来しつつ、遅れてきた消火器orバケツの消火隊が到着すると、2人で一気に押し返せる感じ)。

小学校中学年以上であれば、勝ち負けを競う形でも楽しいでしょうし、自然とプレイヤー同士の協力プレーになりますので、勝ち負けがあってもケンカになるようなこともなく、楽しめます。

乳幼児~低学年児童と保護者の皆さんに楽しんでいただけるゲームです。絵柄もかわいいので、ぜひ小さなお子さんと一緒に、ご自宅などで挑戦してみてください。

セミナー内容のまとめ大学生・教職員向けオンラインミーティング(セミナー)「防災・災害ボランティアってなんだろう?2020夏版」を開催

関連記事

  1. “気象”テーマの防災教育…

    2017年10月13日(金)、所属団体の一般社団法人防災教育普及協会 が防…

  2. 地域における防災教育の実践~2016年更新版~

    ※本記事は2015-06-05に公開し、2016-10-22に更新されまし…

  3. 中学校が家庭・地域教育活性化会議と共催で防災講演…

    2017年9月23日(土)、大和市立鶴間中学校で土曜授業参観と、防災講演会が…

  4. いろんな防災ゲームで防災をもっと身近に【防災がっ…

      2018年12月23日(日)、東京臨海広域防災公園で、NPO法…

  5. 学生による防災教育教材等開発プロジェクトで特別講…

    女子美術大学「プロジェクト&コラボレーション演習(※学生自身が防災…

  6. 中学校で災害食とトイレの体験学習、被災「それから…

    災害は「その時」、被災は「それから」という防災教育の視点…

  7. 在宅避難・車中泊の知恵袋~おうちでサバイバル7つ…

    ※令和元年台風19号の接近に伴い記事内容を更新しました。まずは地震…

  8. 総合文化施設で中学生と地域住民が一体となって防災…

    那須塩原ハロープラザ主催「防災フェスタ」で、隣接する中学校と地域住民の方が…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP