menu

【イベント】防災がっこう2019~風水害等から命を守る行動と備え~@そなエリア東京(12/22日)

風水害対策をアウトドア・学校教育・防災ゲームの各視点から学べます!


NPO法人コドモ・ワカモノ・まちing主催のイベントが2019年12月22日(日)、東京臨海広域防災公園そなエリア東京で開催されます。筆者も登壇させていただきますので、ご都合の良い方はぜひご参加ください。

詳しくはチラシ、及び主催団体ホームページからの引用をご覧ください。

防災がっこう2019

   

毎年やってくる台風や豪雨、そして大地震・・・ 2019年も各地で風水害による大きな被害がありました。 あなたは、災害大国ニッポンで、自分と大切な人の命を守れますか?知っているから、やっている防災へ!命を守る行動と備えを学びましょう!

日時:12月22日 (日) 10:30~16:45

場所:東京臨海広域防災公園 防災体験施設「そなエリア東京」 2階
   (江東区有明3-8-35)

内容(予定):
第1部(10:45~) 講師:あんどう りす氏 (アウトドア防災ガイド)
『自然を愛して身を守る!アウトドアの知恵と工夫は風水害対策の基本』

第2部(13:20~) 講師:齋藤 朝子氏
       (特別支援学校教師・福祉防災コミュニティ協会認定コーチ)
『学校における風水害等での身を守る行動の学習とは?』

第3部(15:00~) 講師:宮崎 賢哉氏
 (災害救援ボランティア推進委員会主任・防災教育普及協会教育事業部長)
『明日から使える!防災ゲームで学ぶ風水害と避難行動』

※その他、かーびー(コドモ・ワカモノまちing代表)による防災あそびや行事防災の紹介、団体PRタイムも予定

先着 50名
参加費 無料

【主催】NPO法人コドモ・ワカモノまちing
【共催】東京臨海広域防災公園管理センター
【協力】災害救援ボランティア推進委員会、防災教育普及協会
【助成】積水ハウスマッチングプログラム

☆そなエリア東京とは…体験と学習を通じて、防災への備えにつなげる防災体験学習施設です。地震発生後72時間の生存力をつける体験学習ツアーや各種防災ゲーム体験などができます。 そなエリア東京についての詳細はこちら

http://www.k-w-m.jp/7083

日常と被災現場は一般道と高速道路災害ボランティア活動前後の”こころのセルフケア”ポイント

都内2大学で防災キャンプ、首都直下地震に備え学生チームと教職員が連携

関連記事

  1. 特別支援学校で福祉避難所対応を想定した講義演習|…

    2017年12月26日(火)、都立七生特別支援学校(日野市)…

  2. 日本の防災教育支援事例をトルコへ発信!~教員のモ…

    2019年9月2日から14日にかけて国内各地を巡る形で実施された『JICA…

  3. 気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨、そ…

    気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨、その時どうする?」は、気象庁…

  4. 災害時の食を学ぶ防災教室、幼児も参加

    母校の立正大学で『災害時の食とトイレ』をテーマとした防災教室を担当しました。…

  5. 【教材あり】高校で全校生徒を対象に避難誘導をテー…

    過日、埼玉県内の高校で全校生徒約600名を対象に「避難誘導」をテーマと…

  6. 社会教育セミナーで避難所運営をテーマに図上演習|…

    2017年11月17日(水)、群馬県生涯学習センターが主催する「平成29年度…

  7. 特別支援学校で被災後の健康維持をテーマに体験学習…

    特別支援学校や盲学校、福祉施設等で児童生徒・利用者の特性に配慮しながら行う防…

  8. 地震発生から72時間を生き残る!防災教育を体験し…

    実施概要国営・都立東京臨海広域防災公園『そなエリア東京』で、防災教…

こちらの記事もいかがですか?

PAGE TOP