menu

災害につよい地域の輪づくり~学校・家庭・地域の繋がりをつくる~

本日は埼玉県総合教育センター主催「災害につよい地域の輪づくり講座」で「学校・家庭・地域の繋がりをつくる〜命を守る学校防災〜」をテーマにお話をさせていただきました。

 

「繋がり」というのは便利な言葉で、連携とかネットワークとか、平時の備えとか、いろんなものが繋がりという一言でまとめられます。ただ、その本質は「目には見えない、だからこそ大切」という点にあります。そして、繋がりは一人では作れません。ひとりでは、誰とも手を繋ぐことはできないのです。誰かが隣にいてくれるから、はじめて手を差し出すか、差し出された手を握るかすることにより、手を繋ぐことができます。

地域・学校・家庭の繋がりも同じことが言えます。本当に手を繋ぎたいのであれば、自分から手を差し出すこと、差し出された手を握ることが必要になります。それは勇気のいることかもしれませんし、日々忙しい学校の先生方にとっては、負担が大きくなることも否定できません。

それでも、災害に強い・負けない地域になるために、お互いに助け合うために、子どもたちの命を災害から守るために、何が必要なのかをご紹介させていただきました。

 

防災における学校と地域の関係をお互いに理解する

15012301

 

一言で「防災」といっても、学校と地域では出発点や考え方が異なります。

まず、学校における防災は文部科学省や教育委員会等が示す「学校安全」の考え方が基本になります。つまり、学校である以上は自然災害だけでなく幅広く学校、児童生徒、そして教員の安全を守るための対策が求められるということです。自然災害対策はこの一環として取り組まれるものです。具体的には【防災管理】と【防災教育】が挙げられます(詳しくはこちらの記事『学校における防災管理と防災教育』をご覧ください)。

学校外の関係者、地域住民の方が学校へアプローチする時はまずこのことを理解しておかなければなりません。「学校は地域の防災拠点だ!地域防災に貢献するために何かすべきだ」というのは間違ってはいませんし、理屈としても正しいことです。ただ、あくまで「学校は学校」です。まず学校としてやらなければならないことがたくさんありますので、先生方や管理職の方が地域連携にあまり積極的でなくても、声高に批判したり、強引なアプローチで子どもをイベントに引っ張ったりといったことは避けてください。

 

次に、地域は都道府県防災計画や市区町村地域防災計画に基づいて様々な防災対策が講じられます。防災訓練や自主防災活動も、原則としてこれらの計画に基づいて行われます。避難所対策などで学校の連携についても触れられていますがこれはあくまで「市区町村から見た災害時における学校」の考え方です。もっと言えば「市区町村、地域住民は災害時に学校をどう利用するか」ということです。当たり前といえば当たり前ですが、基本的に地域防災計画等の中で各学校の防災対策にまで言及することはありません。それは「安全計画に基づき各学校が取り組むこと」だからです。

 

学校関係者の方、教職員や管理職の方が地域にアプローチをする時は、この点に注意する必要があります。学校の防災力を高めるために地域の方の協力を得ることは重要ですが、そのためにはまず第一に「学校は地域(市区町村)からどんなことを期待されているか」ということを把握し、そのうえで「どこまでのことを学校でやるべきで、どの点は地域住民に任せる(協力してもらう)べきか」という線引きを意識することが重要です。

 

双方の防災に対する基本的な認識をきちんと整理したうえで「災害からひとりひとりの命を守る」という目的を達成するための目標設定、手段が必要になってきます。

 

「防災教育」はいのちをまもる「手段」のひとつ

15012302

 

2011年以降、何でもかんでも防災教育というと言い過ぎですが、ともすれば「防災教育をすれば子どもたちの命を守れる=何でもいいから防災教育をやればいい」という雰囲気を感じることがあります。「防災教育で命を守る」というのは間違ってはいませんが正しいとも言えない、といのが個人的な意見です。

あくまで防災教育は「手段のひとつ」であって、それそものを目的や目標にすべきではありません。

防災の目的は「いのち(生活、人生=LIFE)を守る」という一点に集約されます。それを達成するための目標として例えば地域の繋がりをつくる、学校の防災力を高めるといった複数の方向性、アプローチが考えられます。そして、それぞれの目標を達成していくための具体的な手段が防災教育や防災管理、防災訓練であるべきです。

 

目的が同じなら「助け合う」ことができる

15012303

 

地域と学校では防災の考え方は異なります。手段や目標もそれぞれ異なるかもしれません。ですが、目的はどちらも同じはずです。手段や目標の違いでお互いの関係を疎遠にしてしまう必要はありません。本当に達成しなければならない、災害からひとりひとりのいのち=LIFEを守る、という目的のために、お互いを理解し助け合っていくことが求められています。

 

【資料提供について】講習で使用したスライドは、被災地の写真や公開に適さない内容が含まれるためインターネット上には公開しておりませんが、全てPDFデータ等無償で提供しています(不特定多数への二次配布等はご遠慮いただいておりますが、必要に応じてご相談ください)。

“近く”の災害ボランティア、”遠く”の災害ボランティア

4市社協合同災害VC運営訓練を実施[新座市他]

関連記事

  1. 「気象」をテーマとした防災教育指導者育成研修会で…

    一般社団法人防災教育普及協会が主催する『第2期防災教育指導者育成セミナー』で…

  2. K市中学校保健委員会「災害時の保健衛生」でトイレ…

    1 概要 本日はK市中学校の保健委員会で防災講話・演習…

  3. 白鴎大学UN-UNI講演会と「防災に取り組む学生…

    1 学生からの依頼を受けて・・・ 白鴎大学のボランティ…

  4. 国連防災世界会議PF紹介「子どもが主役の防災教育…

    先日の記事『第3回国連防災世界会議と防災教育の普及』で、同会議の期間中様…

  5. 杉並区主催「障害と防災」に出演します(2016-…

    昨年度に引き続き、杉並区が主催し東京女子大学が後援する『発達障害児地域支援講…

  6. 【締切】養護教諭の皆さまを対象とした災害対応・防…

    締切と御礼、結果について本アンケート調査は2016年7月25日に締め切り…

  7. 震災支援チャリティイベントで親子向け防災ワークシ…

    2016年5月7日、8日、お台場で熊本・大分地震チャリティイベントが開催さ…

  8. 都立高校で1年生対象の防災講話

    毎年恒例となっている、都立小平高校1年生を対象とした防災講話を担当しました。…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP